全体表示

[ リスト ]

 私の映画の評価の仕方は鑑賞直後はたいてい好きになるけど、時間が経って他の映画や、
世の中の動向などによる記憶の更新で、決定される形。だからまだ一回の『この世界の片隅に』は、
凄いと今でも評価し、『君の名は』は『タッチ』の直系の青春アニメとして素晴らしいと認識。一方、
『シン・ゴジラ』は変態は面白いと思うものの、愚民でもいいから大衆を描くべきとだった思っていて。

 尤も押井版の二本のパト映画も権力側の人間が主人公だったと思う。しかしパト1は第二小隊という、
警察のはみ出し者が活躍する話だから庶民の私は楽しめたし、パト2は権力機構の内ゲバなので、
国家権力は疑う対象と考える私の好み。しかし『シン・ゴジラ』は、ゴジラとずっと付き合うという、
終わり方に同意するものの、私だったらもっと「まぐれで勝った」ことを強調した筈。

 さて新訳Ζですが、実は評価が難しい映画であり。厳しい評価になることと評論自体が難しいの、
二つの意味が存在し。鑑賞直後は、テレビ版の放送前にシャアが出ると知って面白がったように、
穏やかなカミーユとエゥーゴの面々に楽しく観れたと記憶。しかし「列島震災」を挟む十二年の月日で、
改めて宣伝したい三部作かと問われると、『タッチ』の映画三部作と同程度という評価。

 作劇で頑張ったし元々の作風を取り入れようとする気概に敬意を表するが、肝心の主題の抽出に、
失敗したと考える。映画『タッチ』は二本目で「和也を越える」が達成されたことが「失敗」で、Ζは、
「混迷の時代の乗り越え方/克服の仕方」が主題で、テレビでは最悪を物語ったと私は理解。ならば、
映画ではやはりシャアとアムロは「人間」と理解したカミーユは、先輩とは違う人類の認識が必要では?

 簡単に言えばF91でも示された「世代を継承/次に期待」では、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』と、
殆ど同じ終わり方。しかし最大の難点と今考えるのは「劇場での三文芝居」と考えられ。推察するに、
当時の富野の出資者への当てつけ。テレビシリーズの激論(『朝まで生テレビ!』初回は一年後)は、
深夜での再放送の(VHS)録画視聴で面白く観た覚え。

 しかし「星の鼓動は愛」でのカミーユの颯爽とした登場に、私は今さら疑問を持つ。単純に言えば、
はったりでもシロッコやハマーンと対峙できるか疑問ということ。所詮モビルスーツ乗りというのが、
三作観た後の私の認識だから。私なら「恋人たち」で自分の名前に関してフォウに語ったように、
シロッコにはギレンの真似、ハマーンにはジオンは一年戦争で負けたと宣告させる。

 宣告の前にフォウやサラの悲劇を語れば、特にサラに関してはシロッコは多少は動揺すると想像を。
しかも政治家の商売道具は言葉なので、「Ζガンダムのカミーユ」として恐れられ、優秀な兵士として、
敬意を表されるとしても所詮一兵卒からの鋭い批判に、シロッコは怯むと思うのですね。そう、
自分の政治思想がぼやけてる、曖昧、空虚と明かされるので、当該の場面でシロッコは実質死ぬ。

 ならば各々モビルスーツに戻った後の立ち合いでΖガンダムがジ・О(オー)に止めを刺すのに、
観客は納得させられると思うのですよ。


[3934z gundam.txt]

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

一パイロットを政治の話に絡ませることが間違いだし、政治家をMSに乗せるのも間違いだったと思っています。初代だとギレンもキシリアもMSに乗りませんよね。政治家からヒロインまで誰も彼もMSに乗せてしまうところが『Ζ』のビョーキのひとつだと思っています。 削除

2017/5/12(金) 午後 7:54 [ shiwasu5 ] 返信する

顔アイコン

> shiwasu5さん 前略 「貴blogのコメント欄を読んで、触発」の弁、誠に有り難うございます。私が「ビョーキ」と捉え損なってΖの前提と認識したのを後付けで考えると、一兵卒(たち)からの「一言言わせろ!」をもっともだと理解していたから。
「モビルスーツ同士で戦わせやがって」と政治家や軍需産業を非難する生き残りが、「今度は戦争自体の主導権を握ってやる!」と息まいたのがデラーズ紛争からの宇宙世紀の戦争と理解でき。日本の戦国時代も似たようなものと思うので、テレビシリーズのΖが表現しようとした「混沌」自体は私は今でも評価。草々

2017/5/12(金) 午後 9:32 [ 大塩高志 ] 返信する

顔アイコン

カミーユとシャア、アムロの関係性としては名作「永遠のフォウ」の冒頭部分が表しているというのが自分の感想ですね。

カミーユについては『ゴッドファーザー』においてアル・パチーノが演じたマイケル・コルレオーネに通じる物があると思ってる自分としても惜しいと思ってますが。 削除

2017/5/16(火) 午前 11:24 [ JIN ] 返信する

顔アイコン

> JINさん 前略 早速冒頭だけ視聴しましたが、関係性というよりカミーユとシャアの相互に慮ったゆえの相互不信と理解しました。
マイケル・コルレオーネに関してはWikipediaで最低限の知識を得て私見を述べると、カミーユよりもクェスが近しいと考える。カミーユは根は優しいと思っているので。優しい人だから「大きな星が、ついたり消えたりしている」と言う結末になったと思うのですね。草々

2017/5/17(水) 午後 6:08 [ 大塩高志 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事