BijoDam日誌

スマホ版でご訪問の方は、書籍別「管理人からのお知らせ」からご覧くださいませ♪

全体表示

[ リスト ]

既に記事にもしてますが
基本キットでもポストの頭に親指を当てて切れば、大半の刃の逃げは防げると思います
しかし、完全固定式でいいから絶対ミスカットしたくない方に両側プレーニングガイド改造例を紹介します

始めに
可変式のテストにも使ったグリップですので、この先の部分は見なかったことにしてください(笑)

まず基本のポストは18ミリまで対応出来る長さを基準に製作してますが
15ミリ専用の改造で説明します
専用超硬刃をポストに接着する前だと、この改造は非常に簡単です♪

イメージ 1

前記事の”溝切りカンナの組立て方 ”で専用超硬刃のポストの位置決めをした後、一旦刃を外します
プレーニングガイドグリップから突起のポストの長さを15ミリに調整する訳ですが
使用する15ミリフレーム材が一番簡単で、油性ペンで15ミリの位置をマーキングします

(ポスト断面はキットのままだと精度が必要ないので平面が出てません、ポスト断面からの寸法調整は避けてください)

イメージ 2

ポスト取付け穴はボール盤で開けてますので、ほぼ直角が出てます
ポスト仮止めのネジも緩め、ポストをグリップに逆向きに刺します

ポストを立てない側のグリップ面を使い、マーキングの位置までポストを出し
100番くらいの紙やすりで削ります
(写真は撮影のため紙やすりに手を添えてませんけど)

ちょっと紙やすりだけだと手間が掛かり、グリップを多少なりと共削りしますが
これでポストの直角平面が簡単に出せます
ポスト突起寸法のマーキングの15ミリまで研磨出来れば、本来の組立て手順に戻します

再び”溝切りカンナの組立て方”の手順でセットし
ポストの木芯に50円玉をネジ止め出来れば完了です(笑)

イメージ 3

いかがでしょう?これで、さらにビクビクしながら溝を切ることは無縁かと思います
切れる刃物は気持ちがいいもです
超硬刃の切れ味と共に、きっと溝切りが楽しくなることでしょう♪

えっ?なんで5円玉じゃないの?そう思った方も多いと思いますが
答えは簡単!50円玉の方が穴が小さいんです(笑)
この50円が高いか安いかは???溝切りに苦労してる人にとっては・・・

私も50円玉の方が穴が小さいのは初めて知りました(笑)
また、プラスチックパイプに木芯を圧入したのも、こんなところでもタナボタでした
さらに、平面研磨も実はタナボタでした
以後、精度が必要ないポストの断面も平面研磨して納品したいと思います

ちなみに私の場合、木ネジでも全て下穴を開けてからネジ込んでます

後書きとして、少しでも多くの方に使って頂きたく、基本キットとして安価にて販売することが第一です
このような改造をし、商品化するためには、手間が掛かり、どうしても単価を上げざるを得ません
道具を作る人が使うための工具ですので、ここで紹介してる作業が難しい人は、まず居ないと思います
キット販売ということのご理解をお願いしたします

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事