全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

都七福神まいり

 京都における日本最古の七福神は、①ゑびす神(ゑびす神社)、②弁財天(六波羅蜜時)、③福禄寿神(赤山禅院)、④大黒天(松ヶ崎大黒天)、⑤寿老神(革堂)、⑥毘沙門天(東寺)、⑦布袋尊(萬福寺)です。 七福神の神々の力により、福運を授かりに行ってきました。 写真は、萬福寺の布袋さん、革堂(こうどう)の寿老神さん、松ヶ崎大黒天の大黒天さんと、大護符の色紙です。
 
イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4
  御神体山(御蔭山)は、国常立尊(クニノトコタチノミコト)が鎮まる聖域である。  ここの麓に元出雲と言われる「出雲大神宮」が鎮座する。   ここは、島根県の出雲大社より古いと伝えられている。  御祭神は、大国主命と三穂津姫命をお祀りする。  御本殿真後ろの山道に磐座があり、不思議な霊力イメージ 2を与えるとされている。イメージ 1イメージ 3
大阪府門真市 三島神社の境内にある薫蓋樟(くんがいしよう)は樹齢1000年の
クスノキの名木であり、昭和13年5月30日に国の天然記念物に指定されました。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3

開く トラックバック(1)

奈良県天理市にある神社。非常に歴史の古い神社で、古事記イメージ 1や日本書紀に石上神宮の記述がある。
イメージ 3イメージ 2

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事