ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1


31日 狙ってたんですが寒すぎて断念。

でも初詣に行ったらけっこう山は温かいw

街のスーパーの方が寒いって何だろうか?




と、言うわけで

ギリギリで良いの出してやろうと思ってたんだけど

風邪引くのがイヤでやめたので

2018年のベスト3となりましたw




甲乙つけられないんだけど

シビれた順で


3位  

イメージ 2

58cm

ブラックバス

ヒットルアー
「BGL インゴット」



サイズ的にもう一歩だったけど

「BGLインゴット」が効いてる事が証明出来た1匹w

何しろサンプル数が少ないビッグガーデンルアーズなので(^_^;)

一撃で良いのが来るのはありがたいですw

この日は

入ったpm9:00〜が狙い目だったけど

寒波が来ちゃってアウト。

で、日の出直前の気圧の拮抗する瞬間を狙ってビンゴ!

これが来たすぐ後から強い寒風がまた吹き出してもと通りに(^_^;)

こういう時間単位の気圧の変化は

正直 運まかせしかないw

でも、読めるのもまた真実☆(^_^)

今年は リアルタイムよりも先読み傾向でトライしてみようw











2位

イメージ 3

85cm

川シーバス

ヒットルアー
「BGL リバクロミノー 素Ver.」




メインフィールドの河川での一発w

川シーバスは、本当の川シーバスと、

海シーバスの遡上タイプの2種類がある。

これは海シーバスの遡上タイプ。

産卵から帰って来て、稚鮎に着いて遡上して来たやつ。

痩せているけど80cmを超えていて、パワーがあるのが特徴。

川シーバスは大型になっても煮干しの様に痩せていて

アベレージで70cm台を超えるのがほとんど無い。

こいつは

完全な狙い撃ちで、

捕食しているのを見つけてから、しばらくおいて

ステイしてるゾーンを通して釣ったw

なので

最初から釣れたら動画を撮るつもりでスタンばってたので

ランディング直前のファイトシーンを撮影出来たw

音が最高o(≧ω≦)o


あぶね〜〜

余裕こいてるとバレる(^_^;)

リリースでの蘇生方法もバッチリ解明して

うっかりデッドフィッシュがゼロになった。

大型になるほどより、簡単に死んでしまうので

大きいのを釣らないと実験出来なかったのが

「BGL リバクロミノー」の完成で

大型シーバスのヒット数が増えたのが良かった☆(^_^)

のちに

サーフでのリリースにも役立つことに♪(* ̄ー ̄)v 







1位


イメージ 4

83cm

5,700g

ヒラスズキ

ヒットルアー
「BGLインゴット」





人生初のヒラスズキ☆(^_^)

まさかのランカーw

タックルはいつもの

アブ ロケット9に、PE2号、リーダー35lbナイロン×三ひろ。




普段からメーターオーバーの鯉とか釣ってると

ランカーヒラスズキと言っても、普通にいつも通りにファイトして

いつも通りにキャッチ&リリースw

後で写真で確認してヒラスズキだと判明して

食いたかったと後悔 (爆)

また釣れてくれることを祈る(^_^;)

体高があり過ぎてカメラのフラッシュ光が反射して

ハレーションを起こして飛んじゃって

撮影にもたつき、ブツ持ちは断念。

・・・って、大きいのは一人じゃブツ持ち無理!(╥ω╥`)

寄せ波と引き波を利用して蘇生する方法をみつけて

無事にリリース☆(^_^)



このヒラスズキを釣った方法は

はっきり言ってパターンなので再現性があるんですw

もっとヒラスズキが多いエリアだったら

複数釣るとか、サイズ狙いだけに絞ることも可能でしょう☆(^_^)

公開すると

みんな持ち帰っちゃうので秘密です☆(^_^)

自然資源は有限なのに、無限だって言って回ってる人も多いんで

僕はハッキリ言いますが、

有限で、消滅します。

だから完璧なリリース技術まで習得、完了して、

晴れて自慢したいものです☆(^_^)

キャッチ技術。  そしてリリース技術。

デッド前提で持ち帰りだと、

このキャッチ技術とリリース技術がゼロになるんで、

実はフッキングからファイトも雑になりますw

完璧なリリース前提だと

フッキングとファイトは、キャッチ方法が限られていることから

より完璧にやらないとバレちゃいますからw

ネットやボガグリップの使用もお魚に傷を作りますんで、

キャッチ技術はけっこう面白い頭脳技術になりますw







さて




明けましておめでとうございます o(≧ω≦)o

今年もいい釣りが出来ますように♪

新たなお魚たちとの出逢いが待ってます(ꈍ▫ꈍ﹡)





















開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事