土曜の夜はフィーバーだ!

ありがとうありがとうしんのすけ!ずっとずっと一緒にいたかった!

ビー・ジーズは歌う!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

つい最近のことやけど25年ぶりの再会を果たした友人がいる。東京でデザインの仕事がしたいと25年前に大阪を飛び出して「それっきりそれっきりもうそれっきり」連絡が途絶えた。でも不思議なものでどこかで誰かとつながっていて突然消息がわかったりする。だから2年間が過ぎたからって…。えっビー・ジーズとお前らとは違う?


1年 2年と時は過ぎ
人びとは笑いさざめき涙を流す
 
毎朝 時計が8時を打つと
ぼくは門を閉めて仕事に出る
道すがら歌うのは
ぼくの居場所 妻のこと
 
雲が集まって
天気の話をしていても
雨が降りそうな空模様でも
ベイビー だいじょうぶだよ
そう 嵐は訪れる
でもぼくがくじけることはない
 
2年間 2年間が過ぎて
でも君だけがぼくをわかってくれる
ぼくをわかってくれる
 
だってぼくは待っている
ランスロット卿はただの夢物語でも
ぼくはちがう ぼくは彼であると同時に
彼にないものがある
君とぼくと 現実だ
 
雲が集まって
天気の話をしていても
雨が降りそうな空模様でも
ベイビー だいじょうぶだよ
そう 嵐は訪れる
でもぼくがくじけることはない
 
2年間 2年間が過ぎて
でも君だけがぼくをわかってくれる
ぼくをわかってくれる
 
2 Years On
作詞・作曲:Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 対訳:Minako Yoshida

イメージ 2

開く コメント(0)

イメージ 1

アメリカなのかヨーロッパなのかのどこか郊外で、可愛い10代の「恋するカップル」見つけた。
ビー・ジーズのバリー・ギブが1984年にリリースしたソロアルバム「ナウ・ヴォイジャー」のA面3曲目。オリビア・ニュートン・ジョンとのデュエットはもう甘くて甘くてとろける様に甘くて最後には跡形もなくなってしまいそう。
誰もがこんな微笑ましい時があったのかも知れない映像に癒されてしまえ!にしても人っ子一人いやしない。

開く コメント(0)

イメージ 1

初期のビー・ジーズのレコードはオーケストラありきだったのでバンドとしてのイメージは弱い。でもこの頃のライブはちゃんとバンドしているのです。ダイハードなビー・ジーズ・ファンの中にも初期の5人組バンド時代が好きな人は多い。ビートルズやストーンズになれなかったのはバンドじゃなかったからかも…。なんて思ったりもする。


君はさっさと逃げた方がいいよ
ぼくの方には努力する理由がない
そうしたのは君だから はっきり言っておく
君には泣くだけの理由がある
 
ゲームセンターのおとぎ話
君はぼくの愛を買い ぼくに代償を払わせた
それが本当のところさ
ぼくに良くしてくれてもよかったのに
 
君を愛して生きてきた
ぼくの方には努力する理由がない
対処しようにも仲直りなんか無理だ
君には泣くだけの理由がある
 
君はさっさと逃げた方がいいよ
君はさっさと逃げた方がいいよ
 
The Earnest Of Being George
作詞・作曲:Barry Robin & Maurice Gibb 歌:Bee Gees 訳詞:Minako Yoshida

イメージ 2

開く コメント(0)

イメージ 1

ビー・ジーズが低迷期だったころのスマッシュヒット。1972年の「マイ・ワールド」と「ラン・トゥ・ミー」と、1973年の「ひとりぼっちの夏」がなぜか好きすぎる。
この2年の間の3曲はビー・ジーズの音楽的な分岐点になったわけでもなく「これってやっぱりビー・ジーズだよね」という曲。特に「ひとりぼっちの夏」はレコード会社にバラードを要求され続けた経緯もあって、ロビンはこの曲について「何も言わないでおくよ」とシニカル。
初期の実験的なアプローチと1975年以降のリズム&ソウルの間で一瞬かがやいた3曲。この時代でしか生まれなかった、時代とリンクした甘酸っぱい3曲を聴きます。



開く コメント(2)

イメージ 1

バリーが書いたストレートなロックナンバー「エヴリー・セコンド・エヴリー・ミニット」。ストリングスが入るからソフトになっていますが個人的にはこういった歌をもっと聴きたかった。ビー・ジーズもレコード会社からバラードばかり要求されて辟易していたと後年発言しています。招待状を出してくれ♪パーティを開くんだ♪駅で待ってるよ!


招待状を出してくれ
パーティを開くんだ
駅で待ってるよ
そうさ レースは始まったばかり
ぼくは君を抱きしめるために生まれた
そう思ってくれないのなら
この際はっきり言っておく
愛してるよ!
毎秒 毎分
毎時間 毎日 毎年ね
 
ふたりで山に登ろう
誰にもぼくを止められない
泉のようにあふれるぼくの愛
君の手をとって見せてあげる
ぼくは君を抱きしめるために生まれた
そう思ってくれないのなら
この際 大きな声ではっきり言っておく
愛してるよ!
毎秒 毎分
毎時間 毎日 毎年ね
 
毎秒 毎分 毎時間
来る日も来る日も 来る年も 来る年もね
 
毎秒 毎分
毎秒 毎分
毎秒 毎分
毎秒 毎分
毎秒 毎分
毎秒 毎分
 
Every Second, Every Minute
作詞・作曲:Barry Gibb 歌:Bee Gees 対訳:Minako Yoshida

イメージ 2

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事