ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

さよならシロさん

イメージ 1


うちに来ていた半ノラのシロさんが

3月11日を最後に姿を消しました。

(上の写真は若い頃)




ノラ猫の平均寿命は4年と言われる中

実に11年の間、頑張り続けました。

愛情に溢れ、強く、頭の良い猫でした。




居なくなる直前のシロさん

イメージ 2


もう充分 闘った。

脂肪も無くなり

歯も失い

折れた指の爪は出っ放し。

お別れの時が近いことが分かるので

抱いているハニーちゃんは泣いていました。


この写真のあと、奇跡的に冬毛が生えてきて

フワフワになり、シロさんは居なくなりました。







それでも

どこか家に近いところに居るらしく

他の猫たち(シロの奥さんと子供達)が交代で付き添ってるらしく

しばらくの間 子供達からシロの匂いがしてましたが

誰も出掛けなくなり

シロの匂いもしなくなりました。

家族たちの様子が違うので、

ああ、シロ 死んだな

と思いました。

特に奥さんのピーちゃんの沈み様が大きく

一気に白髪が増えて白くなってしまいました。



シロさんが居なくなって

これからこの辺一帯の勢力図も変わって来ます。

他の地の強いオス猫が入って来るでしょう。

残された子供達が シロが守って来たここを守れるのか?

11年守って来たシロがいかに強かったか

厳しい 厳しい、ノラ猫の社会。

ときに手助けをしながら

見守っていきます。









じゃあね シロ

また逢おう



開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事