ここから本文です

書庫全体表示

自由に出来るって

イメージ 1


プリントが自由だって言うのは

例えば仔鹿の瞳を入れられる。

仔鹿はご存知の通り魚類ではない。


と、いう事は、

潤んだキリンの瞳とかラクダの瞳とか入るし

昆虫の柄、蝶々の羽、鳥の羽根、カエルの模様、

宇宙のマゼラン雲とか、街の街灯とか、

ガッキーの瞳も入るわけ。




実は

手描きで描いたり、彫ったりがハンドメイドだけど

印刷機で印刷しているものも含めて

世の中に出ているあらゆる目に見えものは

人間の手によってデザインされているわけで、

これを

「ビジュアルグラフィックデザイン」

と 呼ぶ。




僕がやってる今回のプリント柄は

iPadのいつも使ってるお絵描きアプリを使って

写真の切り貼り合成をして、

実際にリバクロミノーに貼ってみて

立体物に貼ると不自然に見えるところや、

実際にはあり得ないけど、あった方が綺麗に見えるなら

お化粧の動画を見て参考にして、

手描きで描いて、寄り気持ちよく見える様に

デフォルメしてあるんです



実際にはこう言う顔の美人さんは存在していないのですw

イメージ 3
イメージ 2

こちらの美人さんの目はデカ目カラコンです(≧ω≦)

アイシャドウ、アイライン、ビューラー、マスカラを使って

ビジュアルグラフィックしてあるわけですよw

つまり

ビジュアルグラフィックデザインされてる仮想のお魚なわけです。






これも コノシロに見えるけど

ベースはドラードで、目玉はロックバス。

イメージ 4





・・・で、

本物のコノシロ (^_^)

イメージ 5


ほーら

こんなに違うw

ドラードベースとモロコは生きてるけど

本物のコノシロは死んでるんです。

写真を貼ると死体に見える。

これがビジュアルグラフィックデザインされてるって事。

ドラードベースのコノシロの方は

最初、ルアーのデザインをして、

出来上がったデザイン構造図の上に被せてあるので、

写真をどかすと内部構造のデザインが隠れています。

メインウエイトのサイズと位置、

それと隠し玉を2点。 






楽に ぱっと写真を貼っただけだろう〜って

多分、感違いしてると思うんだけど

実は緻密に作り込んで 描いてあるんですねー


ここがセンスであり、努力してあるとこなわけです。

これをフルペイントで表現すると、、、

イメージ 6
イメージ 7


と、なって

本質的に僕がやってる、BGLっぽいリアルの解釈になるわけです(ꈍεꈍ )

こういうお魚は存在しない。でもリアルだ。

無塗装であっても、それは同じ。

イメージ 8

ほらネ (ꈍεꈍ ) 

順番に見て来ると解るでしょー w

これもちゃんと完成されてる。

内部構造からBGLっぽいのがバッチリ入っている。

ただのノッペら坊じゃないよ〜〜って (^_^)





多分、

僕が使っている多層構造の概念は理解できる人は凄く限られているので

そこを解る必要はないと思います。

でも、市販品でなんか解らんけど、イマイチだと感じたら

試してみると、何か発見することがあるかも知れません。

そう言うとき 活躍してくれる様に作ってあります。

僕がそう言うときに使いたいんで作ったんで 間違いないです (ර⍵ර)✧




















顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事