全体表示

[ リスト ]

上関原発不認可(枝野発言)は、
信用できるか?????
 
《上関原発不認可!!!
ほう!いいね!!!
と思ったら発言者は、枝野経産相!
“エダル”は、新政治屋辞典にしっかり載っている!》
 
転載元kuroneko(怒りの時評)さん
 中国電力が、上関に原発を建設するって?
 
  山口県上関町では、中国電力によって、原発の建設が予定されている。計画を実現するために、中国電力は、予定地周辺の埋め立てに必要な申請を行ったとのこと。
 
  山口県・上関町というとどのあたりにあるか、知る人が少ない。瀬戸内海の端にある室津半島の先にあり、JR山陽本線柳井駅から約20キロ離れ、鉄道路線も国道もないところだ。1983年から、町長選挙が9回あったが、すべて原発推進派が当選しているが、反対派が推す候補者は33%〜46%の得票を得ている。
 
  上関町の人口は1970年に約8300人が2010年には約3330人と、大幅に減少している。原因は町に、仕事がないことにある。ここに目を付けたのが、中国電力だ。町にカネをばらまくことだろう、仕事も原発で働けるなどということを言うだろう。
 
  しかし福島のような事故がおこると、魚の宝庫である瀬戸内海が汚染される、こんなことが許されるか。
 
 この町は自然に囲まれ、漁業と農業の町だ。日本の姿がここに残っているといってもいい。このようなところを原発で壊したくない。
 
 町の人たちが仕事を欲しているのはわかる、そこを具体的に考えるのが町や県の仕事ではないか。それを安易に原発に頼ることについて再考をしてもらいたいと思い。
 
 山口県の前知事は「国のエネルギー政策の見直しで、埋め立ての目的である原発の立地自体が不透明になった」と表明しており、現知事も「しっかりと受け継いでいる」としている。それにもかかわらず、埋め立て申請を出している中国電力は、おそらく総選挙になれば、自民党政権になるだろう、阿部自民党総裁は、原発推進者だ、埋め立て申請が生きる時が来ると踏んでいるのだろう。
 
 枝野径産相は「認めない」と言っているが、いつ変わるかわからない。
 
 原発推進政党に政権を握らせてはならない。原発建設認めない政府をつくろう。
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

安倍晋三首相は今後の原子力政策について「新たにつくっていく原発は、40年前の古いもの、事故を起こした福島第1原発のものとは全然違う。何が違うのかについて国民的な理解を得ながら、それは新規につくっていくことになるのだろう」と述べた。

原発の新増設を原則認めないとした民主党政権の方針について「もう一度見直していきたい」と述べた。

首相は「当面の電力需要にどう対応していくかが国民も不安なのだろう。だから、簡単に『脱原発』『卒原発』とやや言葉遊びに近い形で言ってのける人たちは(衆院選で)信用されなかったのだろう」とも述べた。

茂木敏充経済産業相も、既に着工しているJパワー大間原発と中国電力島根原発3号機の建設を容認する方針を表明。着工前の原発の新増設についても「専門的知見を十分蓄積したうえで政治判断していきたい」と含みを持たせていた。

国内には未着工の原発建設計画が9基ある。大半は、開発当初の設計に安全性や効率面で改良を加えた「改良型沸騰水型軽水炉」「改良型加圧水型軽水炉」と呼ばれる原子炉を採用している。

2012/12/31(月) 午前 7:26 [ 高砂のPCB汚泥の盛立地浄化 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事