ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1


パワーベイトフィネス。。。

って言ってるけど

もうなんかMAXサイズまで行けるんで

低慣性チューンって言った方がいいかもしれないw



どう言うふうになるのか?

と言うと、こんな回転になります☆(*′☉.̫☉)




世間一般に行き渡っている

「3分間回り続ける」

とかとはコンセプトが正反対。

出来る限り最短時間で静止させる。

でも各ブレーキはゆるゆるでほとんどフリー状態。

フリーなのに回転慣性が極低いので

1秒で止まっちゃう。

これが 「低慣性チューン」



組み込むパーツは

・マイクロボールベアリング
・アンチニュートンオイル
・超々ジュラルミンスプール
・電磁誘導ブレーキ



全部市販品であるので

そんなに難しくない。

最後の・電磁誘導ブレーキだけ自作しないと無いので

やってみたい人はこの記事の項を遡って見て下さいw



「低慣性チューン」どう言うことが出来るのかって

PE1.5号 巻いて、35lbショックリーダーを3m付けて

フルキャストしても

バックラッシュしない。

100m沖のボトムのルアーを

数センチレベルで操作出来

当然ながら100m沖のバイトをフルフッキング出来ます(๑•̀ㅂ•́)و✧





これが アンタレスDCじゃなくても

自重100g代のリールで

出来る。

何ゆえの9:1ギアなのか?

何ゆえのPEラインなのか?

何ゆえのベイトタックルなのか?


・・・ってことです(*′☉.̫☉)













開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事