土曜の夜はフィーバーだ!

ありがとうありがとうしんのすけ!ずっとずっと一緒にいたかった!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

昨夜のついでながら言うと「レモンは忘れない」の歌詞にあるアップルはビートルズのことらしい。てことはこのレモンはビー・ジーズになる。
1967年イギリスへ帰国したビー・ジーズはNEMSエンタープライズと契約してビートルズとの交流もありました。特にモーリスはジョン・レノンにすすめられて17歳で初めてスコッチを飲んだとき「たとえ青酸カリだったとしても飲んでいただろうね」と振り返っています。
でもそのせいで(もないか)後年モーリスはアルコール依存症になって苦しみます。わぁみんな若くて可愛いな。


ついでながらいうと
変化は必要だ
貯金するなら働かないと
 
アップルは愚かだけれど
レモンは忘れたりしない
やつらが来て網を打つ前に
落ち着いてクールに決めないと
 
落ち着いて
ネクタイの皺を伸ばそうぜ
度胸を持ってリラックスだよ
 
アップルは愚かだけれど
レモンは忘れたりしない
やつらが来て網を打つ前に
落ち着いてクールに決めないと
 
目をさませよ
冷静に考えてみろ
やかましいベルを止めろ
うっかり頷くと
大騒ぎになるぜ
これまで苦労してきた
目的の数々を思い出してごらん
レモンはおれの歌をうたってる
あいつにはわかっているんだよ
 
Lemons Never Forget
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 訳詞:Minako Yoshida

イメージ 2

閉じる コメント(2)

顔アイコン

歌詞もメロディもなんだか不思議な歌ですね。歌詞には裏があるのじゃないでしょうか。

2016/3/3(木) 午前 1:44 [ yan_yan ]

ありがとうございます。
この頃のビー・ジーズは、というか多くのアーティストはビートルズや時代の影響(ヒッピーやサイケデリック)を受けていました。そうですよね最近はこんな不思議な歌詞やメロディの曲ありませんよね。私はこの歌大好きです。

2016/3/3(木) 午前 2:08 レトロポリス


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事