ハシズム批判

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「大阪維新」の攻撃に反撃
ダブル選 逆転勝利へビラ・対話
20151120()しんぶん赤旗

イメージ 1
 
 「オール大阪」が政治を変える最終盤を迎えた大阪府知事・大阪市長ダブル選(22日投票)で、くりはら貴子知事候補、柳本あきら市長候補の逆転勝利へむけ「明るい民主大阪府政をつくる会」「大阪市をよくする会」は19日、「大阪の政治を変えるキーワードは『さよなら維新』です」とビラを配布し対話に全力を挙げました。
 
 「大阪維新」陣営は、反「維新」の共同を恐れ「自民党と共産党がなんで手を組めるのか。水と油、地球人と火星人ぐらい違う」(橋下徹大阪市長)と「野合」攻撃で分断に躍起です。
 
 「明るい会」や「よくする会」のビラでは「市民そして『水』と『油』と言われる自民党と共産党が『維新政治ノー』で共同、勝利した市で変化」として、堺市で国民健康保険料が6年連続値下げ、お出かけ応援バスの拡充、寝屋川市で国保料値下げ、保育料値下げ、岸和田市で市立病院拡充など市民要求が実現していることを紹介。「まだ『維新政治』続けますか?」と府で1551億円(7年間)、市で469億円(3年間)もくらし予算を削減、反対意見を排除、自由にモノが言えない政治などを告発。「やっぱり変えましょう。未来ひらく『オール大阪』に」と呼びかけています。
 
 大阪市の「明るい会」天王寺区連絡会は天王寺公園前でビラを配布し対話。68歳の男性は「大阪をかき乱す維新を退場させて、まじめに政治をしようというのは当たり前。橋下さんは(共同を)『野合』と批判するけど、それだけ、あんたの政治が危ない証拠や」と話しました。
 
イメージ 2







上西議員 維新の党の分裂問題を批判 
「くだらない」 有馬温泉“勉強会”も暴露
デイリースポーツ 113()220分配信

 

 維新の党から4月に除名処分を受けた上西小百合衆院議員(32)が3日、大阪市中央区のロフトプラスワンウエストでトークショーを開催。政党交付金をめぐる維新の党の分裂問題について「くだらないなー、と思って見ている」と批判した。

 「解党して政党交付金を国庫に返す」と主張する解党派に対し、存続派は「『大阪都構想』の住民投票で多額の資金を使ったので国庫に返せる残金はない」と反論。政党交付金の通帳や印鑑を返す、返さないの問題で法廷闘争に発展した維新の党の分裂問題について上西氏は「悲しいですね。もとは同じ党の議員同士なのに。くだらないなー、と思って見ています。維新の原点は『身を切る改革』なのに」と批判した。

 トークショーでは、維新の党のメンバーで「勉強会」と称して、兵庫県の名湯・有馬温泉の高級旅館に宿泊し、勉強会はわずか1時間しかせず、あとはどんちゃん騒ぎをしていたことも暴露。「(高いところに泊まったので)会費徴収されると思ってたら徴収されず、『え?』って(思いました)」と爆弾発言。「(お金は)どこから出てるか知らないです」とフォローしながらも、維新の党のマニフェスト「身を切る改革」に疑惑の目を向けていた。


イメージ 1

イメージ 2
さようなら!維新政治!
10.29大阪府民大集合
都構想ノー。11.22大阪ダブル選挙
大阪市中央公会堂大集会室
18時50分〜
イメージ 1
維新初鹿氏の処分を巡って!
大人の対応共産党!
大人げない維新大阪派!
野党共闘のあり方を問う!

27日(土)の夜、SEALDs『シールズ』(自由と民主主義のための学生緊急行動)と名乗る青年たちの呼びかけにおうじて、6千人の人々が渋谷駅ハチ公前を埋め尽くしました。
民主、共産、維新、社民、生活などの野党の国会議員達も街宣車の上から、戦争法反対を呼びかけました。
 
主催者の求めに応じて、民主党菅直人氏、共産党志位和夫氏、維新の党初鹿明博氏が、握手した手を高々と上げ、集会の参加者たちは、連帯の拍手で応じました。
 
所が、大阪府知事の松井氏はじめ維新の大阪派から、「大阪都構想に反対した共産党の志位氏と握手するとは何事ぞ、処分せよ」と、非難の声を挙げました。
 
産経が執拗に報ずるこの記事に、ネットの世界でも、大阪派はともかく、松野維新現執行部はこんな大人げないことに同調しないだろうとの見方が主流でした。
 
所が、何んと松野執行部は、大阪派に屈服して、初鹿氏を厳重注意処分を強行しました。
 それに対する初鹿氏の弁明書は下記の通りです。
 
 共産党の志位氏は、戦後70年の日本の憲法体制を壊すとして、あらゆる手をつくして「戦争法廃案」の一点共闘を広げに広げたいとの立場で、今度の維新の対応についても静観するという「大人の対応」をしています。

 維新大阪派を中心とした「大人げない」対応は、内部からも批判を呼び、維新橋下氏と、暴走安倍氏のツウタッグは、間もなく、破たんするでしょう!

青年・学生たちに応える
左から菅直人氏、志位和夫氏、初鹿明博氏
イメージ 1
 
【関連記事】

初鹿明博オフィシャルブログ
Powered by Ameba

2015/06/30
土曜日の集会出席について
テーマ
午前中、土曜日に渋谷のハチ公前で行われた集会に出席した件について、幹事長はじめ複数の方々に説明して参りました。
私からは集会には共産党の志位委員長、民主党の菅元総理だけではなく、生活の党、社民党、民主党の小西参議院議員も来ていたことをお伝えした上で、諸々、私の考えるところを説明させていただきました。
まず、今回の法案についてですが、憲法解釈を見直して集団的自衛権の行使を容認するという立憲主義に反する法案であることから反対だと主張しているのであって、現行憲法の範囲内で現実的な対応を可能とする維新の党の独自案は当然に支持し、その成立向けて、政府案ではなく維新案について与党と協議をすることは是としています。
また、全てにおいて共産党に同調しているかのような誤解が生じていますが、この立憲主義に反する政府案の成立を阻止しなくてはならないという一点で意見の一致があるのであって、他のことについては必ずしも共産党と同意見ではありません。
しかしながら、他の事柄でも同様ですが、他の政策での違いがあっても、我が党として実現しなくてはならない事案については、思いを共有できる党派で協力してその実現に努めることが政治家、政党には求められていると感じます。

様々な団体等が行なう各種集会には野党だけではなく、自民、公明の与党も含めて超党派が集まる会合はいくつもあり、議員立法などで一致できる党派が与野党問わず協力することはあり得べきで、今回もそれに当たると判断し集会への出席を決めました。
実際に現在、刑訴法の改正について、維新、民主、共産の野党3党の法務委員会所属議員が主催して勉強会を行なっている実例もありますので、協力出来る時は協力することは否定しない方が政党として良いと考えています。
ただし、先月、大阪都構想の住民投票が終わって日が経っていない中で、自民、共産が一緒の街宣車で反対をしていたことに対して我が党の議員が強く批判していたことは配慮すべきだったと感じています。
正直なところ、志位委員長と菅元総理と3人で握手することには私自身も抵抗があったのですが、その場で握手するのを拒むのも大人げないと思いましたし、主催者の意向も尊重したいと考えたので車上で握手し、写真を撮られることとなりました。
我が党議員の中にこの写真に抵抗を感じたり、支持者から突き上げられることになると言うことに思い至らなかったことは反省すべきだと感じています。
いずれにしても、安保法制の議論が進み党内が一致団結しなくてはならない時に、私の行動によって党内を混乱させたことは事実ですので、その点については謝罪し、副幹事長並びに組織副局長の職を辞任する旨伝え、幹事長に辞表をお預けしました。
最終的な処分等は執行部で判断されることだと思いますのでその判断に委ねたいと考えています。

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事