過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

大阪市廃止 患者さん困ります
医療機関にポスター
201552()しんぶん赤旗
 
(写真)大阪市内の医療機関に張り出されたポスター=1日、大阪市

イメージ 1

   「私は5月17日 反対投票します。医療、介護等の住民サービスが削られます。患者さんが困ります。 ○○院長」と書かれたポスターが大阪市内の医院・クリニックなどの医療機関に張り出され始めています。
 
   現在、実施されている大阪市を廃止して五つの特別区を設置する「特別区設置協定書」の是非を問う住民投票(5月17日投票)に向けて、医療従事者として「反対」の意思表示をするものです。

 関係者によると、4月30日夜、大阪市内で大阪府医師会、大阪市医師会連合会の会員を集めた「大阪市廃止分割構想」の勉強会があり、参加者にポスターとチラシが配布されました。
   大阪市内の各医師会を通じ、市内全域の医療機関にポスターとビラが届けられるといいます。

 ポスター掲示の趣旨について、医師会関係者は「大阪市が五つの特別区に分割された場合、救急医療体制など大阪市民の医療がどのように変わってしまうのか明確な資料も公表されず、詳しいことは何も決まっていない。
   大阪市の財源と財産の一部が大阪府に帰属し、これまでのように医療福祉の財源の確保ができなくなる。
   市民の医療と健康を守る立場から熟慮した」といいます。
 
大阪市の廃止・解体に反対
元大阪城天守閣館長らアピール発表
201552()しんぶん赤旗
   大阪市を廃止・解体することの是非を問う住民投票(17日投票)の実施に関して1日、元大阪城天守閣館長らが大阪市の廃止・解体に反対するアピールを発表しました。

 アピールには、石部正志関西文化財保存協議会代表、中川哲男元天王寺動物園園長、吉村元雄元大阪市立美術館館長、脇田修元大阪歴史博物館館長、渡辺武元大阪城天守閣館長が名前を連ねています。

 アピールは、住民投票で賛成票が上回り大阪市がなくなれば、大阪城天守閣、大阪市立美術館など大阪市の重要な文化施設が府に移管、没収され、その後は「二重行政解消」の名のもとに廃止や統合、売却されることも危惧されると指摘。

  「126年の歴史を持つ大阪市をなくし、大阪市の歴史、文化を象徴する市民の大切な財産が奪われることを見過ごすわけにはいきません」と主張しています。
 
   また、大阪市民の財産である文化施設を守り、未来に継承していくために大阪の文化を愛するすべての人に「大阪市廃止・解体に反対」の声を上げることを呼びかけています。
 
共産党女性議員36.7%
後半戦もトップ
全体14.8%、自民最下位の8.4%
201552()しんぶん赤旗

イメージ 1
 
今日(5月2日)付けの赤旗(8面)に、3歳と1歳の子育て中で、小樽市議に4位で当選した高野さくらさん(28歳)の記事がでています。

 一方、4月30日のNHKのクローズアップ現代は、女性議員の活動の困難さを特集していましたが、女性議員第一党の共産党に触れることはありませんでした。
 やっぱり、NHKの報道は偏っているようですね!

★区市町村議当選者のうち、女性の占める割合

 いっせい地方選後半戦(26日投票)の区市町村議選当選者のうち女性が占める割合で、日本共産党が主要政党中トップの36・7%に達したことが、総務省の集計(速報値)で明らかになりました。(グラフ参照)

 当選者全体(1万1947人)に女性が占める割合は14・8%であるのに対し、「女性が輝く社会の実現」を掲げる自民党は最下位の8・4%。2位の公明党も34・3%にとどまりました。民主、維新、次世代は、いずれも10%台にすぎませんでした。

 前半戦(道府県議選、政令市議選)も含むいっせい地方選全体の日本共産党の当選者(1339人)のうち女性当選者(519人)が占める割合は38・8%で、こちらも主要政党中トップでした。
 
戦争立法阻止
労働法制改悪反対
歴史的たたかいを
第86回メーデー全国で意気高く
201552()しんぶん赤旗
 
(写真)デモ行進に出発する第86回中央メーデーの参加者=1日、東京都渋谷区
イメージ 1

 「戦争する国づくり」も労働法制の全面改悪もストップ、安倍政権の「暴走」政治を今すぐやめさせようと1日、第86回メーデーが全国311カ所で開かれ、17万人が参加しました。

  夏を思わせる日差しが照りつけた東京・代々木公園には2万8000人が参加して中央メーデーを実施。都内3コースをデモ行進し、「9条こわす安倍政権ノックアウト!」「残業代を出せ!」などと書かれたプラカードやデコレーションでアピール。

  遠足で原宿に来ていた高校2年生の男子は「海外まで行って戦争しちゃうなんて良くない」とデモを見つめました。

★「戦争立法」――憲法9条破壊の三つの大問題 

列島津々浦々から空前の国民的大闘争を
安倍政権の進める「戦争立法」には、憲法9条を破壊する三つの大問題があることが、浮かびあがってきました。

 第一は、海外派兵の恒久法の新設、周辺事態法の改定によって、アメリカが、世界のどこであれ、アフガニスタン戦争、イラク戦争のような戦争に乗り出したさいに、自衛隊が従来の「戦闘地域」まで行って、軍事支援を行うことになるということです。

 第二は、PKO法の改定によって、形式上「停戦合意」がされているが、戦乱が続いているような地域に、自衛隊を派兵し、武器を使った治安維持活動に取り組めるようにすることです。3500人もの戦死者を出しているアフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)に自衛隊が参加する道が開かれてきます。

 そして第三は、武力攻撃事態法などの改定によって、日本に対する武力攻撃がなくても、集団的自衛権を発動して、アメリカの戦争に自衛隊が参戦し、海外での武力行使に乗り出すということです。

★派遣法改悪、「残業代ゼロ」――労働法制の歴史的大改悪を力あわせて阻止しよう

★あらゆる分野で共同を広げ、大合流させ、安倍政権を打倒しよう
みなさん。沖縄新基地建設に反対するたたかい、「原発ゼロの日本」をめざすたたかい、環太平洋連携協定(TPP)反対のたたかい、消費税大増税を許さないたたかい――あらゆる分野で一致点にもとづく共同を広げに広げ、それを大合流させて、安倍政権を打倒しようではありませんか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

 「アメリカいいなり・大企業中心」という日本の政治の「二つの異常」を大本からただす新しい政治をおこし、希望ある未来をともに開こうではありませんか。

 第86回メーデー万歳! ともに頑張りましょう。(大きな拍手)
 
労働運動の原点に立ち返ろう
小田川代表委員があいさつ
(写真)主催者あいさつする小田川義和代表委員

イメージ 2
今夜は12人が集まりました。
いつも飛び入りで参加して、過激な話をして、はらはらさせるおじさんが、オリジナルの帽子をかぶって参加です。
帽子には【原発地獄】と書かれています。
 
原発は恐ろしいんじゃ!おまえら、みな、わかっとんか!わしは命が惜しいんじゃ、ほなけん、原発に反対じゃ。おまえらも反対って言えよ。
 
おじさんは徳島駅前を歩く若者にこうやって声をかけます。
過激な話し方ですが、思いはわかります。
 
私たちはたくさんの人とつながり、手をつないで、まだまだ頑張り続けます。
首相官邸前の行動も今夜が147回目です。
 
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
 
今夜は写真をいっぱいアップしました。
徳島の原発行動の雰囲気、伝わりましたか?
 
147回、連続で頑張っています。

転載元転載元: 悲願草

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事