ここから本文です
生涯旅人の徒然日記
この道を行けばどうなるものか?危ぶめばその先に道は無し、踏み出せばそのひと足が道となる。迷わず行けよこの道を!行けばわかるさ!

書庫全体表示

現在使用しているPCが日に日に遅くなってきて、どうにかしたくなってきました。
もともと非力なスペックに加え、経年によるファイルの断片化で次第に動きが遅くなっているようです。
 OS  : Windows 10 HomeEdition
 CPU : Intel(R) Corei3-6100 3.7GHz
 RAM : 4.00GB
イメージ 1
とはいえ、新しいPCに変えるのも費用がかさむので踏み切れません。そんな時、Amazonのサイトを眺めていると、SSDの120GBが3000円を切っているではありませんか。いままでは高くて手の届かなかったSSDも、今やガソリン給油2回分の値段で買えるようになったのですね(^_^;)。
イメージ 2
パソコンの起動、Webブラウザを見る、アプリケーションの起動、ファイルの読み込みや保存する際のその大部分で記憶装置(HDD)の速度が大きく影響しています。ゆえにHDDを大容量のフラッシュメモリーで構成されたSSD(Solid State Drive)に変えるだけでPCが早くなるのです(^_^)/。
イメージ 3
さっそくAmazonで注文をすると、翌日には自宅に届いていました。SUNBOWという中国のメーカー製で、120GBが送料込みで2888円の安さです。箱にはドライブ本体と電源コネクタが入っており、製品マニュアルらしきものはありませんでした(T_T)。
イメージ 4
SSDのメリットは、従来のHDD(ハードディスク)に比べて処理速度が高速なことと、駆動部分がないので動作音がなく静か、発熱が少ない、衝撃・振動に強い、ランダムアクセスが速いなどです。またSSDのデメリットは、サーバーの様に常時稼動させるには不向き、同じ容量のHDDと比べた場合単価が高い、HDDに比べて大容量化が難しいなどです。
イメージ 5
現在はスマートフォンやタブレットPCにはほぼ100%搭載されているので、信頼性もだいぶ向上しているものと思われます。早速PCの筐体を開けて、SSDを取り付けます。すでについていたHDDのSATAケーブルと電源ケーブルを抜いて、SSDに刺すだけなので交換作業はとても簡単です。
イメージ 6
通常はあらかじめ使用していたHDDのクローンをSSDにコピーするのですが、使い込んでファイルが断片化しているので、今回はSSDに新規でWindows10をインストールしました。DVDのインストールディスクでブートして、メニューを選んでいくと、ほぼ自動でインストールが走ります。SSDにファイルをコピーするので、インストール時間も短くて済みます。
イメージ 7
無事にWindows10とOffice365までインストールして、ファイルの読み込みと書き込みのベンチマークテストを行ってみました。左がHDDを利用していた時の成績で、右がSSDに換装した後の成績です。もう全然別物って感じですね。イメージ 8
いままでPCの電源を入れてからログイン画面が表示されるまでに1分以上かかっていましたが、換装後は12秒で起動しました。アプリの起動時間もPCのシャットダウン時間も今までより劇的に早くなりました(^_^)/。ちなみにSATAのインターフェースはもうひとつあるので、古いHDDはデータ保管用にそちらへ取り付けておきます。
イメージ 9
3000円弱のSSD換装費用でしたが、PCの速度改善としては十分な効果が得られて大満足です。これでツーリング費用の取り崩しを最低限に抑えられました(^_^;)。

この記事に

  • SUNBOWだーい好き!

    [ bqf*y4*4 ]

    2018/10/8(月) 午後 10:42

    返信する
  • 快適に動くので時間を忘れて作業、ブルーライトも浴び放題です(^_^;)。

    haru

    2018/10/9(火) 午前 0:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事