土曜の夜はフィーバーだ!

ありがとうありがとうしんのすけ!ずっとずっと一緒にいたかった!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ビー・ジーズが低迷期だったころのスマッシュヒット。1972年の「マイ・ワールド」と「ラン・トゥ・ミー」と、1973年の「ひとりぼっちの夏」がなぜか好きすぎる。
この2年の間の3曲はビー・ジーズの音楽的な分岐点になったわけでもなく「これってやっぱりビー・ジーズだよね」という曲。特に「ひとりぼっちの夏」はレコード会社にバラードを要求され続けた経緯もあって、ロビンはこの曲について「何も言わないでおくよ」とシニカル。
初期の実験的なアプローチと1975年以降のリズム&ソウルの間で一瞬かがやいた3曲。この時代でしか生まれなかった、時代とリンクした甘酸っぱい3曲を聴きます。



閉じる コメント(2)

顔アイコン

三曲とも良い曲ですね。私は、Run to me が一番好きかな。

2016/9/30(金) 午前 0:34 [ yan_yan ] 返信する

> yan_yanさんありがとうございます。
どうやら音楽通や評論家の皆様はこのビー・ジーズの「甘酸っぱさ」がお嫌いのようで一時期は意味なく嫌われておりました。てか今でもそうかもしれない。でもネット時代になってビー・ジーズを好きな人が実はいっぱいいることがわかって嬉しかったです。ナイスポチありがとうございました。

2016/9/30(金) 午前 0:47 レトロポリス 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事