全体表示

[ リスト ]

亡国のTPP 自公維が強行

「暮らし守る」たたかい今後も

発効の見通しないまま

20161210()しんぶん赤旗

 

(写真)反対討論する辰巳孝太郎議員=9日、参院本会議


イメージ 1

 

多国籍企業のもうけを最大化するためのルールづくりとなる環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案の採決が9日の参院TPP特別委員会で強行され、自民、公明、維新、こころの賛成で可決、同日の参院本会議に緊急上程され、承認・成立しました。日本共産党、民進党、参院会派の希望の会(自由・社民)、沖縄の風はそろって反対。国会周辺では、TPPに反対する市民が「主権を売るな!」「暮らしを壊すな!」と抗議の声をあげ続けました。

 

TPPは国会承認されたものの、トランプ次期米大統領が離脱を表明しており、発効の見通しはまったく立っていません。国民世論も「慎重審議」「反対」があわせて8割を超えており、今国会で承認を求める声は、ほとんどありません。

 

 参院TPP特別委の総括質疑で、日本共産党の井上哲士議員は、公約違反、国会決議違反をした揚げ句、説明責任も果たさずに、発効の見通しもないのにTPPにしがみつく安倍政権の姿勢を批判し、「とことん国民不在の政治は、もうやめよう」と主張。討論に立った紙智子議員は「いま求められているのは、多国籍企業のためのルールではなく、国民の暮らしを守るためのルールづくりだ」と強調しました。

 

 また、辰巳孝太郎議員は参院本会議で「あらゆる分野で主権を損なう亡国のTPPに固執するならば、TPPが最大の争点となった東北で、与党が大敗した参議院選挙のような結果が今度は全国で起こるだろう」と訴えました。

 

 一方、TPPは発効しなくても、日米2国間協定などを通じて、米国からTPPより踏み込んだ市場開放を迫られる危険があります。日本共産党の小池晃書記局長は採決後、記者会見し、「(国民の暮らしを破壊する)2国間協定の進展を阻止するたたかいを今後も進める」と決意を表明しました。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

一歩、一歩、安部政権の墓場に近づいて行く!

2016/12/10(土) 午後 6:16 [ 琵琶 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事