土曜の夜はフィーバーだ!

ありがとうありがとうしんのすけ!ずっとずっと一緒にいたかった!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

12月14日の東の空

イメージ 1

12月も中旬なのに今日は暖かい。ワンちゃんを連れたお母さんたちとすれ違ったら「歩いてたら熱くなってしまったね」と話してた。ふむふむ「俺もそう思う」とバラ園の丘を上ってすぐグランド側の階段を下ります。
気のせいだと思いたいけどオヤジがうろうろしてるのは何だか怪しい。だから時々しんのすけに話しかけたりしながら歩くけどこれがまたいっそう怪しくなる。だよね!

イメージ 2

そんなこと言われても

イメージ 1

うつぼ公園に入ったてすぐエルちゃんと会ったしんのすけ。エルちゃんのお父さんにオヤツをもらって(何度も振り向きながら)歩き出す。
「あんまりオヤツをもらうと体重が増えるから」ダメなんだよ。そんなこと言われても納得いかないしんのすけ。

イメージ 2
イメージ 1

今夜は商業的には失敗だったけど(俺は好きな)アルバム「ライフ・イン・ティン・キャン」に収められている「リヴィング・イン・シカゴ」を聴きます。
このアルバムはビー・ジーズの単独プロデュースによる彼ら初のアメリカ録音(L.A.レコード・プラント)だったのです。特筆すべきはビー・ジーズを象徴していたビル・シェパードのストリングス・アレンジがなくなり、バリー・ギブのアコギが強調されていることかな。
「シカゴに住めばそこがふるさと♪シカゴに住めばひとりぼっち」とリフレインされるメロディが耳に残ります。オリジナル音源ではなくバリーとモーリスのアコースティック(ギター)ライブで聴きます。あっロビン可愛いなぁ。


やっぱり聴きたいオリジナル、ビー・ジーズの「リヴィング・イン・シカゴ」を聴きます

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事