YESのやっさんのブログ

ホンダとスズキの船外機のお店をやっております。

海坊主

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

お嬢様9人、武士一人?

実は去年もご予約頂いてたのですが
見事に台風に当たって中止させて頂きました。

そのリベンジだったのですが、朝から曇ってたのに見事な天気になりました。

はるばる関東からのお客様もいらして
1日おまかせで貸し切り定員10人ピッタリ!
頑張らねば!

安曇川を出向して白鬚神社に向かいます。
風が気持ちいいです。
しばらくご歓談・・・
イメージ 1

白鬚神社を海側から見ると2重に鳥居が重なります・・
イメージ 2

ここをくぐれる遊覧接はごく僅かです((笑)

これから沖の白石に向かいますと言ったところで
いきなりエンジン付近からボ〜〜〜〜♫って、何事?

お一人だけ男性で”武士なのです”という方が
ホラガイを一発!そりゃ〜ビックリしまっせ!

そして、
濡れても良い方はバナナボートいかがでしょうか?と言ったところ
全員水着来てます!っという事でした。ほほ〜〜〜〜!
いや・・別に変な意味じゃなくて・・分かってらっしゃる!
その気持が大切なのです!
イメージ 3

最後に武士の方が乗られたんですが
なんとフンドシ!英語で言うとメンズ紐ティー?
上がってきた姿が・・・丸出し!前には女性が乗られてたんですけど・・
船に上がってもらう時に注意は申し上げたんですが
まあ・・想定通りでした・・・

このヘンになってくるともう歳なんか関係ございません。(失礼!)
ワイワイキャーキャーであっという間に沖の白石に到着。
イメージ 4
そして多景島を回って、竹生島に向かいます。
だんだん竹生島が近くなってきた頃、
幻想的な景色になってきます。
鏡のようなベタ凪で
水と景色の境目がなく海外だとウユニ塩湖みたいな景色になります。
イメージ 5
視界いっぱいにこの景色は見事なもんですよ〜!
良かったですね〜!

竹生島では船と荷物の番をしながら仕事の電話をしたりして・・
お土産屋さん寂しくなりましたね。
イメージ 6

それから奥琵琶湖を回って陸づたいに帰ってきたんですが
ちょっと暑くなってきた頃にサプライズ。
新旭沖にこんな所があるんです。
岸から200M位沖なんですが水深が1.2M位。
水が少ない時期だと50Cmくらいのところがあります。

因みに漁師さんがここでプロペラを痛めるので
要注意点として、知ってると言う訳です。
多分地元住民でもほとんどご存知ありません。

皆さん大はしゃぎ!もう一度脱いで泳ぎます!こんなに遠いんですよ。
イメージ 7

そして乾いた頃に安曇川に帰ってまいりました。
今日も6時間半のロングツアーでしたが
すっごく喜んで頂きました。
またいらしてくださいね〜!お待ちしております。


ミッション完了!



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

毎年恒例のお客様が来てくださいました。

朝からホットサンドをごちそうになり、
子供たちのバナナボートをスタート!
お兄ちゃんたちが手慣れた段取りで手伝ってくれますので
上手いもんです。

イメージ 1

ちびっ子3人では体重移動もうまくなり少々のことではコケません。
無理やりコケてもらうとかなり危ないので程々が肝心です。
勿論プニプニのヘッドギヤを付けます。
イメージ 3

特等席は譲れません・・・何のお話してるんでしょうか?
イメージ 2

奥様方も上手いもんです・・・
イメージ 4

初回から来てくれてる子供たちは立ち上がりも危なげなく
徐々に慣れてきて今度は飛ぶ!と大はしゃぎ!
上級者の宙返りを見て大興奮でした。
丸一日、6時間乗りっぱなしでミッション達成!真っクロケになってきたぞ・・・

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

海津大崎のお花見の運転手をしてたのですが
昨日で終了してまいりました。
日曜が大忙しで終わったと思ったら月曜は春の嵐
火曜は道路が通行止め・・・

無事に事故無く終わってホッとしますね。

いいところの写真ちょっとご紹介しますね。
通勤コースでパチリ
イメージ 1
船でホテルに向かう途中
イメージ 2
イメージ 3

今年は開花が遅れたため枝垂れ桜と一緒に咲いてます。
イメージ 4

船の運転席から見るとこんな感じです。
イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

海坊主14スペシャル

去年暮れからご注文を頂いておりましたが
考え中にエンジンが無くなってしまったり
さらにエンジンの納期が延びたりと
申し訳ない事態ばかりが続いております。

2月中にはなんとかしないといけないとは思っておりますが
先週エンジンが届いたばかり。
一気に行きましょう!
と思ってたら急患で心臓移植が・・スズキの115PSの注文を頂きました。
やはり重なってくるわな・・・

運転席はコンソールで丸ハンドルで決まりです!

イメージ 1

エンジンの位置決めで仮どめして・・・しかし・・・
イメージ 2
今回はマロールの油圧ハンドルをご希望です。
簡単に言うと・・・・ゼ〜〜ンブ邪魔!
新品の船外機をノコギリで切って・・油圧シリンダを取り付けます。
スッキリしますね〜〜〜!
この組み合わせはエンジンをかなり上げるんですが・・今回はそこそこに・・
イメージ 3
BF20はリモコンタイプではお買い得な上にスッキリつくので
よく使うエンジンです。
油圧システムを付けたのは初めてです。
エンジン周りのほぼ完成写真。そそりますね〜〜〜!
ステアリングをワイヤーにするとこうスッキリはならないです。
イメージ 4

物入れから運転席まではハーネスは露出しますが
これも油圧配管は細いので全部まとめて這わせるとそうは邪魔にはなりません。
取り回しにはコツが要りますけどね。
イメージ 5

去年から新型リモコンが付いてきます。
センターコンソールには言うことなしですが、
思ったよりも組み換え作業はややこしいぞ・・・
イメージ 6

出来上がりはこうなります。
親指でチルトが操作できるようになります。
イメージ 8

因みに前モデルはこんな感じで付きました。
ボックス裏用のステッカーもちゃんと付けてありますが
新型のほうがピカピカで豪華です。
イメージ 7

そろそろ検査の準備をしなければなりませんが
ここからがスペシャルオーダーが多く頑張らねばなりません。

ここで又一つ頭の痛い案件が・・・タコメーターがバックオーダー・・・・
勘弁してくれ〜〜〜!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

地元高島市安曇川町の白浜荘さんの高島市紹介の為のクルージングで
奥琵琶湖リゾートさんの二本松号の運転手として努めて参りました。
桟橋で準備中。
イメージ 1

イメージ 2

さてやや風が強い中、奥琵琶湖から高島町までお客様のお迎えに向かいます。

32Ftですから多少の白波も定期便の大型遊覧船の波も怖くありません。

この船のエンジンはホンダのBF80、今年作って頂いた船でございます。

定員は20名ですが、フル乗車でもらくらくプレーニングします。
作った私が不思議なほどいいバランスの船です。

お客様をお迎えして、白鬚神社へ向かいます。
水上から撮影の為、しばらく停泊しますが
何しろ横風が吹きっぱなしでじっとしてないし、すぐに向きが変わります。
でも、船内は暖かく至極快適です。
イメージ 3

そして、メインイベントは鳥居くぐり!
遊覧船としては私が運転する船以外は・・・くぐる船はいるのかな・・?

しかし、この付近は風向きがよく変わる場所で今日は横風がきつい〜!

今回は地元のガイドさんの絶妙なお話を聞きながら・・
一度目は思ったよりも風が吹いて鳥居の3M手前でやり直し・・・

二度めは風に流されて斜めに進みながらうまくくぐれました。

鳥居内側には結構たくさんの擦ったあとがあります・・・

私の付けた跡は勿論一個もありません。バチが当たる??

勿論、写真を撮る余裕など全くありませんので写真はありません。

約30分のクルージングでしたが、やはり鳥居くぐりは値打ちがあると大好評!

さて、おきゃくさまをとお別れして
帰り道は朝より強い風で白波の中を40分かけて長浜市大浦に到着。
イメージ 4

今日はこれで運転手は終わりですが
我が海坊主号も冬支度に会社に連れて帰ってきました。

今年は天気の早くから台風が多かったのと
運転手に出稼ぎが多かったので、出動回数が少なかったです。
大きな船を造って頂いたら、お手伝いは当然ですしね〜!

でも、船長不足は今後の課題ですので
我こそはとおっしゃる方いらっしゃいましたら、手伝ってください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事