過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

7歳の息子が「殺すのはいや」
父は何故志願兵になったのか!
 
イメージ
 
 
父は何故志願兵になったのか!
 
 
イメージ
 
 
 
 
 
 

転載元転載元: 飛鳥(あすか)のブログ

核兵器ゼロへ行動しよう!
反原発と、反核は一体
私自身も安全神話を信じておりました。函館市長
パンプキン爆弾被弾地マップ
 
 
イメージ
 
 
反原発と、反核は一体
イメージ
 
 
私自身も安全神話を信じておりました。函館市長
 
イメージ
 
パンプキン爆弾被弾地マップ
 
イメージ
 
 

転載元転載元: 平和で民主的な地球市民社会の実現を目指して

“河村ただし氏”、讃岐路を行く(その7)
31日開票−期日前投票受付中
河村氏、消費税増税反対!、
現職、浜田知事は、10%増税賛成!
 
 
イメージ 1
 
#香川知事選挙  浜田知事は、消費税10%に賛成。TPPに賛否無回答。
 #河村ただし 候補は、県民の暮らし第一だから、どちらも反対。  消費税増税がイヤな人は、ぜひ河村さんに家族知人と誘い合って、応援を!  
出来れば、期日前投票を pic.twitter.com/fGZaiOIi1L
 
【拡散希望】香川県知事選挙 
#河村ただし 氏の主な政策 消費税増税、原発再稼働、TPP、集団的自衛権、四国新幹線に反対 中学卒業までの医療費無料化、非正規労働の是正、国保税世帯1万円引下げ、住宅リフォーム助成大型開発優先から県民の暮らし、福祉優先優先の県政へ #香川知事選
 
【拡散希望】「戦争に行くな!選挙に行こう!」in香川  831日の
浜田恵造氏=自民、公明、社民推薦。懲りもせず相乗り。
河村ただし氏=共産推薦。 #長野県知事選 で応援して下さった皆さま。
#香川県知事選 でも共闘を! #河村だだし 氏頑張れ! #反原発
 
 
● 知事選告示 現新2氏真夏の舌戦
20140815日読売新聞抜粋
 
★14日告示された知事選は、再選を目指す現職の浜田恵造氏(62)(自民、公明、社民推薦)と、新人で共産党県書記長の河村整氏(55)(共産推薦)の無所属2人の対決が決まった。
 
県の人口が100万人を割るなか、新たな成長につながる産業を育て、県民の暮らしをどう支えていくのか、17日間にわたって真夏の舌戦が展開される。
 
知事選は、過去7回連続で投票率が30%台に低迷。
県政のかじ取り役を選ぶ機会への県民の関心を集められるかも焦点だ。
投開票は31日。
 
★河村候補は午前中、高松市内を選挙カーで回り、午後からは丸亀市へ。計約40か所で街頭演説を重ねた。
BNW通信中国支部特集No,1115号
【2014−8−18】
毎月8日、18日、28日は、中国支部特集日です。
 
《今日のお勧め記事》
 
【新ゲスト】−次の方々を新ゲストとしてお招きしたいと思います。
 
★石村智子様
 
★かきうち京美様【岡山県】
 
★辻つねお様【広島県】
 
★ふじい直子様【山口県】
 
 
★市谷とも子様【鳥取県】
 
*日本共産党鳥取県西部地区委員会
 
★尾村としなり様【島根県】
 
 
【事務局記事】
●『「フアシズム反対」の一点共闘と、「暮らしを守り、憲法を守り、原発を無くして命を守る」の三点政策共闘で、
「国民共同戦線政府(仮称)」樹立、沖縄、福島知事選勝利、一斉地方選準備を強化して、安倍亡国政権を終わらせましょう!』
【鳥取県班】
 
★岩永なおゆき駆けある記
 masa(平和の歌、9条バンド、鳥取)さん
舛添知事は安倍首相の写鏡
 
【岡山県班】
 
★いわっぷさん
BYE BYE NUKES!やまぐち(2014.03.08
 
【山口県班】
 
★ポチパパさん
今日のぶやき 2014/7/19() 午後 1:11
今日のつぶやき2014/7/18() 午前 7:45
 
★ふじい 直子(藤井 なおこ)2013年参議院山口選挙区候補
特別ゲスト
RT @t23ryupro: 政府、NSCで武器輸出審査提示 新原則案を自公が大筋了承 - 47NEWS(よんななニュース)
 
 
【正会員】ー4名
 
鳥取県岩永なおゆきさん、masaさん。
岡山県いわっぷさん。
山口県ポチパパさん。
島根県−0名、
広島県−0名
 
<社説>掘削作業に着手
もはや「恐怖政治」だ
蛮行中止し民意を問え
2014818 (琉球新報社説抜粋)★色付けは管理者
 
イメージ 1
 
★政府は今回、法的根拠も不明のまま、立ち入り禁止海域を一方的に設けた。施政者による恣意的な住民の主権剥奪は、お札一つで禁令を発した江戸時代そのままだ。

 それでも足りず、今度は海保がその海域の外側でも、法的根拠も示さぬまま市民の身柄を拘束した。漁港を出港するだけで警告し、海域の外側に近づくことさえ大声で威嚇するありさまだ。憲法は、法定の手続きを経ずに何人も自由を奪われないと定めているが、海保はその令状主義も無視している。これでも法治国家か。
 
★ 安倍晋三首相は防衛官僚らに工事の遅れを詰問し、作業を早めるよう強く督促したという。

 首相に近い議員がかつて出した報告書がある。英国が南米でのフォークランド紛争に踏み切り、陰りが見えていた首相の支持率を急回復した経過を報告している。「遠隔地」での戦争でナショナリズムをあおり、求心力を高めた例を知っているのは間違いない。

 安倍首相は今、本土にとって「遠隔地」の尖閣をめぐり、中国との紛争も辞さない構えを見せている。その紛争に米軍を引き込もうとして辺野古新基地建設に躍起となっているようにみえる。米国のご機嫌を取るために、沖縄住民の安全と沖縄の土地と美しい自然を差し出そうとする構図だ。

 その構図は、「本土決戦」を先延ばしするために沖縄の全滅を強いた沖縄戦の「捨て石」作戦とうり二つではないか。
 
今回の作業で海上保安庁はメディアの取材の船が付近海域に近づくことも制限した。政府が知ってほしくない情報は、接近すら処罰しようとする特定秘密保護法の施行を先取りしている。安倍政権は「専制国家」からもはや「恐怖政治」へと進みつつあるようだ。
 
《ホークランド紛争では、時のイギリス政権の支持率は、急回復した。
しかし、今回は、裏目に出て、逆に、安倍政権のフアシズム姿勢を明確にしたものとして、支持率押下げに貢献するでしょう!》‐琵琶

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事