びん沼へら研 釣り速報用ブログ

びん沼と丸堀のへらぶな&猫、研究所

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全234ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

車のコーティング

今週は釣りはお休み、今日のメインは車の1年コーティング。
とはいえ、2時間で終わるので、まずは与野公園のバラ祭りへ。
知り合いが近所に居るため、車はそこへ置かせてもらって、徒歩5分。
与野公園には10時頃着。

入口でもらったパンフ。
イメージ 1

青/白のテントのトコではバラの即売会、6号鉢で2000円と安い。
イメージ 2

どうやら満開からちょっと経過しているようだが、
それでもたくさん咲いていた。
イメージ 3

他に、ステージではコンサートや出店も…
イメージ 4

また、来年も来よう〜




さて、車の1年コーティングで浮間舟渡まで輸送。
施工完了までの2時間で浮間公園の釣りを見に行く途中、なんと
駅前に「まつのや」ができていた。
キャンペーン中、ワンコインの味噌カツ定にサービス券でミニサラダ追加。
イメージ 5


その辺のGSでもできるが、やっぱり専門の店、専門の設備があるのが
イイと毎年わざわざここまで持ってくる。
整備中のウチの白い機体。
イメージ 6

クリスタルキーパーって、1年間水洗いだけでイイってコーティング。
1年は言い過ぎも、8ヶ月くらいは水洗車機だけで汚れが完全に落ちて
ラクチン、前に乗っていた車の時はシュアラスターのワックスだったが、
半日かかりで、しかも拭き残ったりかなーりメンドクサかったけど、
これは継続コーティングで1年/\17,000なら横着な自分にはイイかなと。

さて、明日も釣りはお休みでムフフな遊びに行ってきます〜
オトナの遊びで先月買ったSCARやM4ってのが活躍してくれるはず。


.....

この記事に

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

5月14日(日) びん沼、吐き出し  12:10〜18:00
天候:晴れ、曇り   気温:東京、16.9〜19.9℃  水温:未計測
釣り方:7尺   棚:天々 
     エサ:両ダンゴ
釣果:9個  

仕掛け:7尺、 1.0-0.5、ウキ:B4.0cm PCトップ
           ハリス短:50cm(バラサ6)、長:60cm(バラサ7)





ダンゴ(1):へらスイミー0.7杯+ペレ匠顆粒0.3杯+水1・・・・3分放置
      天々、マッハ(それぞれ1.5杯)・・・・・・・・1ボウル目
      ※1ボウルは170ccカップ使用

ダンゴ(2):へらスイミー0.7杯+ペレ匠顆粒0.3杯+水1・・・・3分放置
      かるねば(1杯)、マッハ(2杯)・・・・・・・・2、6ボウル目
      ※1ボウルは170ccカップ使用

ダンゴ(3):へらスイミー0.7杯+ペレ匠顆粒0.3杯+水1・・・・3分放置
      軽グル(1杯)、マッハ(2杯)・・・・・・・・3、5ボウル目
      ※1ボウルは170ccカップ使用

ダンゴ(4):へらスイミー0.7杯+ペレ匠顆粒0.3杯+水1・・・・3分放置
      グルダンゴ(1杯)、マッハ(2杯)・・・・・・・・4ボウル目
      ※1ボウルは170ccカップ使用


12:10〜13:10   1ボウル目、1個
13:20〜14:10   2ボウル目、3個
14:20〜15:15   3ボウル目、4個
15:25〜16:15   4ボウル目、釣れず
16:25〜17:20   5ボウル目、1個
17:30〜18:00       6ボウル目、取れず(半ボウル)







前日、クロにはボーノスープ、自分は焼きで反省会。
6皿でガマンできるはずなく、2桁マークだった。
イメージ 1
イメージ 2



腹いっぱい喰って、ゆっくり寝て、起きたら9時過ぎ、朝うどんを喰ってびん沼へ。
砂塚橋下流にセレブNG氏の車があり、そこで知り合いとしばらく情報交換。
オヤブンが11時半頃に吐き出しへ向かうのをみたので、自分も続く。
ゴルフ場橋のトコにオヤブン、自分と、橋を挟んでIN氏と3人並び。

釣り座
イメージ 3


増水していて水面が近いし、少し濁っているか?
なので、竿は昨日と同様7尺を配備、エサは使い勝手イマイチな天々配合で寄せる。
ところが、15分経過くらいからウキが動き、今日は良さそう。
しかも、オヤブンがかるねばだかねばかるを持っていて、IN氏がグルダンゴを
持っているってことで、今日はダンゴのインスペに徹する。

1ボウル目、寄せに半分くらい消耗も、エサが入らないくらいな寄りになると調整で
ちょう手水を打つしかない。
するととたんに入りが良くなり、トメ&ウケが弱くなるし、重いからトップ付け根での
トメからなじみはじめると一気にトップ先端まで入ってしまう。
またボソにしてなんとか1個で弾切れ。
結論として、やはり重くなるのでもっと活性が高くないと向かないっぽい。


2ボウル目、 軽グルの代わりにかるねばを1杯入れたエサ、これかなりヌルっとくる。
また、思ったほどは持たないのか?軽いからか?作り立てをそのまま付けだと
なじみが出ないので、ちょっと手もみで打っていく。
寄りがあるトコからの釣りもあるが、ボソのまま打てるので魚ははしゃぎまくり。
無理やり手もみで入れるせいか?とにかくカラツンがすごい。
かなーり楽しい釣りになり、エサ切れまで3個とこれはアリかな?と思うほど。


3ボウル目、いつもの軽グルのエサで再開すると、やはり使い慣れたエサのせいか?
半分も消費しないで4個取れた。
なじみ幅のコントロールがしやすく、しかもアタリラインもかなり理想になった。
エサ後半から活性が変わったのか?取れなくなり、4個でエサ切れ。


4ボウル目、軽グルの代わりにグルダンゴを入れた配合へ。
これ、ちょっと柔らかくできる気がする。
エサの感じは軽グル配合のタッチをかるねば配合のタッチの中間くらい、混ぜる時に
ちょっとヌルっとした感じがする。
ウキの動きも軽グル配合の標準に近くなったが、カラツンまくりで取れずにエサ切れ。
数字ではかるねばよりダメだったが、感じとしてはイケそうなんだよねぇ。


5ボウル目、グルダンゴの影響なのか?活性なのか?のチェックすべく、また軽グル
配合へ戻す。
やはり魚の活性のようで、ウキの動きが低調になり、良いアタリ、ドケシでもスレばかり
エサ切れまで1個しか取れなかった。
この時点でオヤブンもかなり苦戦していて、活性が変わったのは間違いなさそう。


6ボウル目、時間的には1ボウルは打ち切れないか?と思ったら、オヤブンが半分
インスペするってことでまたまたかるねば配合ダンゴへ。
結局、半ボウルとはいえ1個も取れずで2ボウル目、3ボウル目は活性のピーク時に
当たって取れたのもありそう。


18時ジャスト、まだ30分イケそうだったが、翌日シゴトだし終了。
カウンタは2桁に届かず、9個だった。
今日の吐き出しは予想外に良い動きで、先週とは比べ物にならなかった。
数字こそ先週比1.5倍程度だが、アタリは数倍もらえ、しかも想定ラインでの
カラツンやドケシでかなり楽しかった。
その証拠にハリス損耗も5、6本だったし、スレも喰ったのと同数くらい…
極め付けは正確な数字は聞かなかったがオヤブンとはダブルスコアだったかなと。
これくらい動けば、またやりたい。



.............

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

5月13日(土) びん沼、新河岸川放水路 立堀橋直下南岸  5:00〜9:00
天候:小雨   気温:東京、17.8℃〜上昇中  水温:未計測℃
釣り方:7尺   棚:カッツケ、オモリ〜ウキ間60cmくらい。
         エサ:両ダンゴ
釣果:6個  

仕掛け:7尺     1.0-0.5、ウキ:B4.0cm  パイプトップ
                 ハリス短:30→25cm(アクト6)、長:40→35cm(バラサ6)


ダンゴ:(1)ガッテン(多め2杯)+マッハ(多め2杯)+水1杯・・・・1、3、5ボウル目
        ※1杯は120ccカップ使用

ダンゴ:(2)浅棚1本(3杯)+マッハ(2杯)+水1杯・・・・2ボウル目
        ※1杯は120ccカップ使用

ダンゴ:(3)ガッテン(3杯)+マッハ(1杯)+水1杯・・・・4ボウル目
        ※1杯は120ccカップ使用





天気予報が一日降りって予報、雨なら・・・橋直下でしょう。
なので放水路の立堀橋へ久しぶりに行ってみた。
現着時はまだだれも居ない、とりあえず南岸に場所を抑えたが、風が気になる。
東風が結構強く感じ、水面は川下から上流へ向けてかなり流れている。
これじゃあ雨がかなり吹き込むかなぁ?風避けるなら吐き出しか?と悩んで40分、
北岸に早朝の鬼、NK氏が来たので自分もやることに。
悩んでいたからカップラーメンも喰わず配置、雨を考えて橋の左端に釣台をセット、
しかしこれがあとで風が逆になり大ハマりだった。

釣り座、撤収前撮影も周囲は濡れていない
イメージ 1


真冬で7尺、こんな春も終わりごろなので問題なく7尺を配置、デフォはパイプウキ、
エサはガッテンベースの両ダンゴでハリスも長めの30-40cm、棚カッツケ。
エサ打ち1ボウル目、多少トメっぽいがあるが、合わせるアタリ無し。

2ボウル目、こんなにアタリがないんじゃ、不良債権処理で、いつ開封したかも
解らない浅棚一本があり、これをベースに再開。
しかし、このボウルもヤマベのアタリだけで釣れず、喜ぶのは後ろのネコだけ。

3ボウル目、サワリがあるが正体不明、棚を徐々に深くしてみるとオモリ〜ウキ間
60cmのところでカラツンがもらえ、ヤマベの後に30cmくらいのコイが掛かった。
後ろのネコ'Sが五月蝿くてしょうがない、どうやらなんとしても取り込めって言ってる。
やっとの思いで収容し、ネコ'sに献上、シロ茶が「でかした!Good Job!」って。
帰りまでに3ネコで食べてウロコ数枚しか残っていなかった。

ここでNK氏が撤収、情報を貰うと8尺、セットで小型まじりで9個取れたと。
どうやら待たないとアタリにならないと判断、4ボウル目はエサを持たせる
方向へ変更する。
自分は練って持たせる調整がニガテなため、ガッテンの量を増やして対応とし
3の配合のエサを作成。
これをさらに丁寧付けで打つとどっぷりなじんで、しばらくしてからサワリが出る。
このエサをさらにトップの上りが遅くなるようちょい手もみしてかなり小さく付けて
打っていくとアタリになり、あっさりデコ抜け。
そこから徐々に回転を上げようとするもエサを持たない方向にするととたんに
合わせるアタリが消える。
それでも回転を上げたせいか?棚が上がりオモリ〜ウキ間30cmラインで取れた。
Nk氏が撤収してからなので8時前にデコ抜け、8時半のエサ切れまで5個取れた。
この時点で帰ろうと思ったが、ふと、エサを戻したらどうなるか?だけ検証しようと
また1配合のエサを半ボウルだけ作成した。
結果は予想通りで、抜けの早いエサではアタリになってもスレで取れず。
かなり練って持たせたエサで1個取れたので、今日の地合いはお待ちかなと。
9時にエサ切れ、ちょうど雨も小やみでパラソルも乾いていたので撤収とした。


予想としては、エサ打ち10分で釣れ出し、2、3ボウルで定数の20個・・・なんて
甘い考えをしていたが、とんでもなかった。
NK氏のようなセットが釣り易いような、喰い渋り&寄りの薄さだった。
ちょうどハタキの後の一服なのか?真冬より釣れないっていったい?





1個目、これが最小サイズで、他は9寸から尺くらいだった
イメージ 2



コイとヤマベ喰ったあと、健康のためにカリカリをくれって、シロ茶
イメージ 3



・・・・

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

5月7日(日) びん沼、吐き出し  12:40〜17:35
天候:晴れ、曇り   気温:東京、18.5〜23.2℃  水温:未計測
釣り方:8尺   棚:天々 
     エサ:両ダンゴ
釣果:6個  

仕掛け:8尺 1.0-0.5、ウキ:B5.1cm PCトップ
           ハリス短:50cm(バラサ6)、長:60cm(バラサ7)




ダンゴ(1):へらスイミー0.7杯+ペレ匠顆粒0.3杯+水1・・・・3分放置
      天々、マッハ(それぞれ1.5杯)・・・・・・・・1、3、5ボウル目
      ※1ボウルは170ccカップ使用

ダンゴ(2):へらスイミー0.7杯+ペレ匠顆粒0.3杯+水1・・・・3分放置
      軽グル(1杯)、マッハ(2杯)・・・・・・・・2、4ボウル目
      ※1ボウルは170ccカップ使用






12:40〜13:35   1ボウル目、1個
13:45〜14:50   2ボウル目、釣れず
15:00〜16:05   3ボウル目、2個
16:15〜17:10   4ボウル目、3個
17:15〜17:35   5ボウル目、取れず、遠雷でエサ7割投棄




連休最終日はゆっくり寝て…久しぶりに10時間くらい寝た。
所用を済ませてオヤブンと吐き出しで合流、ゴルフ場橋のちょい上にオヤブンと並ぶ。

釣り座
イメージ 1



前回は10尺が一番、イイ感じで今日も似たような天気なのでそうしようかなと。
オヤブンは数投して、竿は8尺でイケそうな動きだってコトで8尺のいつもの釣り。
エサは軽グルをシバタ以外で買うと高いので天々を買ってみて、今日は軽グル配合と
どう違うかの検証がメイン。
なので、エサは1ボウルごとに配合を変えて打った。
エサ打ち開始、いきなり上流へ向けての流れ、どうやら田んぼへポンプで水を
引いているので増水せずに上流へ流れるようだ。
エサ打ち15分くらい、なじみが浅いのでエサをちょっといじりながら沈没するまで
ちょっとずつ練っていく。
こんなもんか?って感じになったとこで止まったウキがカチっと落としてデコ抜け。
状況は4日からあんまり変わってないようで、そこからアタリは続くわけなくエサ切れ。

2ボウル目、軽グルでやったらアタリ自体はかなり多くなったが、1個も取れずに弾切れ。
まあ、1ボウル目も1個だからそれほど大きな差があるってわけじゃないかなと。

3ボウル目、また天々配合にしてみる。
やはりエサは軽グルの方がイイかなぁ?と思っていたらエサ切れちょい前に取れた。
16時前だったので、単純に夕方チャンスじゃあないかなと。
4ボウル目、夕方チャンスらしく、軽グルのエサに変更もウキの動きはまあまあに。
合わせるアタリもかなりもらえるようになり、今日のベストといってもわずか3個で
一番の数字。

5ボウル目、夕方チャンスに天々配合でどうか?をエサを作成、再開ちょっとして遠雷。
どうも遠雷や雨を気にしているせいか?アタリが消えてしまった。
17:35オヤブンが「撤退すべき」ってコトでエサを投棄してかたずけにかかる。
かたずけ途中にアメミルから雨雲接近警報、ほぼかたずけ終わって母艦へ装備収容
ってところで雨が着弾、スノコがちょい濡れで実害無くセーフ。
車に乗ってわずか1、2分ですっごい夕立みたいな大雨直撃。



結果、何より強烈な雨をかわせたのが一番(笑)
釣果は6個とまたまた大ケガも、終始上流流れでの釣りを考慮すればこんなもん?
16時頃からの1ボウルはまあまあアタリがもらえたので前回よりは楽しかったかな?
エサについては、軽グルの方が厚を掛けた際の指へのプニ感が強く、天々はサラっと
した感じだったような?あとは、天々の方がちょっと重めかなぁ?
軽グルは浅棚と天々、どちらでも使うのでやはりまとめ買いで軽グルかなと。
もう1種はグルダンゴも気になったけど、びん沼近くの店では売り切れだったし。





.............

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

GW会合〜

GW中、毎日釣りじゃあ変わり映えしない…
今年もハワイ好き知り合いの集まりが宇佐美別荘であり、お邪魔して
撃ち放題、じゃなかったほぼ食べ放題、飲み放題を楽しんできた。
朝はびん沼時間としては遅めの4時頃出撃、いつもは圏央道から東名、小田原厚木
ってコースだが、気ままな単独航行なので海を見ながらと圏央道を寒川方向へ
突き抜け、湘南海岸沿いを巡航した。

途中、5:45頃西湘SAで、すぐ裏で釣りをしていた。
イメージ 1

伊豆多賀?網代?辺りで臨時駐車場って看板を見かけて、ちょっと寄ってみた。
朝7時頃にもかかわらず、多数の車があり、テトラ上で釣りしている人も。
イメージ 2


腹減ったので宇佐美駅を通過し伊東方面へ。
キンメダイ?が有名なようだが、朝食は何にしよう…
あ、吉野家でモーニングタイムはハムエッグ定食なんてのを…
イメージ 3

牛丼、並で(爆)
イメージ 4

それにしても、7時半頃でほぼ満席、家族連れもたくさんだった。
隣のイレブンでコーヒーを補給、やることないしみんな寝てそうだけど
現場へ向かうことに。


8時前、現着したけど、その場からもうすぐ着きますメールを…
間を空けずにドアをノックすると"ガバメント"を持った人がお出迎えだよ(笑)
ベランダからの眺望、ワンドには赤潮があった。
イメージ 5

昼過ぎ駅へ迎えにいくついでに、ワンドへ接近した際、赤潮は凄かった
イメージ 6


とりあえず、搭載装備を降ろしてコーヒー一服。
ハワイじゃないのが残念、エモノはみんなエアガン。
他にハンドガン系はその辺に散乱状態(笑)
イメージ 7


ゆったりまったり、お昼に駅までさらなるゲストを迎えに行き、
午後には全員集合。
早めにBBQをやろうということになり、明るいうちからお肉〜♪
キャンプでは自分がメインでイロイロやるが、ココではおんぶにだっこ。
いかんせん、かやくを入れて、お湯入れて3分のクッキングか、
買ったものを網で焼くしか能がないからね。
主催eパパ氏のクックテクは凄く、みんなオイシクいただきました!
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

最初に焼いたサザエさん、なんとなくかわいそうだった、自分には喰えん…
イメージ 11


そして、この方々はのむ、飲む、呑む…
焼きながらビールとハイボール?酎ハイが流し台に流すように…
それにしても、ジョエルロブション、行きたい〜!
イメージ 12
イメージ 13

ウチにあったバローロを持って行ったがあっさりクリア、ウチじゃあ
変化するまでに飲み切らんだろうからね。
イメージ 14

今回も嬉しい誤算、こんな季節でも焚火だ!!!
しかも室内にあるので全天候型だよ!!!
イメージ 15


夜のうちに撤退のつもりだったけど、楽しい話題が尽きず、みなさん
ヒマさえあれば海外へ行っていて、ローカルなハナシが楽しい。
自分はハワイとベガスと上海だけ、しかもやっと両手両足回くらいしか
行ったことないけどアノ人たち、密輸業者もビックリだろうってほど
イロイロと行っている、日本で住民税払ってるほバカらしいんじゃ?
そんなこんなで、気が付けば日付が変わっていた。
うーん、予定変更、ちょっと寝てから帰ることにしてマット借用で即オチ。
びん沼時間の3時頃に目が覚めたけど、ちょっとウトウトとして4時前には
こっそり撤収。
帰りもいつもと違うコース取りにしようと、東名から環八経由での
コースを選択、時間的に混まないだろうと思ったが、ギリギリって感じだった。

有名なのにあまり縁のない「蛯名SA」に寄ってみた。
5時半前にもかかわらず、2Fのレストラン?は営業していた。
イメージ 16

イメージ 17

喰ったら眠くなるから心をオニにしてガマン(笑)
コーヒー補給だけ。
そうそう、この蛯名SAから本線へ合流直前、「東京」って書いた
段ボールを持ったラテン系の若い男性が…
ヒマだし載せてあげても良かったんだけど、もっと手前じゃないと
危なくて止まれないよ〜!



早々に帰還、オミヤゲのうちの大物、いつ開けるか?
イメージ 18




オヤブンからのコールがあったらびん沼!と思いながら装備を
かたずけして、ウトウト。
クロと仕掛けを作ったり、まったりで気が付けば昼過ぎ。
さて、明日は連休最終日なのでゆっくり起き、午後半びん沼予定だけど
どこでやるのがイイのかなぁ?



※みんさん、お世話になりました〜
 また、宜しくお願い致します!


...

この記事に

開く コメント(21)

開く トラックバック(0)

全234ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事