全体表示

[ リスト ]

団交拒否は不当労働行為
日本IBM ロックアウト解雇
都労委認定 労組「ただちに職場に戻せ」
2013829()しんぶん赤旗より抜粋させていただきました。
記事全文は、上記URLでご覧ください。
 
 日本IBMが労働者に突然解雇を通告して職場から閉め出す「ロックアウト解雇」を強行している問題で、東京都労働委員会(都労委)は28日、会社がJMIU(全日本金属情報機器労働組合)との団体交渉を拒否したことは不当労働行為にあたる、と認定しました。「今後、このような行為を繰り返さない」とする文書を社内に掲示するよう命令しました。
 
(写真)会見するJMIUの人たち=28日、厚生労働省内
 
イメージ 1
 
 日本IBMロックアウト解雇に関連する公的機関の判断は、これが初めて。現在、6人のJMIU組合員が原告となった解雇撤回裁判が東京地裁と大阪地裁で行われており、大きな影響をあたえるとみられます。-中略
 
●「解雇自由」許さぬたたかい励ます
日本IBMロックアウト解雇断罪
 
 日本IBMのロックアウト解雇は、安倍政権が「企業が世界でもっとも活動しやすい国をめざす」として狙う解雇規制緩和を先取りしたものです。
 
 JMIU(全日本金属情報機器労働組合)との団体交渉を拒否した不当労働行為が28日、東京都労働委員会で断罪されたことは、大企業・財界の「解雇自由化」のたくらみに立ち向かう労働組合の運動を励ますものです。―以下略
 
 
《日本では、IBM,、ソニー、日本航空など、有名企業が、ブラック企業化しているところに、事態の深刻さがあります。
 
特に日本IBMは、その先導役をかって出ています。
 
日本の資本主義の異常さを示すものです。》
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

転載させていただきます。

2013/8/29(木) 午後 7:11 [ tamai000kinngoro ]

顔アイコン

玉井さん、よろしくお願いします。

2013/8/29(木) 午後 7:37 [ 琵琶 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事