団長のつぶやきあれこれ

東日本大震災により被害を受けられました皆様に、あらためて心からお見舞いを申し上げます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
らーめん 太一  
千葉県習志野市東習志野3-13-23
看板メニューの「太一チャーシューメンの塩」をいただきました。
とてもおいしい麺(黄色い中華麺)に背油こてこてのスープ?と思ったら背油があまり主張してなくていい感じ。中華麺になじんで喉越しの良いこと!
背油を気にしなくて一気に食べられます。
トッピングのメンマも良い味つけ。チャーシューはとろけるタイプがたっぷり奢られていて満足!半熟卵も美味。実にうまい!
ランチタイムには餃子3コが無料サービス。
活気のあるなかなかのお店でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


春日部市 「れん屋」の「豊潤鶏ガラ塩そば」 「750円」

黄金色のスープをレンゲで掬い啜ると程よい塩梅です。
出汁とのバランスも好く中々美味しい。 
ストレートの中太の麺は、私好みの並硬の仕上がりでスープの絡みも悪く有りません。 
...
具材は、鶏肉・ソボロ・海苔・メンマ・水菜・糸唐辛子・生姜・白髪ネギで、肉塊状の鶏肉は、表面が炙られ焦げ目が付いてます。 
食べると程好い柔らかさで、塩味が程好く効いて滅茶旨です。
生姜は細切りタイプで麺に絡んで口に入り、存在に気付きました。 
又、最後にスープの底に沈んでいたソボロをレンゲで掬い頂きましたが、美味しい肉塊を頂いた後なので、味気なく感じました。  
もっと見る
ー 場所: 春日部市 麺処 れん屋

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「新境地」とは実に見事な表現だと思う。
テレビ東京系列で21日に放送された「玉置浩二33年目の新境地〜フルオーケストラと夢の競演」を視聴した偽りのない個人的な感想である。
番組中のインタビューで玉置氏は「自分の中で古典というかクラッシック」であると、かなり以前からフルオーケストラをバックに歌うことを予感していたような発言をしている。...
しかも「自分の歴史になる」とも言い、「今までの自分を捨て新しいところへ・・・」と何やら含みを持たせた発言をしている。
それは新しいステージ、クラッシックという新たな高み。その新境地で更なる進化を続けるぞという決意表明なのだろう。
「フルオーケストラと夢の競演」それは玉置氏自身だけではなく、我々ファンにとっても新しい玉置浩二像に魅せられた瞬間でもあった。
聴き慣れた安全地帯や玉置氏の楽曲が全く違うクラッシックな曲にアレンジされ、すばらしく新鮮な感動を与えてくれた。
これは実際にホールで聴かないと判らないだろう。
バックステージの模様も紹介されていたが非常に興味深かった。
指揮者「大友氏」の音へのこだわりを垣間見たシーンが特にそうだった。
柔和そうに見える大友氏の表情が、厳しくなった瞬間。
玉置氏といえど、まるで1つの楽器、1つのパートのようであった。
大友氏は玉置氏とオーケストラが奏でるベストな音を追いかけている。
その真摯な姿勢が玉置氏に伝わっているのだろう。
先日の高崎で「大友先生」と玉置氏が呼んでいたことからも窺がえる。
玉置氏と大友氏の出会いもまた「宿命的な出会い」だったのだ。
NHKのSONGS(第340回)と、この番組は永久保存版にさせて頂いた。
最近、鉄道路線が運転見合わせなんて状況が多く発生しています。
特に複数の鉄道が乗り入れている路線に多く見受けられます。
たとえば東武スカイツリー線(半蔵門線との乗り入れ)や、この3月14日JRのダイヤ改正によって出来た目玉路線の上野東京ラインなんてのに多い。
東海道本線内で踏切内点検を行った影響で、宇都宮線の列車に遅れが出てしまう。
直通になって便利になった反面、一旦綻びが出ると収拾が難しくなる。
これって企業によく見られる「大企業病」という現象に酷似してませんか?

組織が大きくなると細部まで目が届かない。一旦問題が発生すると原因を掌握するまでに時間がかかりなかなか解決できない。
便利って良い面ばかりじゃないんですよね。覚悟しないといけないね。


イメージ 1

ご冥福をお祈りいたします。
木曜日(4月30日)、「スタンド・バイ・ミー」のヒットで知られるR&B/ソウル界のレジェンド、ベン・E・キングが亡くなった。76歳だった。
1950年代後半、ドリフターズのメンバーとして「There Goes My Baby」「This Magic Moment」「Save The Last Dance For Me」などのヒットを歌い、1960年にソロ活動を始めてからは「Spanish Harlem」「Stand By Me」「Amor」「Don’t Play That Song (You Lied)」「Supernatural Thing – Part I」等、多くの名曲を生み出した。

キング、ジェリー・リーバー、マイク・ストーラーが共作した「Stand By Me」は、2015年3月、“文化的、歴史的、もしくは芸術的に重要な録音物”として、アメリカ議会図書館のNational Recording Registryで永久保存されることが発表されていた。

レジェンドの死に、キャロル・キング、ブーツィー・コリンズ、デフ・レパード、ジュリアン・レノン、マルーン5のアダム・レヴィーン、パブリック・エナミーのチャックDら多くのミュージシャンやファンから追悼の言葉が寄せられている。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事