土曜の夜はフィーバーだ!

ありがとうありがとうしんのすけ!ずっとずっと一緒にいたかった!

ビー・ジーズは歌う!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

1981年のアルバム「リヴィング・アイズ」から(長い長いインターバルがあってやっと)6年後リリースされたアルバム「E・S・P」。あの「サタデー・ナイト・フィーバー」の呪縛を払拭するには必要な時間だったのです。
長兄バリーは40歳になり、ロビンとモーリスが37歳のアダルトなビー・ジーズの時代がゆっくり始まったのです。でもアルバムジャケットは好きだけど地味なんだよなぁ。


愛はとても素敵なもの
天にも昇る気分になれる
永遠ながらに険しい道が
この世の向う側へ続いている
真実が暴かれ
愛なくして生きようとする
けれど君は行かせられない
 
その事は話さないでおこう
何の疑いもなく
灯が消えたら愛し合えるね
小鳥は飛んで逃げてしまった
一人ぼっちで歩く
僕の姿が見えるよね
 
君の物静かな態度
君の沈黙の祈り
君と一緒にいるよ、ベイビー
僕はそこにいるよ
君の秘密の時間
とても長い夜に
君と一緒にいるよ、ベイビー
いいよね
君のいちばん長い夜に
 
僕のハートを壊し
プライドをズタズタにして
世界の外側で君を見失うんだ
君に触れられると心が
高揚と消沈をくり返す
そんな気持ちを忘れて生きてみたい
愛を忘れて
 
言葉にして話さなくても
誰かが気付くんだ
僕達は愛し合える
蝋燭に火をともす頃
目を開けて
時の流れを感じる
誰にもわかることさ
僕は一人で歩いていく
たった一人で
 
君の秘密の時間
ても長い夜に
君と一緒にいるよ、ベイビー
いいよね
 
誰も嘆くことはない
涙を流す者もない
僕のこの苦しみに
誰も気付いてくれない
死にたい程の絶望に襲われる瞬間…
 
The Longest Night
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 対訳:加納一美

イメージ 2

開く コメント(14)

イメージ 1

1967年2月に移住先のオーストラリアから本国イギリスに帰国したビー・ジーズは4月にデビュー・シングル「ニューヨーク炭鉱の悲劇」を、6月には2枚目のシングル「ラヴ・サムバディ」をリリース。そして7月にはデビュー・アルバム「ビー・ジーズ・ファースト」、8月には3枚目のシングル「マサチューセッツ」と4ヵ月の間にシングル3枚とアルバム1枚を驚異的にリリース。
その世界デビューを果たしたアルバム「ビー・ジーズ・ファースト」から、記念すべきA面1曲目となる「ターン・オブ・ザ・センチュリー」を今夜聴きます
でねどうにも歌詞が気になってエキサイトとグーグルとヤフーの、3つの翻訳機にかけてみたらこんな感じになりました。と最後に歌詞カードからオフィシャルな対訳。


Everything's happening
At the Turn Of The century
I'm gonna buy myself a time machine
Go to the Turn Of The Century

And all those people passing by
And the town crier makes his cry
At the Turn Of The Century
Turn Of The Century

[ Excite ]
すべては起こる
世紀の変わり目に
私は自身にタイムマシンを買おうとしている
世紀の変わり目に行きなさい

そして、通り過ぎているすべてのそれらの人々
そして、町の触れ役は彼の叫び声を作る
世紀の変わり目に
世紀の変わり目

[ Google ]
すべてが起こっている
世紀のターンで
私は自分自身にタイムマシンを買うつもりです
世紀のターンに行く

そして、その通り過ぎるすべての人々
そして町の兵士は泣き叫ぶ
世紀のターンで
世紀のターン

[ Yahoo! ]
すべての出来事
世紀の変わり目で
私は、タイムマシンを買うつもりです
世紀の変わり目へ行ってください

そして、通っているすべてのそれらの人々
そして、町のふれ役は彼の号泣をします
世紀の変わり目で
世紀の変わり目


あれもこれも起こっている
世紀末から新世紀
タイムマシンを買って
世紀末へ出発だ
 
人びとは行きかい
お触れ係が声高に触れ回る
世紀末から新世紀へ
世紀が交代するそんな時代
 
つば広の白い帽子に男たちはスパッツ姿の
世紀末
生まれたての自動車が走る
新世紀
 
あれもしたい これもしたい
ふたり乗り自転車に乗って
世紀末から
新世紀
 
あれもこれも起こっている
世紀末から新世紀
タイムマシンを買って
世紀末へ出発だ
 
人びとは行きかい
お触れ係が声高に触れ回る
世紀末から新世紀へ
世紀が交代するそんな時代
 
世紀が交代するそんな時代
 
Turn Of The Century
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 対訳:Minako Yoshida

イメージ 2

開く コメント(2)

イメージ 1

本が読めるのもテレビや映画が観れるのも、ラジオが聴けるのも携帯やパソコンが使えるのも、冷房や暖房だって除湿器や加湿器だって…。それにこんな夜中にコンビニや深夜食堂が開いていたり、ラーメンや牛丼を食べたり朝までカラオケで歌えるのだって…。何より僕がこんなに夜更かしなのも、みんなエディソンのおかげなんだ。


本が読める電気を発明し
昼間のような光をくれたエディソン
便利なシリンダーも発明した
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅だ
 
この世を明るくし
昼の光をもたらしたエディソン
駅から駅へ 電線も数かぎりない
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
ああ今のぼくらを見てごらん
まだまだ学ぶべきことは多いけれど
今度は別の人間の番だね
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
世界中が輝きの恩恵に属し
世界中の人が言う
「彼の物語を書いてくださいよ」
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
ああ今のぼくらを見てごらん
まだまだ学ぶべきことは多いけれど
今度は別の人間の番だね
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
本が読める電気を発明し
昼間のような光をくれたエディソン
便利なシリンダーも発明した
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
君にエディソンの物語を書いてもらいたい
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
世界中がエディソンの物語を聞く
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
エディソンは永遠だ
エディソンは不滅
 
Edison
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 対訳:Minako Yoshida

イメージ 2

開く コメント(2)

イメージ 1

1969年リリースの2枚組アルバム「オデッサ」から「サドンリィ」を聴きます。アルバム制作途中でリードギターのビンス・メロニーが抜け、アルバムリリース後にロビン・ギブが突然ビー・ジーズ脱退を発表しました。
もともと兄弟間で確執があったようですが、バリーがリードの「若葉のころ」がA面になりロビンの「ランプの明り」がB面になったことでロビンがソロ活動に踏み切ったものです。もしかして珍しくモーリスがリードを取るこの「サドンリィ」はそんなロビンの心情を歌っているのかもね。


わからないだろ 外から見ただけじゃ
おれが気に入るかどうかなんて
突然 雨の中に彼がひとり
突然 雨の中に彼女がひとり
 
わからないだろ 人間がリアルかどうか
自分でもこの感覚が気に入ってるのかどうかなんて
突然 心の中に彼女がいて やれまあ
突然 心の中に彼がいて やれまあ
 
そうだよ
わからないだろ 外から見ただけじゃ
おれが気に入るかどうかなんて
突然 雨の中に彼がひとり
突然 雨の中に彼女がひとり
 
Suddenly
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 対訳:Minako Yoshida

イメージ 2

開く コメント(0)

イメージ 1

驚いたよあの(かつては世界中を狂喜乱舞させたあの)我らがビー・ジーズがロンドンのストリートで日銭を稼いでいたなんて。1993年と言えばアルバム「サイズ・イズント・エブリシング」を発表して乗りに乗っていたはずなのに。今も昔もビー・ジーズの近況は日本には入ってこないのでこんなに落ちぶれていたなんて知らなかった。
てかバリーのチェックのシャツってアルバム・ジャケットと同じだね。それに可哀そうにロビンなんか半ズボンだぜ。でもみんな楽しそうでいいねぇ、この続き観たいわ。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事