BijoDam日誌

スマホ版でご訪問の方は、書籍別「管理人からのお知らせ」からご覧くださいませ♪

全体表示

[ リスト ]

メール便での配達と価格を抑えるためにキット販売になってますので

説明しよう!(富山敬風 笑)

イメージ 1

まず刃の位置決めですが、刃先は多少のテーパーがついてますが、約1,2ミリになってます
刃の向きに前後はありません
鏡面になってる平らな面側をポストの側面に合わせ、切りたい溝の深さまで刃を出します
写真ではノギスのお尻を使ってますが、スケールでもいいと思います
1,2ミリ刃を出せば、ほぼ真四角の溝が切れます
接着にはエポキシが良いと思います
万が一の刃研ぎの時にも熱で外せますよって
専用超硬刃が無意味に長いのは、そのためです
高価な素材なので、必要限度でもいいのですが・・・

瞬間接着剤はその名の通り、瞬間でついてしまいます(笑)

イメージ 2

次にポストの取付けになります
バイスに固定してるのは、撮影のためだけです
今回は15ミリ幅のフレーム材用にセットします
刃は中心に来る訳ですから、7,5ミリが刃の中心ということになります
刃の幅は約1,2ミリですから、7ミリと8ミリの線に刃が被るような位置になります
多少のズレはフレームの両側から切ることにより、多少溝の幅は広がりますが溝は中心に切れます
殆ど誤差のレベルになると思いますけど

接着を推奨しますが、前記事にもあるように、今のところプラスチックのポストにしてからはガタが出てませんので、プレーニングガイドグリップからポストに向かって仮止め程度のネジを打ち込めばとりあえずは完了です
ガタは出てからの接着してもいいし、塗装して塗料の厚みでキツくしてもいい訳ですので

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事