土曜の夜はフィーバーだ!

ありがとうありがとうしんのすけ!ずっとずっと一緒にいたかった!

ビー・ジーズは歌う!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

最近届いたビー・ジーズ「Anthology 1963-1966」と、P.P.アーノルド「The Turning Tide」のアルバム。
オーストラリア時代の若きギブ兄弟の才能の片鱗が見え隠れ(したりしなかったり)するアンソロジー。とバリー・ギブが途中までプロデュースしていたP.P.アーノルドの未発表アルバム「The Turning Tide」。
P.P.アーノルドのファンだったバリー・ギブは1968年に彼女の新しいアルバムにプロデューサーとして参加。
10曲ほどレコーディングしましたが、ビー・ジーズとして

イメージ 2

の活動が忙しくなり制作から離れます。
その後をエリック・クラプトンが引き継ぎ完成させたのですがお蔵入り。アルバム全13曲中ビー・ジーズ作品が6曲、バリーのプロデュース作品は8曲です。
なんとこの2枚で'60年代初期の少年ビー・ジーズ(バリー:17歳、ロビン&モーリス:14歳)と、'60年代後半の若き日のビー・ジーズ・カバー曲が楽しめるなんて、まだまだ目がはなせない!お楽しみはこれからなのである。

P.P.アーノルドがソウルフルに歌うビージーズ・カバー「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」

ビー・ジーズでしっとり聴く「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」、オリジナルも(が)いいね

P.P.アーノルドでビージーズ・カバー「ターニング・タイド」聴きます。貫禄がついた?

ビー・ジーズのオリジナル「ターニング・タイド」は、青春の甘酸っぱさでとろけそう

この「アンソロジー」にはなぜか収録されていないけど私が大好きな「バタフライ」

開く コメント(0)

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

昨日5月20日は5年前に62歳で亡くなったロビン・ギブの命日でした。どうして過去形なのかと言うと、弟モーリスの命日(1月12日)は私の誕生日と、大好きだった友人山下君の命日が続くので忘れない。そうです御免なさい忘れてしまってたのです。
ダイハードなファンには怒られるかもしれないけど一日遅れてロビン・ギブの命日をアップします
でも正しいビー・ジーズ・ファンは今夜もどこかで誰かとギブ・ソングを歌っているはず。まずは「ジョーク」かな?

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

うつぼ公園バラ園にはあちらこちらにカラフルなテントの花が咲いていました。子供たちは噴水池や池に流れ込む人工の川で楽しい水遊び。
緑が日に日に目に鮮やかになってきた5月1日はビー・ジーズが歌う「若葉のころ」です。ビー・ジーズといえば兄弟ならではの息の合ったハーモニーが印象的ですが「若葉のころ」はバリー・ギブがひとりで歌っています。

イメージ 3


小さくて
クリスマスツリーが大きく見えたころ
他のみんなが遊んでいるときに
ぼくたちは恋をした
 
なぜなんて聞かないで
時は流れ過ぎ
他の人が遠くから
ふたりの間に入り込んできた
 
ぼくたちは大きく
クリスマスツリーは小さくなって
君はもうぼくなど見向きもしない
けれども君とぼく
ふたりの愛は決して死なない
めぐる五月の一日に
誰が涙を流すのだろう
 
君とぼくのために茂った
リンゴの木
実がひとつ またひとつと
落ちていく
 
見ているとよみがえる ひとつひとつの思い出が
君のほほにキスしたら
君が行ってしまったあの日
 
ぼくたちは大きく
クリスマスツリーは小さくなって
君はもうぼくなど見向きもしない
けれども君とぼく
ふたりの愛は決して死なない
めぐる五月の一日に
誰が涙を流すのだろう
 
小さくて
クリスマスツリーが大きく見えたころ
Doo doo doo doo doo doo doo doo doo
 
ぼくに理由(わけ)など聞かないで
時が流れ過ぎたから
誰か他の人が
遠くからふたりの間にやって来た
 
First Of May
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 対訳:Minako Yoshida

イメージ 4

開く コメント(0)

リンダうっとり

イメージ 1

写真のこの仲睦まじいバリーとリンダの雰囲気からすると新婚(1970年)の頃だと思う。ミス・エディンバラだったリンダ・グレイが、ビー・ジーズのバリーをうっとり見つめている。なんと絵になる一枚でしょう。
人は見た目が100パーセントだとは思いたくないけど、でも男前には逆立ちしたって勝てやしない。シェークスピアだって「今も昔も若者の恋は目に宿る」と言ってる。
あぁ俺も一度でいいから美しい女性に、こんなふうにうっとりした目で見つめられたかった。と夜明け前つぶやく。

開く コメント(0)

男前になりたい

イメージ 1

バリー・ギブのような男前になりたかった。30年ほど前いっしょに仕事をしていた石原君(現在東京在住)と今でも時々連絡を取り合っている。
そのころから「今のような厚かましさがあったら学生時代もっと女の子と楽しく遊んでたのにな」と言っては笑っていた。けどでも30年経った今でもオヤジ2人は同じことを言って笑ってる。結局は叶いもしない「もし僕らが男前だっタラレバ」な話しがせつない。
録音はされたけどビー・ジーズの再結成でリリースされなかった、バリー・ギブ1970年の幻のソロアルバムから「Clyde O'Reilly」と「It's Over」を聴きます。


開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事