ここから本文です
今日もゆる〜く DX'ing JM1ESG
コンディションは少しずつ春型に…

書庫Elecraft K2

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

海外から荷物が…

昨日、帰宅したら海外から荷物が届いていました。

イメージ 1


ん?
何か頼んでたっけ??
と、差出人を見ても思い出せない。。
怪しいモノ?
とりあえず開けてみるか。

イメージ 2


あっ!
そうか。
やっと判りました。
K2に組み込もうと注文していたCWインジケータ。
もう注文したことすら忘れてました(汗

イメージ 3


しかし、殆どがチップ部品。
眼もだいぶ年老いて(?)きてるし、
半田ごて握る手も震えてしまうし、、
うまくできるのだろうか。

後日組み立てたら製作記にアップします。

この記事に

KNB2

イメージ 1

K2のノイズブランカ基板KNB2を製作。
このくらいの基板でも眼鏡をかけたままでは見えず。
老眼が進んでしまった。。

この記事に

製作再始動!

製作途中(一応送受信機としては使える状態)のK2を
無線から遠ざかっていたこともあり、長い間ほったらかしにしてしまった。。
が、一昨日になって何気なく電源を入れてみた。
まだ粗調整しかしていなかった受信感度を調整しようと思い、
ケースを開け、コアを回していると
当時苦労しながら部品を1個1個半田付けしていたことが
昨日のことのように思い出された。
そういえば…
K2の部品が入っていた箱を押し入れから取り出し開けてみると、
あるある、まだ組んでいないオプションがあるではないか。
今度の休みに組み付けよう!
k2熱復活です。

この記事に

RF基板完成!!

いよいよ製作も佳境に入ってきました。
まぁ、それにしてもRF基板の部品点数の多さには参ります。
それに非常に細かい部品も多く、1日中眼を凝らしながらハンダごて片手に基板と格闘していると
どっと疲れますね。

イメージ 1

                      極小コアにコイルの巻き付け




これまで通りのんびり作ればいいのに、
ここまでくると、早く完成した姿が見たくてついついハンダ付けを急いでしまいます。
先を急ぐあまりまたまたミス発覚!
それでも1点ずつ確認しながらの作業は怠っていませんでしたから、
間違い箇所もすぐに発見できました。

イメージ 2

                      これでRF基板も完成です。



この段階で、160mバンド基板とSSB基板も併せて製作し、RF基板に組み付けました。

イメージ 3

                      160m基板も組み込みました。

イメージ 4

                      SSBユニットもここで。

一応これで完成し、一段落ではありますが、あとオートチューナとノイズブランカ、DSPの組立も
残ってるし、ボチボチ進めますか・・・

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

この記事に

RF基板 Part

RF基板の製作もPart兇貌ってくると取り付ける部品点数もグッと増え、
ちっちゃなトロイダルコアにワイヤーを巻いたりで、
かなり大変になってきます。
部品をひとつハンダ付けする毎に確認し、チェックマークをマニュアルに記していきますので
ミスがあればすぐにわかります。
私も今回ばかりは細かいミスをいくつか犯しましたが、製作を進めながらミスが発見でき、
その場で修正できました。

イメージ 1


Part兇寮什遒完了すると、Part気里箸のように目視、テスタでのチェック後
コントロール、フロントパネル基板と組んでテストを行います。

イメージ 2


ここまでくると、まだ40mバンドだけですが信号を受信できるようになり、少〜し
無線機らしくなってきました。

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事