ここから本文です
すべての暗号通貨(仮想通貨)ファンへ捧ぐ

書庫全体表示

石川トヨタ金沢中央店で、暗号通貨(仮想通貨)のビットコイン、ネム(XEM)、モナーコインでの決済を試験的に導入が決定しました。

MLAビットクラブネットワークのマイニング報酬で、レクサス新車をビットコイン決済で購入してみませんか。


トヨタはイーサリアムと他アルトコインにも対応


ビットコインは暗号通貨の基軸通貨なので、先日ビットコインの崩壊により、ほとんどのアルトコインも一緒に落ちました。

しかし、ネム(NEM/XEM)は波紋のようにかなり良くなっているので、シェアを増やす触媒になるでしょう。


仮想通貨ネム(NEM/XEM)はリップル並みに支払い向き


今回はトヨタでのNEM(NEM / XEM)の実際の店舗決済が世界初の対応となりましたが、決済システムに強いです。

現段階では、暗号通貨(仮想通貨)イーサネットのシステムを使って研究する必要があるだけであることを発表しましたが、どちらの場合でもビットコインだけでなく、決済システムと支払いのためのEthicaliumも使用できます。

通貨コインを内蔵したシステムSegWitは、トランザクションを円滑に進めるシステムです。
ブロックのサイズも縮小され、署名領域が変更され、履歴が残されるため、暗号通貨(仮想通貨)の信頼性を損なうことはありません。

モナーコインは世界初のSegWit互換の暗号通貨(仮想通貨)なので、決済システムとの互換性は信じられないほど高いです。

モナーコインも日本で作られており、トヨタのイメージと重なります。


MLAビットクラブのマイニング報酬で新車レクサスを買える


MLAビットクラブネットワークでは、暗号化通貨(仮想通貨)のマイニングを継続しています。

MLAビットクラブネットワークのメンバーになると、暗号化通貨(仮想通貨)を掘るためのマシンに投資し、毎日マイニングの利益を得ることができます。

また、これらの報酬をウォレットやデビットカード、プリペイドカードに移行して、毎日のショッピングができます。

大手自動車会社であるトヨタでさえ、今では新車レクサスをビットコインで購入する時が来ています。

中古車店でもビットコイン決済に対応できる店舗数も増えていますが、レクサスを正規店で購入できるのは夢のようです。

マイニングの利益を含めて、私は明るい未来を楽しみにしています。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事