美容鍼灸師 KOZUE

美容鍼灸師/エステティシャン・中医学セラピスト折橋梢恵のBlogです。

全体表示

[ リスト ]

こんにちは。
美容鍼灸師Kozueです。

日本ブログ村クリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



先週の土曜、日曜とセイリンさん主催の全国ツアー「美容鍼灸のためのセイリンJSP安全刺鍼セミナー」の5カ所目の会場、大阪へ行ってきました。

東京に比べ、蒸し暑いと聞いていましたが、到着した金曜の夕方にゲリラ豪雨に合い、少し涼しかったように感じましたが、土曜日はかなり暑かったです。



今年の会場は、昨年新しく引越された大阪営業所のセミナールームを使用させて頂きました。
新大阪駅のすぐ傍にある第一生命ビルの12階にあり、とても綺麗な会場でした。

今回の参加者は、地元の大阪はもちろん、四国方面や北陸の方もいらっしゃり、遠方からの参加者も目立ちました。
土曜日は、午前中に講演とデモンストレーションを終え、午後から実技中心の内容に移りました。


イメージ 1



また今回は、学生さんの参加が無く、鍼灸師の方々ばかりだったのですが、柔道整復師の資格を持たれた方も少なくなく、今後実費治療に力を入れ、美容鍼灸の導入をお考えの方もいらしたようです。

実技では、いつも通り、背部兪穴の刺鍼から行ったのですが、的確にツボを捉え、手際よく刺鍼をされている先生方も多く、普段から鍼灸治療を熱心に行っていらっしゃる様子が伺えました。


イメージ 2


イメージ 3



そして、今回も受講者それぞれに私が実際に鍼を打って、押手の圧の入れ方やツボの捉え方、顔面部の触り方などを感じて頂いたのですが、想像以上に押手の軽さに驚いていらっしゃいました。

顔面部においては、目や鼻、口などの五感が集まっており、とても敏感なところです。
身体を触る以上に優しく丁寧に触れることが大切で、押手の圧も重過ぎず、しかし軽すぎれば、切皮通を与えてしまうとても難しいところでもあります。
また押手は、体のように小指球や拇指球を当てることができないため、中指や薬指などを上手く使って安定した押手を作る必要があります。

イメージ 4




皆さん、苦労されていましたが、その大切さも理解して下さったようです。

また懇親会は、2名の受講者とセイリンさん、助手の竹口先生の6名でしたが、内容の濃いお話もでき、とても有意義なお時間を過ごすことができました。

そして、最終日の今日は、恒例の技術チェックを最後に行い、皆さん無事に修了証をお渡しすることができました。
書籍にもサインをさせて頂き、和やかな雰囲気の中、セミナーを無事に終えることができ、本当に良かったです。

この度の大阪会場では担当の下野さんをはじめ、大阪営業所所長の寺田さん、昨年の全国ツアーを担当して下さった今村さんにもお手伝いを頂き滞りなくセミナーを進めることができました。
またこの度、助手を務めてくれた美真会大阪支部長の竹口公雄先生のサポートのお蔭で、受講者には丁寧に指導できたのではないかと感じています。
ご協力頂きました皆様方には心より感謝しております。


イメージ 5




イメージ 6



次回の全国ツアーは、6会場目の東京です。
皆さんに満足して頂けるようなセミナーにしていきたいと思います。







美容総合部門1位を目指してブログを更新中です。ご協力お願いします。

日本ブログ村クリックはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事