BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々

ジャズを愛し、人生を楽しむ人たちへ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

 2日目は朝9時過ぎからいよいよ白神を目指して出発です。彼女のお父さんの車(4WD)に彼女と彼女の弟くんもいっしょに乗りまして4人で向かいます。昨晩は夜に着いたので周りの景色はまったくわかりませんでしたが、これが家の近所の景色だけでもう圧倒される素晴らしさでありまして、色濃い山々と稲穂が輝く田んぼ、そして合間を流れている川、ここだけで十分なぐらいなのであります。

 そんな景色がずっと続く中、車は一時間以上かけて山の奥へと入っていくわけですが、世界遺産の白神山地とは12万ヘクタールという広大な地域をさしまして、約青森に四分の三、秋田に四分の一と広がっております。ブナ林はかなりデリケートだということをお父さんの話で知るわけですが、そういう理由もあって一般の人が入れる場所は限られており、いくつかある秋田側のブナ林散策ルートの中で今回は藤里町エリアの「岳岱(だけだい)自然教育林」を案内していただきました。

 さて、ここにたどり着くまで簡単に行くことができると思っていましたが、これがなかなかな道でして山の奥に進むにつれて道幅は狭くなり人が住んでいる集落はなくなり途中からは舗装道もなくなり林道になります。途中まではガードレールがあり、これが景観を損なわないように全部茶色になってましていい配慮だと感心しました。いくつも沢を渡りいよいよガードレールがなくなり車一台やっと通れる道に。一歩間違えれば谷に落ちる道を4WDはゆっくり上っていくわけで、これはスリルありますです。

 やっと到着するとそこは奥深い山の中なのに、ちゃんと遊歩道が整備してある「岳岱自然教育林」という場所。毎年毎年雪で道が崩れたり木がふさいだりするのを春先にちゃんと整備しているとのことで、そのおかげでこうして散策できるのかと思うとありがたいことだなと思います。そして、ここは歩く道ができていて約1時間ちょっとで一周できますが、勝手に道以外の林を歩くことはできません。なぜなら、お父さんによるとブナの根は地表に沿って伸びておりそれを踏みつけることでブナを枯らしてしまうらしいです。そしてブナ林というのはものすごい時間がかかってできているということ。背丈30センチぐらいのひょろっとした子供で6年ぐらいかかっている!ですので普通サイズのブナになるのにも40〜60年ぐらいかかっているわけで、それを理解して林に身をおくと自分が暮らしている時間とは別の時間が太古から流れているのをひしひし感じるのです。こういうことが感動と言ってよいのではないか。そこらの安売りの感動ではないものがじわっと自分に広がっていくのです。とても素敵な体験であります。

 ここでは長くなって書くことができないですが貴重な話をたくさん彼女のお父さんから伺いまして、こういうことをライフワークになさっていることにも頭が下がり素敵なことだと思いました。散策の途中、谷を見下ろす場所でおにぎりで昼食、これまた素晴らしい場所であるお婆さんをガイドしたらここで死にたいから帰りたくないと言ったらしいです。わかりますねえ、その気持ち。世俗で起きていることなんてなんてくだらないことばかりなんだろうってほんとこういう場所にいると思いますからね。

 うっとりするぐらいの時間を過ごし、最後にこの林の中でも特に長生きのシンボル的存在である樹齢約400年のブナにご挨拶に。これは守り神のように悠然と立っていまして、厳かな雰囲気すら漂わせていました。都会にいると文字で読むしか理解できないのですが霊験的神秘的場所とはこういうところなんだとあらためて思いました。

 岳岱をあとにして、お父さんに山の上まで車で行っていただき落石で道が塞がれて通れない場所まで案内していただきました。山には明らかに熊がたくさんいそうです。ここで放って帰られたら僕は生きて帰れないのでおとなしくしておりました。そして、山の麓までもどりそこにあるまたまたマイナスイオン大量放出の素敵な「峨瓏滝(がろうたき)」で一服。それから近くの公共温泉で汗を流して帰りました。その日の夜は皆様で大宴会。地酒と山菜ときのことやまめ、かじかのから揚げなどで夢のような一日は終わっていくのでありました。

翌日に続く

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いや〜、すばらしい所ですな。写真を見ているだけでマイナスイオンを感じちゃいます! それにしても読んでいるだけで、現地が想像できる巧みな文章。さすがです!! 明日が楽しみ!!! でも・・・・・ナガッ!!!!(^_^) 削除

2005/9/1(木) 午後 3:56 [ N ] 返信する

顔アイコン

明日も書きます。長いよー。覚悟してね!

2005/9/1(木) 午後 4:19 bis*or*te*su 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事