名所、旧跡

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

路傍の書

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

我が町の道ばた、街角、近所のひなびた寺、人があまり行かなくて目にとめないところに、ひっそりとたたずむ書がある。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

古事記によると、王仁博士は古墳時代前期の四世紀末に朝鮮半島の百済国から渡来し、「論語」十巻と「千字文」一巻をもたらし、古代から学問の祖として崇敬されてきた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

江戸時代の貴重な鋳物工場です。日本の優秀な鋳物技術として、金属を溶解し鋳型に流し込んで製品を作る仕事です。この鋳物業を営んだのが大阪の枚方の田中家です。

天橋立で〜す

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 日本三景の一つである、天橋立に行ってきました。
 天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6kmの砂嘴(地学上では砂州)である。一帯には約8,000本の松林が生えており、東側には白い砂浜が広がっている。人が逆さになって見ると、天に架かる橋のように見えることから、天橋立という名がついた。
 写真は、文珠山の山頂にある天橋立ビューランドから見た眺めであり、龍が天に登る姿に見えることから、飛龍観という名前がついた。

松下幸之助の手相

イメージ 1

イメージ 2

松下幸之助歴史館に松下幸之助の手形がありました。手相の見方は詳しく知りませんが、幸之助の左手に覇王線が出ていました。覇王線は、大変珍しく神の手とも呼ばれる素晴らしい手相であり、巨万の財と偉大な名声が得られるとのことです。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事