BijoDam日誌

スマホ版でご訪問の方は、書籍別「管理人からのお知らせ」からご覧くださいませ♪

全体表示

[ リスト ]

以前に紹介した以下記事の改善版の記事になります
 
この時はタッピングネジの先を少し平らにして製作しましたが
理想とすれば、通称イモネジと呼ばれてる、写真ではホーローセットという頭のないネジが理想です
 
イメージ 1
 
これはプーリーやギアなどを軸に固定するためのネジで、小さなホームセンターにはあまりありませんが
入手が困難だとも言えないレベルのものです
写真では解りにくいですが、ボルトのネジ部のみの本体に、六角レンチなどの工具で回せるような構造です
詳しくはイモネジで検索してください
ちなみに、これは3ミリ径のネジで、六角レンチは1.5ミリの工具が付属してます
ちょっとお値段もいいですけど
 
まず、前回のように、ポストの貫通穴に直角に穴を開けますが
今回はカンナ刃と同サイズの2.4ミリの穴です
 
六角レンチで直接ねじ込みました
当然、タップを使った方がいいとは思いますが、ポストはプラスチックなので
六角レンチの長い方をイモネジに刺して,、ポストにネジ山を切りました
 
イメージ 2
 
時々、らせん状の切りカスを取り除きながらですが、大した難しい作業ではありません
 
写真の刃先は解りやすいように突起させてます
また、この実験は通常のポストやカンナ刃よりも短いものになってますが
短くなって、商品として出荷出来ないものを使用してるためです
 
感想としては、思ったより結構しっかり刃を締め付けれると思います
 
自動車用のナットの中には、緩み防止用として、ネットのネジ山の一部に樹脂を使ってるものもあります
つまり、余程のことがないと、この固定法でカンナ刃は緩まないと思います
 
ちなみに、カンナ刃はペンチなど使わないとセット出来ないくらいにきつく合せてます
 
今回、この実験に使ったこのポストとイモネジは、現在ご注文の方にサービスさせて頂きます
また、今後もイモネジはサービスのつもりです
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事