ここから本文です
生涯旅人の徒然日記
この道を行けばどうなるものか?危ぶめばその先に道は無し、踏み出せばそのひと足が道となる。迷わず行けよこの道を!行けばわかるさ!

書庫全体表示

2017年のGWは久々に東北へと北上してみることにしました。そしてセローにトップケースを装着していよいよ出発です。最寄りのインターチェンジより高速道路に乗ろうとしましたがいきなり25km渋滞の表示、ここはのんびりと下道で進むことにします(^_^;)。R293に県道63号で上河内SA付近まで走ると高速が流れていたので、スマートICより東北道へと道を変えます。その後白河中央ICまで走って、R294で猪苗代湖へと向かいます。勢至堂トンネルを抜けて会津へ入ると、空気がひんやりして沿道にはまだ桜が咲いていました。
イメージ 1
途中より県道6号→9号→376号と伝って、猪苗代湖畔へと抜けます。湖畔にもまだ桜が咲いており、湖の向こうに見える雪山とともに素敵な風景を醸し出しています。しばらく県道376号で湖畔を走り、この景色を楽しみながら進みます。青松浜にたどり着くと、さすがGW、湖畔にテントを張っている人もいました。
イメージ 2
猪苗代方面へ向かうために、青松浜から湖畔ルートを戻ることにします。この道沿いには満開の桜の木が並んでおり、その景色を写真に収めようと立ち止まる人がたくさん見られました。自分も少々高台の県道側から磐梯山をバックに桜と猪苗代湖を撮影してみましたがいかがでしょうか。
イメージ 3
その後、県道9号でR49まで抜けて、すぐに県道322号へと道を変えます。川桁で県道323号へ右折して、磐梯山を左手に見ながら田んぼの中を北上していきます。最近はお約束になってきましたが、沿道に遮るものがなくなった頃を見計らって、磐梯山とバイクの写真を撮ります。
イメージ 4
やがて県道はR115へと合流して、土湯峠へと北上するようになります。事前に磐梯吾妻スカイラインが通行可能ということを確認していたので、この先は県道30号から県道70号へと道を変えて、磐梯吾妻スカイラインを通り抜けることとします。雪景色の中、気温が低いのかと思いきや、日が出ていて意外と暖かい気温です。
イメージ 5
冬季閉鎖が解除されてからまだ1週間ぐらいですが、路面の凍結も全く心配なく、沿道の雪も予想以上に少なかったです。道路の最高所である1622m付近ではさすがに道の両端に雪の壁ができていましたが、気温は高めで残雪の量もだいぶ減っている模様です。
イメージ 6
磐梯吾妻スカイライン中間には吾妻小富士と一切経山の鞍部に開けた浄土平とよばれる火山性ガスが噴出する草木の生えない荒涼とした火山荒原が広がります。この特別保護地区に指定されている浄土平には、浄土平パーキングエリアが設けられており、東側の吾妻小富士や西側の一切経山のハイキング・登山観光拠点の休憩施設として利用されます。
イメージ 7
浄土平は駐車場が有料なのであえて通り過ぎて、その先にある路肩のスペースにバイクを停めて景色を堪能します。少々歩いて高台まで登れば、浄土平の荒涼とした景色と白い残雪のコントラストが美しく広がります。この先は有毒な火山性ガスが噴出しているので駐車禁止の区間となります。
イメージ 8
浄土平から北は、天狗の庭とよばれる秋の紅葉の名所のほか、不動沢橋が架かるつばくろ谷、蔵王を望む白樺の峰などの見どころがあります。GWにしては混雑することもなく、スムーズにスカイラインを走ることができました。その後R115からR13へと道を変えて沿道の吉野家で昼飯、さらに県道387号から県道4号で伊達市へと抜けます。
イメージ 9
伊達からはR349で阿武隈川沿いをのんびりと北上することにします。途中に道幅の狭い区間もありますが、交通量も多くないので快適に走ることができるルートです。途中でR113と合流しますが、角田あたりで分岐して阿武隈川の河川敷も広々としてきます。
イメージ 10
角田の先より県道14号へ右折し、県道10号へと道を変えます。ここからは一気に仙台港へと北上し、浪花のスーパーシェルパ野郎・むらっちさんが乗船してきたフェリーを迎えます。フェリーターミナルに定刻には着いたのですが、フェリーがだいぶ早くついてしまったようで、迎えは少々遅かったようです(^_^;)。
イメージ 11
と言うことで、むらっちさんには宿泊予定の石巻のホテルで合流することにしました。仙台港北ICから三陸自動車道に乗り、快調に石巻港ICまで走ります。ここからはR398で予約していたホテル「ほっといん石巻」へとたどり着けました。ここはスーパー銭湯が隣接する新しいホテルで、駐車場も広いのでツーリングの宿には便利です。
イメージ 12
無事にむらっちさんと合流し、スーパー銭湯の露店風呂で疲れを取ります。その後は近くの居酒屋で乾杯、カラオケで熱唱と長い一日は過ぎていきました(^_^;)。
※Part2へ続く

この記事に

  • 顔アイコン

    福島満喫第一弾レポートお疲れ様です!
    磐梯山は眺めて良し、吾妻山は走って良しですね。
    ほっといん石巻、いい宿そうですので次回の大橋拠点にしたいと思います
    (^_^;)

    odeon

    2017/5/10(水) 午後 4:19

    返信する
  • 福島は見所満載でツーリング先としてはポイント高いエリアです。いつもは紅葉時期に訪れますが、残雪の磐梯吾妻もまた違った景色を見せてくれました。ホットインは夜の部施設も近いのでお勧めですよ(^_^;)。

    haru

    2017/5/10(水) 午後 7:40

    返信する
  • 顔アイコン

    ソロの時だけ好き勝手にダートに入ってずるいですぞ!
    まさかharuさんが気を利かせて仙台港に寄るとは仙台から牛タンが無くなる出来事でっせ
    まぁharuさんは風呂って飲んで歌えればそれでよかばい!
    来年は磐梯吾妻スカイラインに行きてーでっせ

    [ むらっち ]

    2017/5/16(火) 午後 6:30

    返信する
  • ダートと言ってもほんのわずかな距離だけですよ。
    磐梯吾妻スカイラインは秋の紅葉も綺麗ですから、また出撃してきてください!

    haru

    2017/5/16(火) 午後 9:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事