ここから本文です
そこそこ近所に住んでいる局員が、備後落合のいまの様子をお伝えします。

書庫全体表示

記事検索
検索

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018年1月11日、JR西日本は木次線、出雲横田〜備後落合の「当分の間の運休」を発表しました。

2018/1/19 JR西日本運行情報より↓

07時00分更新
木次線:出雲横田駅〜備後落合駅間では、大雪により、除雪作業や複数箇所での倒木の撤去作業、線路点検に時間を要しているため、当分の間、列車の運転を取り止めます。
なお、運転を取り止める区間は代行輸送を行います。

※同区間の運転再開時期については、別途お知らせいたします。
※天候や道路事情等により、代行輸送を実施できない場合がございます。

影響線区

木次線出雲横田 から 備後落合 まで 運転見合わせ

↑運行情報ここまで↑

例年と同じ内容ですと、出雲横田〜備後落合の区間で、朝便・夕便は代行タクシーが、昼便は代行バスが運転されます。
運転手さんも雪道の運転とかで神経をつかうお仕事になりますので、切符をご用意されてのご利用をお願いします。
(「代行バス」では車掌から乗車券の購入が可能です)

イメージ 1

備後落合を訪問された方から、代行バスの写真をいただきました。
昨年のバスとは違う車両が来ているようです…。
車いす対応の路線バス車両ですね。100人乗っても大丈夫!(かな)

駅前の狭い所で転回をしますので、バスの時間帯の車両の駐車は御遠慮くださいますようにお願いします。

イメージ 2

備後落合の待合室には、運休の案内の掲示がありました。
計画運休の期間は1/12〜ということになります。
大雪などによる線路災害がなく、無事に春を迎えまして、運行再開できますように心待ちにしています。

写真の提供を頂きまして、ありがとうございます。
代行バスの待つ雪の備後落合へ、どうぞお越しください。

この記事に

開くトラックバック(0)

2018年2月11日、木次線の魅力発表会が開催されます。
木次線開業80周年記念事業実行委員会の主催で、沿線自治体や観光協会やJR西日本も共催・後援をしている、沿線一体となってのイベントです。
沿線で様々な活動をしている方の発表もありまして、備後落合ガイド駅長の永橋さんも参加されるそうです。
備後落合訪問証明の事も触れてもらえると思います!

以下、開催案内から抜粋

〉2/11 予告 木次線の魅力発表会
ちょっと気が早いですが、2月11日(日)PM(13:30〜16:00)に、チェリヴァホールを会場に、「木次線の魅力 発表会」を開催します。

この発表会は、沿線の皆さんと共に取り組んできた活動の発表に合わせ、木次線の持つ魅力を今後どのように未来につなげていくのかを議論していきます。

詳しい内容やタイムスケジュールなどは追ってお知らせします。みなさんぜひお越しください。

抜粋ここまで。

イメージ 1

13:30からの開始ということです。
チェリヴァホールは木次駅前にあります。

備後落合 9:20→出雲横田10:28→木次11:27
木次  16:43→出雲横田17:42

松江→高速木次→広島 高速バス

列車のダイヤも載せておきますので、出来れば列車でお越しください。
車でお越しの方は、雪道になるかと思いますのでお気をつけてお越しください。
高速バス利用の方は、高速木次バス停までタクシーの予約が良いかと思います。

木次線、中国地方のローカル線、全国のローカル線の活性化に思いのあります、皆様の多数のご参加をお願いしたいと思います。
鉄道がある楽しい地域を目指して、皆様のご協力をお願いします。
(もちろん、沿線の地域の人もがんばっていきます)

この記事に

開くトラックバック(0)

2017年12月25日
備後落合駅で、ボッチクリスマス会を開催しました。

イメージ 1


鉄道ファン「秘境」のイブ 幌延の糠南駅 50人、ケーキ食べ祝う
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/153308

北海道では、無人駅の糠南駅に50人だかの人が集まったそうです。



夕方、18時過ぎの備後落合駅。
夕方の木次線から芸備線新見方面の乗り継ぎの人、18:46着の三次発の列車から新見方面の乗り継ぎの人、そんな人が居たらすごいなあとの思いはあったのですが、冬休み直前ということもあって、地元の学生さんの利用もありませんでした。

ホットケーキとコーラ、お楽しみ会のようなクリスマス会をして、訪問証明を120枚くらい設置しました。

お正月休みも、どうぞ備後落合へ遊びに来て下さい。
備後落合ボランティアガイドさんも、出来るだけ駅に来てくれるそうですので。

この記事に

開くトラックバック(0)

2018年1-2月の芸備線臨時列車8354D&8357Dの運転日のご案内です。

↓以下、芸備線各駅掲示の案内より↓

イメージ 1


1/6,9,20,26,29-31 
2/1,2,5-9,16,26-28

福塩線列車については、写真を参照ください。
雪の備後落合へどうぞ遊びにお越しください。

この記事に

開くトラックバック(0)

2017年12月16日
三次のSL保存会さんが、三江線口羽駅早朝マルシェの臨時出店をするとの事でしたので、少しばかりですがお手伝いに行ってきました。

参考ツイッター
三次SL保存会の中の人。

参考ニュース記事
三江線が走る町から
山陰の鉄路を考える/6 口羽駅、停車時間にマルシェ 開業の功労者、碑前で紹介 /島根

【記事要約】
・早朝の三江線口羽駅で、列車の時間調整での停車待ちの時間にあわせて「口羽駅マルシェ」が開かれている
・廃線の決まった三江線を訪れる多くの人に、口羽駅を記憶にとどめて欲しい思い
・駅前の三江線全通記念碑と、尽力された人の頌徳碑も見てほしい

----------

現在のダイヤでは下記の通りになります。
三次5:38→口羽6:35〜7:03→江津9:31
浜原5:56→口羽6:35〜6:37→三次7:35
江津行きの列車のお客さんに、記念品や軽食を販売しようというものです。

イメージ 1

マルシェはいろんな団体の方が出店されてますので、販売品目は異なります。
今回は飲み物、カップ麺、寿司弁当、記念品などの販売がありました。

三江線関連書籍やグッズを販売する方も見えまして、駅前がほんのり賑やかな感じです。
江津行きのお客さんも、1両の列車に30人くらいいまして、皆様駅前に来てくれました。

イメージ 2

ツイッターの投稿に動画を貼りました。

江津・浜田行きの列車を見送りしまして、マルシェは撤収。
皆様どうもお疲れさまでした!

イメージ 3

今回、局員は「口羽駅訪問証明書」などを作ってきましたので、駅の待合室にありました観光協会さんの設置の駅ノートに50枚ばかりですが差し込みして来ました。

付近の住民の方が、駅舎やトイレの清掃をしてくれていました。
旅行の利用者が見えない、気づかない所で、鉄道を支えてくれる地域の人がいます。

イメージ 4

口羽駅、8:23発の三次行きの列車を待っていましたら、構内放送で「本日は3両編成、最後部の車両はドアが開きません」との事でした。
三次で折り返し10:02の石見川本行きになる列車で、この列車が時に乗れない位の大混雑をするそうなので、3両に増結になったようです。

普段は1両、多客期でも2両の三江線ですので、3両編成は大迫力です。
運転席の多さもまた、ローカル線ぽくて良いですね。

イメージ 5


局員はそれほど列車の写真を撮影する事には拘りとか関心がありませんので、国道を走ってカヌー公園まで先回り。
スマホで撮った1枚なのですが、堂々の3両編成はやはり「列車感」ありますね。

折り返しの列車の混雑も随分と緩和されまして、三江線の楽しい旅行が出来るようになりました。

残り3か月となった三江線、沿線の方も鉄道会社の方も、楽しい旅行をしてもらえるように一生懸命に活動されています。
どうぞ最後まで、そして鉄道が無くなってしまってからも、沿線でよい思い出をつくって楽しい旅をなさってください。








この記事に

開くトラックバック(0)

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事