ここから本文です

書庫全体表示

小型の万能ナイフ

イメージ 1


川バスを狙えるようになって来て

凄くムカついていた事があって

それは 木や葦の根っこや、水中のズダ袋に

ルアーが掛かって取れない事!!



もうポイントは潰れるし、藪こぎしないといけないし

汗ダラダラで目に入って痛いし

ルアーが手に届くちょっとのところで、顔に草や枝が邪魔で〜〜

クヌヤラウ〜〜!! (*`ロ´ノ)ノ




背中のリュックにナイフは入ってるんだけど

〆る時用なので滅多に使わないとこに入ってて

出すのが面倒くさい。


なのでフックを犠牲にして無理くり引き抜いていたんだけど

手近な切断用に小型の万能ナイフを導入してみる事に。

イメージ 2

小指ぶんの柄が足りないショートなナイフ。

刃渡も短いけど、厚みがあって枝とかもはらえる。








いろいろ僕ら釣り人がナイフを装備するってなると

収納面でちゃんとしてないと

自滅する危険が一番心配。

かと言って今回みたいに使うなら

取り出しが煩わしいとイライラして不快。

軽快さも重要視したい。


と、いう事で

取り出しの面でNGだったので

シースをじょきじょき切っちゃって

ターボライターで炙ってナイロン布を留めて、

ホットメルトで縁をコートして

よっしゃw (^_^)

最近、こういうの改造、全く抵抗がなくなってきた(^_^;)



さっそく先日の釣行でリバクロミノーがブッシュに刺さってしまい

藪こぎして回収に (^_^;)

顔の周りに来る視界を邪魔する葉や枝をスパスパ切りながら

リバクロミノーが刺さってるまま葦を切断して

葦ごと回収!!

なんて快適なんだ!!(ꈍ□ꈍ )ノ


ズボンのポッケに携帯と一緒に入れてあったけど

随分重宝する

と、いう事で採用決定!

リュックのカメラケースの横に設置しようw
















顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事