全体表示

[ リスト ]

■韓国徴用工 賠償請求に関する、韓国最高裁の判決が耳目を集めています。

安倍総理や、河野外相など日本側の感情的な発言に対比して、韓国政府や㎡スコミの対応は冷静です。

日本側からの反応として、罪もない朝鮮学校の生徒達へのパッシングの激化が懸念されます。

その中で、本田啓祐サッカー選手の朝鮮学校訪問のニュース(写真参照)は、彼の国際人としての、人物の大きさを示しています。

以下、関連記事を紹介します。

 

★きょうの潮流(2018年11月1日しんぶん赤旗電子版)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-01/2018110101_06_0.html

 戦争遂行のために、募集という名で始まった朝鮮人労働者の集団移入。太平洋戦争の激化とともに日本に強制動員されていきました

 

▼各地の炭鉱、金属鉱山や土木場、軍需工場。労働力不足を補うため、最も過酷な職場で劣悪な環境下で飢えや暴力にさらされました。奴隷のように扱われた、地獄の日々だった。数知れない証言がすさまじい実態を語っています

 

▼17歳のときに「勤労報国隊」によって動員された李春植(イチュンシク)さんもその1人。当時の日本製鉄(現新日鉄住金)釜石製鉄所で1日12時間も鉄材を運ばされ、熱い鉄材の上に倒れて大けがを負ったことも。技術を習うどころか、賃金さえも受けられなかったと韓国紙が報じています

 

▼李さんら元徴用工4人が新日鉄住金を訴えた裁判で、韓国の最高裁判所は賠償を命じました。これまで日本政府や被告企業は日韓請求権協定によって解決済みとしてきましたが、判決は個人の請求権は消滅していないと

 

▼安倍首相は「あり得ない判断」と抗議。自民党からも「国家の体をなしていない」と韓国への非難が相次いでいます。自国民の安全が脅かされても米国には何も言えないのに、加害者として誠実に向き合わなければならない国や人びとには冷淡な政権の姿が露骨に表れています

 

▼国会では外国人労働者の受け入れ拡大が焦点の一つに。個人の尊厳や人権が守られず、単なる労働力として扱われている現状のままでいいのか。彼らを守ることは働くすべての人たちの権利にもつながっていきます。

 

★韓国 徴用工訴訟

日本企業・政府は誠実に向き合え

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-31/2018103102_02_1.html


 第2次世界大戦中、日本の植民地だった朝鮮半島から、多くの朝鮮人が日本本土に連れてこられ、日本企業の工場や炭鉱などで強制的に働かされました。虐待や食事を与えられないなど過酷な環境で重労働を強いられ、死傷者も少なくありませんでした。賃金が支払われなかった例も多くあります。韓国政府が認定している被害者は22万人に上ります。以下略

 

サッカー本田選手が、朝鮮学校をサプライズ訪問

イメージ 1

閉じる コメント(1)

顔アイコン

今の政府は国民を代表していない。国民は平和を求めるのに政府は戦争を求めるし、国民は豊かな生活を求めるのに、政府は科学技術の恩恵を国民に分配せず政府の儲けにしてしまう。国民の財布と政府の財布は別なのだ。
だから、政府の解決は国民の解決とはならない。
これを如実に語るのが韓国最高裁の判決と言うものでしょう。日本企業は韓国労働者に賠償するのが筋と言うものだ。そのように思いましたよ。

2018/11/1(木) 午後 9:58 [ jonah ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事