ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

観察と洞察力

イメージ 1




物事をよーく観察して

事実がどうなっているのか?を、

冷静に分析して「観察」することを繰り返し繰り返し

しょっちゅうやっていると、

全部を知らなくても、

周辺の付属する情報とか、断片情報とかの組み合わせから

事実がどうなっているのか読める様になって来る。

この 能力が、「洞察力」だ。




西高東低の冬の気圧配置になった時に現れる

典型的な気象衛星による雲の写真。

人工衛星の写真は事実なので

雲がこの様になって掛かっているのは現実。

この現実は、気温や風向きなど

いろいろな付属する情報を持っていて

故に、狙っているお魚がどこでどうしているのか

読める様になって来る。

ちなみに同じ分析を応用して

台風の被害カ所と、規模を予測出来る。


しかし

全ては空想でしかない。

事実の先を読むことは、事実ではなく妄想しているだけの話。

でも

この洞察することが

お魚釣りの真髄なわけだ。

読みが当たっていれば狙い通りのお魚が釣れる。

事実ではない。けど、合っている。

観察の積み重ねから

未来を予測する洞察する力をつけられる。


開くトラックバック(0)

メンテナンス中

イメージ 1


メンテナンス中だってo(^▽^)o


危なっかしいから記事書けないw(^_^)












開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事