過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

●共産党は、大谷祥平とおなじ二刀流

全国革新懇 牧野富夫さん来賓挨拶

●野党共闘と、日本共産党の躍進

比例区15%の得票率と、小選挙必勝区の勝利

と二つの一体的追及(いわば四刀流)

志位委員長中央委員会報告

しんぶん赤旗1月17日付け

 

【注】「4刀流」の表現および本文段落は、ブログ管理者。

 

★国会討論やテレビ討論などで共産党の代表が国民の要求を踏まえて、理路整然と政策を主張する。

そして安部政権には鋭く批判する。

 

その姿は「二刀流」の大谷選手に似ていて、良くやってくれたと痛快です。

共産党フアンを増やしているだけでなく、日本の政治を面白くしています


 そういうこともあり、共産党が存在感を高めていると思います。

    全国革新懇 代表世話人 牧野富夫さん、来賓あいさつ。

 

★ここで強調したいのは、総選挙をたたかう基本姿勢として「二つの一体的追求」を揺るがずにつらぬくということです。

 

第一は、野党共闘の勝利と

日本共産党の躍進の一体的追求であります。

 

我が党が、野党共闘の成功のために誠実に力を尽くすことは安部政権を打倒して新しい政治をつくるうえで重要な貢献になるとともに我が党への国民の共感と信頼を広げることになります。

 

同時に日本共産党躍進のためには、そのための独自の活動に力を注がなくてはなりません。

 

第二に、日本共産党の躍進と言う点では、

 

「比例を軸に」比例代表で「850万票、(得票率)15%以上」をめざす取り組みと,

 

小選挙区必勝区での勝利の一体的追求をはかります。

 

比例代表予定候補34人、小選挙区予定候補265人(一部重複)勢ぞろい!

イメージ 1

 

Tadashi ShimizuFBよりシエアさせていただきました。


 野党+市民との共闘発展と日本共産党の躍進。来たる総選挙での私たちの大きな目標です。二大目標の達成は、プロ野球の大谷翔平選手の二刀流を極める心境にも似ているのではと、来賓の方からも期待の声が上がりました。日本共産党の第27回大会に参加しています。

 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事