にゃんともわんだふる

多頭飼育放棄が増えてる・・・最後まで責任持とうよ

動物関連

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この子達の事を気にかけてくださった方々
ご報告が遅れ申し訳ありませんでした
 
ごめんなさい
良い報告が出来ません
 
おじいさんが亡くなって1ヶ月も経たない内に
門にはチェーンが巻かれ立ち入り禁止の張り紙がされていました
その上『餌やり禁止』の張り紙もされています
友人はそれでもご飯をあげに通っていますが、敷地内には入る事は出来ない為
どこかご飯をあげれそうな場所を探したところ、元々内外自由だった子達が遊んでいた場所を見つけました
取り敢えずご飯をあげれる場所はどうにかなりました
でもいつ家が取り壊されるのか分かりません
おじいさんが居ない家から数頭の猫が姿を消しました
友人のご飯を食べに来る子は7頭だそうです
 
全く先が見えない状況です
私も含めこの子達を保護出来る場所はありません
ご飯だけはあげている状況です
 
馴れていない子でも迎えてくださる方がおられたら良いのですが・・・・・
 
 
我が家保護っこ『なつ』君
イメージ 1
りりしくなったでしょう
実はベタベタスリスリの超ストーカーにゃんです
イメージ 2
この甘えん坊がおじいさんが亡くなって数日間どうしていたんだろう
相変わらず食は細いですが一回り以上大きくなりました
幸せにしてあげたい
迎えてくださる方いないかなぁ・・・・・
 
 

開く コメント(0)

さいたま市のIさんから戴きました
 
 
ゆきんこさま
 
こんにちは。
メールアドレスが違っていたことに今気づきました。。。
道理で連絡が来ないはずです(笑
 
さて、
二人の様子ですが、
いろりは700g、いのりは900gになり、
まだ差こそありますが、食欲もバッチリ!
 
トイレの失敗もなく元気でやっております。
 
ちょうど先週あたりでしょうか。
あまりにもいろりのご飯の食べが悪くて、
動物病院に行き、a/d缶をゲットしてきました。
健康状態には二人とも問題が無く、
ゴールデンキャットミルクも併用してなんとかここまでになりました。
 
まずは1キロを超えることを目標に、頑張ってます。
 
はじめは少し戸惑っていましたが、
先住猫たちもすっかりなれて、よく面倒を見てくれています。
イメージ 1
親ではないのに、ちゃんと自分よりも小さいものの扱いを
知っているところが、とてもほほえましいです。
 
なかなかご連絡出来ずに申し訳ありませんでしたが
今後ともどうぞ末永くよろしくお願いいたします^^


何とも微笑ましい嬉しい写真をありがとうございます
茶トラ軍団に振り回される嬉しい時期も間近ですよ〜
仔猫パワー恐るべしですから・・・・・
 
Iさん
こちちらこそ末永くよろしくお願い致します

開く コメント(0)

友人仔猫ホームスティ終了翌日に同じ位の仔猫を今進行中のTNR現場より保護しました
このTNR現場はちょっと問題ありなのですが・・・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
知り合いを通して捕獲依頼があったのですが
かなり問題のある現場です・・・・・
最初9頭翌週3頭TNRし、中々捕まらない母子が4頭です(ただ今仔猫保護&母猫TNR進行中)
 
交通量は多い方ではないのですが、速度超過じゃない!って車が多いです
それと一番の問題はこの現場の餌やりと言われる夫婦
考えるだけでストレス多大な夫婦です
でも
猫達の食事を考えるとグッと我慢なのです
う〜〜〜〜〜〜捕獲と仔猫問題解決したら我慢は・・・・・しない・・・多分
 
この現場から保護した仔猫
 
最近仔猫の保護はかなり減ったのですが
細々と保護してきた仔猫の中でもかなりのハイスピードで
保護〜パパママ探し〜お話合い〜譲渡〜お届け
まぁスムーズに進みました
 
トップはきじの男の子
 
 
イメージ 4
車で15分程のお宅です
優しいパパママに迎えていただきました
ハッピ〜〜〜
 
イメージ 5
イメージ 6
この子達は姉弟で迎えていただきました
 
さいたま市のIさん宅には先住のお兄さんお姉さんがいます
皆茶とら〜〜〜
名前も
いなり君
いまるちゃん
いちる君
そして今回は
いのりちゃんといろり君になりました
長男のいなり君が保育士さんをしてくれているとお聞きしました
イメージ 14
見知らぬおばさんに緊張のいなり君可愛い
 
さいたま市のIさんありがとうございました
 
最後は
イメージ 7
さいたま市のNさんに迎えていただいた三毛?のりんちゃん
何故三毛?なのか・・・・・今まで見たことのない毛色なのです
毛色と言うか混ざり具合と言うか不思議な雰囲気の美猫ちゃんです
イメージ 8
正面から見るときじ
イメージ 9
後ろからは3色だけど
イメージ 10
不思議こにゃんこちゃんはりんちゃんになりました
Nパパ曰く
待望の女の子
我が家のお姫様です
 
何とも嬉しい限りです
でもね・・・Nさん
りんちゃんは間違いなくお姫様です
我が家にいた時から・・・・・お姫様でしたよ
 
証拠写真です
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
いつも自由に過ごされるお姫様です
 
優しいパパママに出会えて皆幸せになれます
末永くよろしくお願い致します

開く コメント(0)

さいたま市の個人ボランティアさんからのSOSです
 
 
お世話になっております。
 
以下、今回の経緯です。
 
15匹の猫達を残し、飼い主の老人が急死してしまいました。
親族からも見放された老人。
借地に建つ、壊れかけた古びた平屋で今も帰らない飼い主を、猫たちは空腹のまま待っています。
 
その猫達の存在は、今年に入って知ることになりました。
Oさんというお宅の15匹の未避妊の猫達。
場所は、さいたま市大宮区。
 
Oさんから2〜3年前に、子猫を貰い受けたという
近くに住む女性と知り合い「毎年産まれている様子」と聞きました。
 
2月に入って、まずセンターに相談に行き「捕獲、搬送に協力し、安く出来る病院を紹介する」旨Oさんに伝えてもらいました。
センターの担当者は、何年も前から近所からの苦情、自治会からの要請もあり何度も訪問し「避妊手術のお願い」をしていたそうです。
 
Oさんは、70代後半の男性、一人暮らし、100坪はあると思われる敷地の、日当たりの悪い古びた平屋に猫達と住んでいました。
敷地は、借地で「地代も大変なので、猫達と暮らせる場所に引っ越したい」と話していました。
 
手術代の、半分はOさんが、残りは私が負担し、「ねこかつ」からの助成金と
いながき動物病院のご協力で、手術が無事に終了したのが2月13日のことです。
 
Oさんが亡くなったことは、3月4日の警察からの突然の電話で知りました。
恐らく2月末には、亡くなっていただろう、との事でした。
事件性はないものの、着信履歴などで、関わりのあったと思われる人に生前の生活ぶりなどを
聞いている・との事。

ご遺体は、市内に住む妹さんらしき親族が引き取られたようですが、猫達の件で警察を介して連絡を取りたい要望を伝えましたが、「関わりたくない」と断られました。
 
Oさんのお宅の前の借家には、猫が原因で離婚したという元奥さんが住んでいるそうですが関わりあいになりたくない様子で、捕獲の時出てきても挨拶も会釈もなしでした。
 
娘さんがいるらしい・との情報もありますが、定かではありません。
 
猫達は近所からも、自治会からも、飼い主の親族からも疎まれています。
一粒のご飯もありませんでした。
配達のスポーツ新聞が未開で置いてあった日付は、2月24日でした。
食い破られたドライフードの袋と、ピカピカに舐めた餌用のお皿が猫達の飢えを物語っていました。
 
地主が誰なのか、建物はいつまで存在するのかわかっていません。
また警察は個人情報との事で私には教えてもらえません
 
残った猫は恐らく13匹、そのうち他でごはんを貰っている可能性が高い「通い猫」が1匹
内訳は、メスが4匹、オスが9匹です。
 
避妊を怠り、ここまで増やしてしまった猫達ですが、その老人には財産も家族もありませんでした。
 
「動物が大好き」と言っていました。
本当に猫達を可愛がっていました。
 
触らせない猫もいましたが、殆どの猫たちは老人の布団に潜って、上に乗って一緒に寝ていたそうです。

捕獲の段取りを伝えに、初めてO宅に行った時、玄関から見えたストーブの前に群がって暖をとっていた猫達の姿は今では懐かしい、幸せな猫達の姿です。
今は寒い暗闇の中、私が近所にばれないようコッソリ持って行くご飯を待っています。

以上、今私がわかっている状況です。
よろしくお願いします。
 
何をどうしたら、どこから手をつけたらよいか正直途方にくれています
この場所でいつまで猫たちがいられるのかも分かりません。
 
6日に私も現場に行ってきました。
言葉が出ない状態でした。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
猫たちは私たちにビックリして姿を隠してしまい3頭しか確認出来ませんでした。
 
その中で状態が悪く、でも懐きが良く触れるこなのでその日のうちに病院に連れて行きました。
 
イメージ 1診察見解
1才前 男の子
体重 2キロ(ガリガリです)
顔面がゆがみ右目陥没
口の中まで貫通している穴があります
顔を見た瞬間に先生の口から出た言葉・・・・・血が濃いなぁ・・・・・でした
 
この子に罪はありません
でも血の濃さはこの子を一生苦しめます
右側に歯はありません
 
食べにくい食べられない
それで身体の成長が悪いのか食べても大きくなれないのか
取りあえず栄養をつけてからの医療処置になりました
 
他の子は捕獲時に見た感じですと普通の状態との事です
 
 
お願い
 
このような現場の子達を保護できる愛護団体をご存知の方
1頭でも預かり出来る方
 
ゲストブックの方にご連絡ください
 
よろしくお願い致します
 
 
 
 
 
 
 


開く コメント(7)

今年もよろしくお願い致します
 
にゃんず代表チーム(勝手に選抜・・・・・です)
イメージ 1
決して怒ってはいません・・・・・寝起きの目つきの悪さです・・・きっと
 
わんず代表チーム(こちらも適当に・・・・・です)
イメージ 2
決して寝ているのではありません
皆様によろしくとのご挨拶です・・・・・たぶん・・・・・きっと
 
                 
 
 

開く コメント(1)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事