ここから本文です
生涯旅人の徒然日記
この道を行けばどうなるものか?危ぶめばその先に道は無し、踏み出せばそのひと足が道となる。迷わず行けよこの道を!行けばわかるさ!

書庫全体表示

エフロクユーザー車検

エフロクの車検時期が迫っていましたので、久々にユーザー車検で対応することにしました。前回は2008年のCB1300SFでしたので、実に8年ぶりのユーザー車検になります。まずは予約を取るために検査予約システムにユーザー登録してから、空いている日時を指定します。事前に用意する書類は「①自動車検査証」「②納税証明書」「③責任保険証明書」「④点検整備記録簿」の4種類となります。①~③は既存ですが、④はないのでWebサイトより雛型をダウンロードして作成しました。
イメージ 6
予約日時に自動車検査登録事務所へバイクを持ち込みます。持参するのは前述の4種類の書類と鉛筆、ボールペン、印鑑となります。はじめにA棟の2番窓口で「自動車重量税納付書」と「自動車検査票」をもらい必要事項を記入します。記入した用紙を同じく2番窓口に提出し、検査手数料1,300円と交付手数料400円を支払って、D棟へと移動します。そして商工組合窓口で「継続検査申請書」を40円で購入し、自賠責保険もここで13,640円を支払って証明書を発行してもらいます。イメージ 1
「継続検査申請書」に必要事項を記入しますが、用紙がOCRとなっているので鉛筆とボールペンの記入箇所があるので注意が必要です。記入できたら押印してD棟11番窓口で自動車重量税印紙代4,600円を支払って印紙を貼ってもらいます。引き続き、D棟12番窓口に自動車納税証明書を提出し、自動車検査票に確認印を押してもらいます。以上の手続きが済んだ書類を再びA棟2番窓口に持って行き、予約番号を通知します。
イメージ 2
いよいよ書類を持ってバイクを検査場に移動しますが、佐野自動車検査登録事務所の検査コースはバイクが一番外側のコースとなっています。はじめに検査官がバイクの外観(ウィンカーやホーン、ブレーキランプ、ハンドルロック、ボルトの締め付け具合など)をチェックします。ここで整備記録簿の提出を求められる場合がありますが、今回はそのチェックはありませんでした。
イメージ 3
次はスピードメーターの検査ですが、バイクをローラーの上に乗せて、バイクのスピードメーターが40km/hになったら足元のスイッチを踏みます。さらにブレーキのテストは、タイヤ下のローラーが回って、電光掲示板に指示が出たらブレーキを踏みます。排ガス検査を含めてここまでは簡単にクリアしました。そして難関の光軸テストが何と2回連続でNGです!
イメージ 4
1回目は調整なしで挑んで右にずれているとの指摘なので、調整して2回目に挑むも今度は左にずれすぎでした(T_T)。3回しか猶予はないので、近くのテスター屋(タジマキコー)さんで調整(2,100円)をしてもらい最後は何とか合格となりました!テスター屋さんの費用がかかってしまいましたが、合計は22,080円と安く抑えられましたので、浮いたお金でまたツーリングできますね(^_^;)。
イメージ 5

この記事に

  • 顔アイコン

    ユーザー車検乙でっせ
    なにか違和感があると思ったらスモークスクリーンを外していたんですね
    縁にエッジ処理が無いのとあの色は検査に引っかかりますもんね
    光軸は個人でチェックするのは中々難しいですからねぇ
    これでまた2年間暴れまくりですな!

    [ むらっち ]

    2016/8/29(月) 午後 8:10

    返信する
  • ユーザー車検の鬼門である光軸テスト対策のためにも、エフロクはスクリーンを外しました。台風が来る前に検査が終わってホッとしました。これから秋のツーリングに大活躍ですね。

    haru

    2016/8/29(月) 午後 9:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事