にゃんともわんだふる

多頭飼育放棄が増えてる・・・最後まで責任持とうよ

転載記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【拡散お願いします】
又、殺処分をしなければならなくなる危機が起きてしまいました。
猫達は1月末にはここには居られなくなります。
イメージ

イメージ

日時:1月28日(日)10時〜14時
場所:鎌倉市役所第三分庁舎講堂 ((鎌倉市御成町 18−10)

緊急事態という事で、昨日神奈川県庁でも記者発表をして下さいました。

それを受け、毎日新聞、神奈川新聞でも今朝告知の掲載がありました。
イメージ

イメージ
神奈川新聞⇒http://www.kanaloco.jp/sp/article/306673
神奈川新聞さんのネットの方の記事をご覧下さった方へ!
掲載写真は、これは今回の現場とは違う写真を掲載されています。
こういうのがマスコミさん辞めて欲しいのですよ!本当に迷惑。
この記事を見た方は、今回の譲渡会の子達はここから来た子だと思われてしまいます。
2014年鎌倉市なんて、小さく書いてある事でここに書いてありますという言い訳をするのでしょうが
明らかに誤解しますよね。
ここに掲載されている写真については、全く別の現場の写真が掲載されています!
手抜き記事でごまかすのが神奈川新聞さんと思われてしまいますよ。
当日誤解をした方が、来場される可能性が出てきましたからこの説明もしなければなりません。
神奈川新聞さんどう責任を取って下さるのでしょうか?
この記事を書いた記者さんには、是非会場に来て頂きたいと思います。

毎日新聞さんの記事をご覧頂くと、詳細が記載しておりますが、飼い主さんが死亡をし26匹の猫が残されました。
こういう現場というのは、毎回人の色々な複雑事情が絡んでおり、毎回同じ対応とはいかないのが難しい所ですが、そうはいっても猫は生きていますし、毎日世話をしてやらなければ、餓死します。

とにかくなんとかしなければならないのです。
県庁さんのプレスリリースでは、わかりずらいと思いますが、法律的な問題で所有権の移動ができない事を考慮し、一時預かり先という表現しかできなかったのですが実際は飼い主さんになって頂きます。
今は一時預かりという言い方でお願いをしますが財産の整理が終了した時点で、飼い主となります。

既に一時預かりという表現で誤解を生み、批判をしている方が出てきているようですが、
やめてください。邪魔しないでください。評論家はいりません。
猫達の家を見つける事に皆が必死に今も譲渡会開催に向け動いているのです。

財産の整理については、鎌倉市役所で最短で処理できるように最善を尽くすという事でお約束を頂いております。

異例の譲渡会と表現されていますが理由はそういう所からと、所有権の問題でボランティアも勝手に触れないという、大変複雑な事情が絡んでいますが。
ご心配なく、譲渡会開催となるまでに、皆で知恵をしぼりその辺りについても整理が済んでおりますので。
新しく飼い主さんになって頂く方には、その辺の心配はなく、普通の飼い主探しと同じですので。
是非助けて下さい。お願いします。

12月に相談があり、猫達の状態を確認しようと、たんぽぽの里の石丸さんと現場へ行きました。
今回の現場は、善意でお世話をして下さる方がいましたので、猫達は命を繋いでいました。

イメージ

イメージ

イメージ イメージ

イメージ
猫達は完全室内飼育、猫達のお部屋で暮らしていました。

石丸さんは既にシェルターで200匹の猫を現在保護していて、これ以上保護はできない。
現在進行形で、3か所の猫の多頭飼育放棄案件を抱えていて、40匹の猫が近いうちに保護センターへ入ります。
この鎌倉の子を含めて60匹になるという事です。

もちろんアニプロでも猫は20匹以上を抱えています。HPに掲載しております。
アニプロの猫達は預かりボランティアさんの所で暮らしています。

保護センターは、現在50匹位の猫が収容されています。
最終的には、60匹の猫がセンターへ収容となります。
100匹超える事になります。お世話の人は2名。
手薄になり、猫の管理はかなり厳しいものになり、体調を崩す猫も出てきます。
特別な治療は現在センターではできません。
センターで衰弱死する可能性も見えますし。
そもそも殺処分はしない訳ではありません。必要があれば殺処分をしますので、
又、殺処分をしなければならなくなるかもしれない危機なのです。
皆さんの助けがいるのです。

そんな事で、走り回っている中で
1月19日 神奈川県動物保護センターでボランティア調整会議がありました。
これは年一回の定例の会議で、登録ボランティアさんと職員さんの会議です。
そこで、たんぽぽの里石丸さんが、今回の鎌倉の猫の件を登録ボランティアさん達へお知らせをし、
助けて下さいとお願いをしました。
イメージ
後日、職員さんにどなたからかお声かけがあったかと伺った所ありません。との回答でした。
それは仕方がない事で、どこのボランティアさん達もそれぞれで必死に活動されているから
大変なのは皆さん同じですからね。

それでも諦める訳にはいかない。
色々な方に、緊急の現場があるとご相談とご説明させをさせて頂きに走り回っておりました。
イメージ そして、鎌倉市の松尾市長にもご相談をさせて頂きました。
大変お忙しくされている市長が、急遽お時間をとって下さいました。
松尾市長には大変大変感謝申し上げます。
(この日は大雪で、髪の毛ボサボサ酷い状態のアニプロなので、写真は小さいです)

市長さんが、各課に最優先事項で対応するようにと動いてくださったそうです。
鎌倉市の皆さん、とても心のある市長さんですね。
ここまでに至る細かい経緯について、行政側の対応の問題も出てきました。
それについても今後は改善するきっかけになり、今後、改善して下さるそうです。

動物の問題は、動物だけの問題ではなく人の問題なのです。
人の福祉の部門と、動物の部門との連携が必要だという事を理解して下さいました。
誤解のないようにして欲しいのですが、指導とか規制という事だけでは解決はしない問題なのです。
複雑なのですから、縦割り行政とは言え皆さん人ですから、きちんと問題解決に向けて考えれば良いのです。
これは、鎌倉市だけの問題だけではありません。
神奈川県の問題でもあり、日本全国での問題になります。
ぜひ、一つのきっかけとなればと思います。

鎌倉市保健福祉事務所    http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f35/
神奈川県動物保護センター www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80192/
神奈川県庁生活衛生課   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6808/
たんぽぽの里         https://www.instagram.com/explore/tags/たんぽぽの里/

今回、皆さんが動いて知恵を絞り、今回の開催とこぎつけました。
前例がないとか異例だとか色々な意見があります。
一部の職員でさえ、この様な譲渡会を開催してはいけないなどと、ここに及んでまだそんな事を言っている職員もいます。
何やっても言うんですよ。ならどうしたら良いのかを提案して欲しいですよね。
全て猫達を助ける為に皆が一つになり動いた結果です。

そうならないように、必死に皆が対応しています。
殺処分をしたくないから、しないで済むように必死に頑張っているという事なのです。
猫を適正管理するのには、十分な手がいります。
センターでは既に限界を超えているという事なのです。

殺処分したい人がいるのですか?
だから、殺処分ゼロなんて、、、、、とかボランティアに丸投げだなんてのも、もう聞き飽きましたよ。
最近そんな話題が出ているようですが。もう遅れてます、アニプロはもう聞き飽きました。
言うだけなら、誰でも言えます。評論家はいりません。
どうしたら助けられるのか?
無理なら、殺処分するしかないですよね。
批判する人たちは殺処分しろって言ってるようにも感じてしまいます。
無理無理言っているなら、どうしたら良いのか知恵を絞った意見を言って欲しいですね。

たんぽぽの里の石丸さんを見ても分からないのか!
KDPの菊池さんを見ても分からないのか!
やっている人達を見ていれば、そんな言葉はとてもじゃないが言えないと思う。
何もできないなら黙って見守っててくれればいい。
応援してくださいよ。宣伝してくださいよ。
邪魔しないでください。

何度も言いますがね
そうならないように皆が体と知恵を絞って、必死に継続しているのが神奈川県なのです。

1月28日(日)鎌倉市役所には、
鎌倉市環境保全課職員さん、鎌倉環境福祉事務所の職員さん、神奈川県動物保護センター職員さん
神奈川県庁生活衛生課の職員さん たんぽぽの里の石丸さん達が、猫達の為に勢揃いします。あっ、アニプロも行きます
そう考えると確かに異例かもしれませんね、、、。

今回の譲渡会開催に関しまして・・・・。
10月に茅ヶ崎保健所で緊急譲渡会を開催した事が大きな後押しとなりました。
茅ヶ崎保健所職員さん達は、開催前と開催後と長期間に渡っての酷い嫌がらせにも耐えて対応して下さっていました。何も知らない知識のない市議も巻き込み、市議も一緒になっての長期に渡る嫌がらせ行為でした。議員という立場の人が事実確認もせず、嫌がらせ行為に加担するのかと、アニプロも大変驚きました。そんな中職員さん達は大変な忍耐力で耐えてくださいました。
それは全て飼い主がいなくなった犬達の為です。
改めて、茅ヶ崎保健所職員さん達へも感謝とお礼を申し上げます。

是非皆さん足を運んで下さい。
この日に引き取れなくても、後日引き取れるかもしれないでも良いです。
猫達に会いに来て下さい。
そして、頑張った鎌倉市の職員さん達を褒めて下さい。

アニマルプロテクションHPhttp://www.ani-pro.org/index.htm
ご寄付のお振込み先はこちらから⇒http://www.ani-pro.org/bora.htm
募集中の子はこちらから⇒http://www.ani-pro.org/satooya.htm




興味のある方、子犬からで無くても本当に懐くの?、不安がある方
HPにメールアドレス掲載しております。細かいことでもご相談ください。
お問い合わせのページ
http://www.ani-pro.org/toi.htm


よくある質問はこちら
沢山の方の目に留まりますように、クリックをお願いします。
クリック↓
イメージ 1にほんブログ村 犬 ボランティア  

転載元転載元: アニマルプロテクションAnimal Protection神奈川

開く コメント(0)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-57-82/animalsekyurity/folder/1569782/95/63765395/img_0?20150803000545

障害を持った小猿を子育てしながら移動していた母猿は、
神経が過敏になるのも当然で、
心温まる子育てとして、心ある人々から関心や心配を集めていました。
子猿は足が不自由で、母猿は子供を背負って移動しながら
けなげに生きていました。

所が、今年6月4日5日に八尾市によって猿たちは捕獲駆除されていました。

この猿達が、八尾市によって、容赦なく殺された事実は、
あまりにも哀れで、憤りがおさまりません。

八尾市は、この事実を公表せず隠蔽し、読売記者の独自取材で発覚し、
7月9日に下記の記事がでました。
それ迄注意喚起も呼びかけていた経緯があったのに、八尾市が公表を避けたのは、
猿達を殺したことが世間に知られるのがマズイと保身を考え
隠蔽しようとしたに違いありません。
傲慢に命を奪う行為は、有意義な対処を検討もせず、
猿達に八尾市がした虐待殺戮。その事実の隠蔽、保身、言い逃れ、
これだけで、充分抗議批判されるべきです。
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-57-82/animalsekyurity/folder/1569782/95/63765395/img_1?20150803000545
この記事の真相は、八尾市が今年6月4日に猿たちを虐殺目的で捕獲。
捕獲時の肉体的ダメージにより、翌日一匹は当然死亡。
死亡しなかった一匹は、受け取り先がないことを理由に駆除されました。
我々の抗議に対し、「生命尊重の為、努力した」と抗弁だったが、
実際には、即翌日殺している。真面目に引き取り先を探した形跡はない。
邪魔だというだけで、捕獲時に致死目的のダメージを与え、
死亡しなかった方は翌日に駆除されたのが真相です。

アニマルセキュリティとして、違法行為や虐殺行為に対する問い合わせ
を行いましたが、八尾市の担当者=鈴木氏は、反省の様子もありません。
一部の人間の苦情のみが優先なのか?
この不況の時代に、今も公務員天国なのか?
抗議活動は「勝手に、ネットでも何でもどうぞ行って下さい」との開き治りでした。

抗議活動にご協力下さい。
八尾市役所
八尾市本町1丁目1−1(〒581−0003)
TEL代表 072−991−3881
担当部署 産業政策課
担当者  鈴木

問題事項
 ^貮い亙甞融に肉体的ダメージで翌日死亡。衰弱死と市は詐称していましたが、つじつまが合わない。「捕獲時に大きなダメージを与えたから死んだので、殺したも同じ
と私が指摘したところ、鈴木氏は否定しませんでした。
◆ 岼貮い稜笋貅茲蠕茲魄貔厳命探したが全くなかった」と抗弁していたが、翌日にはもう殺害していたのが真相で整合性が取れず、口先だけの言い逃れなのは確か。
 「人に危害を与える可能性があるから殺した」と言う一方で、「一生懸命引き先を探した」と言うのも整合性がない。そこまで凶暴な猿ならば、最初から引き取り先を探したりしないはずなのに、こういう言い訳をする所をみると、自衛手段の為の危害を与える可能性があっただけとしか思えない。
ぁ,海琉榮阿垢覬鄰の件を、それまで八尾市以外は、メディア発表していたが、八尾市は全く発表せず、虐殺、隠蔽、保身を計った。読売記者により、ようやく暴かれて、殺戮後1ヶ月後に事実が判明した。

足の不自由な子供を背負いながら必死に生き抜いて来た母子を

情けをかけることもせず、いとも簡単に即殺戮し、その上、その事実を隠蔽し

追求すれば開き直り、全く反省もしない

冷酷な八尾市に強い憤りを感じます

転載・拡散をお願いします

転載元転載元: アニマルセキュリティ

開く コメント(0)

こいつです。
 
イメージ 1
 
 
 
川崎猫虐待虐殺事件 廣瀬勝海被告
懲役3年・執行猶予5年
何事もなかったかのようにのうのうと暮らしています。
 

事件の詳細はこちら↓
February 06, 2014
Theme: animals
この写真の人物は廣瀬勝海、
過去に猫を貰い受け次々と惨殺して楽しんだ変質者です。
この男には絶対に猫を渡さないで下さい。
お知り合いなど 個人、団体で愛護活動をなさっている神奈川、東京などを中心としている方や譲渡会などを企画されている方に伝えてください。
お願いします。」
上の写真はついっぷるに入ってないと見られないかな?
写真はもっと鮮明な物を個人的には持っています。
どうか譲渡会や里親捜されている方はお気をつけ下さい。
 
 
首にドライバーを刺す
 
風呂でおぼれさせる
 
  床に叩きつけ頭が潰れるまで踏み 続ける」
 
尻尾をハサミで切る 殺しが目的です。
 
眼鏡をはずしている時もあるそうです。
 
 
関東方面の方宜しくお願いします。
 
 
本当に3年の懲役期間で更生するのか、こんなにたくさんの命を奪ってたったの3年しか刑期が無い のかなど、疑問に思う点は数多くあります。

来月23日には最終的な判決が下りますが、より重い刑を求める被害者の方々の思いは通じるのでしょうか。どんな結果になるにせよ絶対に同じような痛ましい事件が起きないよう、再犯の防止策だけは徹底的に取っていただけることを心から望みます。
 
地獄へ落ちろ!
 
 
イメージ 2
 
 
こんな可愛い子がこいつの為に行方不明です。
 
渡さないでください!
 
イメージ 3
 
最近の顔別人のようになってるそうです。
ht​tps​://​lh4​.go​ogl​eus​erc​ont​ent​.co​m/-​ce9​yGl​q8x​r0/​AAA​AAA​AAA​AI/​AAA​AAA​AAA​BY/​xWo​N15​48K​90/​pho​to.​jpg​
今の奴の顔です!!!!
転載おねがいします 
 
もう一度UPしました。転載希望です。

転載元転載元: 陽子ママの猫とお料理

開く コメント(0)

現在行われているソチオリンピック。
 
その裏では野良犬がゴミだとされ、業者によって毒殺されています。
 
もとはと言えば飼い犬です。経済の悪化とともにペット遺棄があるのです。
 
動物愛護協会は、この犬たちを人道的に助けることは可能だと主張しています。
 
どうかこちらに、署名をお願い致します。
 
記事
駆除を担当する経営者アレクセイ・ソローキンのことば
 
 
過去の例として
オリンピックのために排除される犬猫 北京オリンピック
 
 
 
オリンピック開催地は、犬猫、そして路上生活者が排除されます。
 
人助けにもならないのです。東京もそうなるでしょう。もし開催が可能であればの話ですが。。
 
オリンピックを目指したり、観に行くことに何の意見もありませんが、
 
その裏では殺されている命があると知ってほしいし、それをやめるように
 
署名などでアクションをお願い致します!!
 
イメージ 1
 

転載元転載元: 自然と動物へ恩返ししよう

開く コメント(0)




ルーマニアは過去の独裁政治によってペットを禁止された市民がペットを捨てなければなりませんでした。その後ずっと政府が犬問題を放置してきたことが原因により、数が増えてしまいました。政治家は公約で犬の法を整備するなどと言って当選しても、犬の事では何の得もないため、結局ほとんどの議員は動かない状態だったそうです。

増え続ける犬たちに人間が噛まれるケースも増え困るようになりました。そして今年、子供が噛まれて亡くなってしまいました。この事が庶民の怒りを爆発させ、国は次々に犬を殺し始めました。しかし、殺しても次から次に生まれる犬。結局減りません。ここまで放置したのは人間です。里親をどんどん募り、とにかく不妊手術を国が徹底すれば自ずと数は減るのに、ひたすら殺す方向に力が向いています。

2001年から2007年の間に145,000匹の野良犬が、ブカレストで殺処分されました。でも効果はありませんでした。当然の結果ですね…殺し続けても犬猫は増えます!
根底の問題を解決しなければ、殺戮に終わりがないのです。
以下の署名に賛同くださる方は是非よろしくお願いします。

ルーマニアの犬殺しに反対して下さい!
他の方法で命を繋いで!!
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5
このような状態が普通になってはいけない!
イメージ 6
                     犬を憎むあまりか、、虐待をする人間も出てきています。
イメージ 7

 記事元 photo  photo2(捕獲の様子)
犬に罪はありません。ここまで放置した政治家に非があります。
国が無理矢理、ペットを捨てさせたのです。
繁殖すること、飢えて凶暴化すること...今回の事件も想定できていたはずです。

それなのに放置したのは国の怠慢です。
野良犬対策の予算がありながら有効に使われてなかった、ともいわれています。

すでにもうあちこちで薬殺ではなく残酷な殺され方をしています。
幼い子犬や猫までも殺されています。

時間がありません。
署名はたくさんありますが、1つ送ったからOKではなくて、
多方面からアプローチすることで効果があります!!
下記はすべてルーマニアの野良犬を助けるための署名の一部です。
どうか、すべての署名にご協力下さい。

http://p.tl/oOb9

http://p.tl/RUkY

http://p.tl/MhIF

http://p.tl/5yhy

http://p.tl/5RTL

http://p.tl/3lzV

http://p.tl/VUev

http://p.tl/AbtM

http://p.tl/3ClI

http://p.tl/nN1f

http://p.tl/3zlV

http://p.tl/Xm7f

http://p.tl/e_Sk

http://p.tl/HxVk

http://p.tl/vpYK

http://p.tl/IxI3

http://p.tl/zcTu

http://p.tl/sCQX

http://p.tl/vK_8
参考/これまでのルーマニアの犬事情が詳しく書かれています。 
http://matome.naver.jp/odai/2137920336613489301?&page=1
イメージ 8

転載元転載元: 自然と動物へ恩返ししよう

開く コメント(2)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事