核兵器廃絶

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

20161225()

核兵器禁止へ歴史的一歩

国連総会決議 違法化へ道開く

NGOなど市民も参加へ

日、米、英、仏、露反対、中国棄権!

 

ニューヨークで開かれていた国連総会は23日夜、10月末に総会第1委員会で採択していた核兵器禁止条約について交渉する国連の会議を来年2会期にわたって開くことを内容とする決議案を採択しました。核兵器禁止に向けた新たな流れが作られることになり、歴史的一歩といえます。(西村央)


イメージ 1


 来年3月と6月に開催される会議には、国連機関や非政府組織(NGO)などの市民社会も参加でき、草の根の市民の運動の成果を反映させることが可能となります。核兵器の禁止=違法化の議論が進むなら、核兵器の使用や保有への目は厳しくなります。

 

 禁止条約の意義については、第1委員会で採択された直後に、核兵器廃絶の交渉監視を続けているレイ・アチソン氏が「禁止条約ができれば核兵器の維持や近代化は違法だと問われる。交渉過程の段階でも国民の監視が今以上に強まる」と語っていました。

 

 

イメージ 2

 これまで、生物毒素兵器禁止条約は1975年、化学兵器禁止条約は97年にそれぞれ発効し、生物兵器や化学兵器は法的に禁止されています。

 

 非人道性について告発されている核兵器の禁止条約が検討されるのは当然といえます。

 

 禁止条約を歓迎する声は国際的にも広がっており第1委員会の決議に対し、欧州連合(EU)の共同立法機関である欧州議会は、「全地球的な安全保障と核兵器のない世界の条件を生み出す」と賛意を示す決議を採択しています。

 

 核保有国はいまだに1万5000発を超える核弾頭を持ち続けています。

 

 これまでの国連の討議のなかでも、核兵器の脅威は重大であり、禁止・廃絶は緊急課題であるとの発言が相次いでいます。

 

 今回の総会決議で、核兵器保有5カ国、米英仏中ロのうち、中国が棄権しましたが、他は反対しました。

 

 被爆国日本が第1委員会の決議に続いて今回もまた「反対」したことは、世界の反核の願いに反することです。

 

 核兵器固執勢力の抵抗は根強いものがありますが、長い目でみると核兵器廃絶を求める世論と運動が固執勢力を追い詰めています。

 

 核兵器禁止条約は、日本と世界の世論と運動、禁止条約の「早期締結」を求める諸政府が20年来、努力を重ねていたものです。2017年はこの流れを大きく前に進めていく。それが日本と世界に対する世論の期待と言えます。


イメージ 4


イメージ 3

被爆者代表「平和への誓い」
谷口稜曄(すみてる)さん
長崎市主催平和式典
2015810()しんぶん赤旗
 
(写真)平和への誓いを読み上げる谷口稜曄さん=9日、長崎市の平和公園
 
イメージ 1

   9日、開かれた長崎市主催の平和式典で、被爆者を代表して日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の谷口稜曄(すみてる)代表委員が読み上げた「平和への誓い」(全文)は次の通りです。

  70年前のこの日、この上空に投下されたアメリカの原爆によって、一瞬にして7万余の人々が殺されました。真っ黒く焼け焦げた死体。倒壊した建物の下から助けを求める声。肉はちぎれ、ぶらさがり、腸が露出している人。かぼちゃのように膨れあがった顔。眼(め)が飛び出している人。水を求め浦上川で命絶えた人々の群れ。この浦上の地は、一晩中火の海でした。地獄でした。

□□

 地獄はその後も続きました。火傷(やけど)や怪我(けが)もなかった人々が、肉親を捜して爆心地をさまよった人々が、救援・救護に駆け付けた人々が、突然体中に紫斑が出、血を吐きながら、死んでいきました。
 
   70年前のこの日、私は16歳。郵便配達をしていました。爆心地から1・8キロメートルの住吉町を自転車で走っていた時でした。突然、背後から虹のような光が目に映り、強烈な爆風で吹き飛ばされ道路に叩(たた)きつけられました。
 
   しばらくして起き上がってみると、私の左手は肩から手の先までボロ布を下げたように、皮膚が垂れ下がっていました。背中に手を当てると着ていた物は何もなくヌルヌルと焼けただれた皮膚がべっとり付いてきました。不思議なことに、傷からは一滴の血も出ず、痛みも全く感じませんでした。
 
   それから2晩山の中で過ごし、3日目の朝やっと救助されました。3年7カ月の病院生活、その内の1年9カ月は背中一面大火傷のため、うつ伏せのままで死の淵(ふち)をさまよいました。
 
   そのため私の胸は床擦れで骨まで腐りました。今でも胸は深くえぐり取ったようになり、肋骨(ろっこつ)の間から心臓の動いているのが見えます。肺活量は人の半分近くだと言われています。
 
   かろうじて生き残った者も、暮らしと健康を破壊され、病気との闘い、国の援護のないまま、12年間放置されました。アメリカのビキニ水爆実験の被害によって高まった原水爆禁止運動によって励まされた私たち被爆者は、1956年に被爆者の組織を立ち上げることができたのです。あの日、死体の山に入らなかった私は、被爆者の運動の中で生きてくることができました。

□□

 戦後日本は再び戦争はしない、武器は持たないと、世界に公約した「憲法」が制定されました。しかし、今集団的自衛権の行使容認を押しつけ、憲法改正を推し進め、戦時中の時代に逆戻りしようとしています。今政府が進めようとしている戦争につながる安保法案は、被爆者をはじめ平和を願う多くの人々が積み上げてきた核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもので、許すことはできません。

 核兵器は残虐で人道に反する兵器です。廃絶すべきだということが、世界の圧倒的な声になっています。

 私はこの70年の間に倒れた多くの仲間の遺志を引き継ぎ、戦争のない、核兵器のない世界の実現のため、生きている限り、戦争と原爆被害の生き証人の一人として、その実相を世界中に語り続けることを、平和を願うすべての皆さんの前で心から誓います。
 
戦争法案 長崎から批判
被爆70年 平和への誓い
2015810()しんぶん赤旗
 
(写真)平和祈念像の前で合唱する平和記念式典参加者たち=9日、長崎市の平和公園
イメージ 2
イメージ 2

  長崎は9日、被爆70年の原爆の日を迎えました。
  市主催の平和式典が平和公園で開かれ、被爆者や遺族、市民など6700人(同市発表)が参列し、原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうしました。

   田上富久(たうえとみひさ)市長は「長崎平和宣言」で、戦争法案について「慎重で真摯(しんし)な審議を行う」よう求めました。

   被爆者代表の谷口稜曄(すみてる)さん(日本原水爆被害者団体協議会代表委員)も「平和への誓い」で、戦争法案を「被爆者をはじめ平和を願う多くの人々が積み上げてきた核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもので、許すことはできません」と批判しました。

   原水爆禁止2015年世界大会・被爆70年ナガサキデー集会が同市で開かれ、国内外の6000人が核兵器廃絶の決意を新たにしました。
NPT再検討会議
広島・長崎訪問提案の文言削除
日本共産党、中国に撤回要求
 
2015520()しんぶん赤旗
 

《今、中国政府に、堂々と、正論を申し入れられる、日本の政党は、日本共産党のみです。》

(写真)申し入れをする緒方副委員長(左から2人目)と張社平参事官(その右)、小島国際委員(左)=19日、党本部

イメージ 1


 日本共産党の緒方靖夫副委員長は19日、党本部で中国大使館の張社平参事官に会い、22日に最終日を迎える核不拡散条約(NPT)再検討会議に関して中国側に申し入れをしました。

 緒方氏は、「被爆国で活動し、核兵器廃絶を国際平和の緊急・最重要の課題として取り組んできた共産党として懸念を持つ」と前置きし、最終文書案の草案にあった世界の指導者らに被爆地訪問を提案する文言が、歴史問題を理由にした中国の反対で削除された問題で中国側に削除要求の撤回を求めました。

 「第2次世界大戦で日本が侵略戦争をおこなった問題と、無法で非人道的な大量破壊兵器が広島・長崎に投下されたことは別の問題だ。この文言があるからといって、第2次世界大戦の歴史的事実を歪曲(わいきょく)することにはならない」と指摘しました。

 さらに、「被爆の実相を証言しているのが被爆地であり、だから被爆者も訪問を求めている。国連の潘基文(パンギムン)事務総長も、世界のすべての指導者、とりわけ核兵器国の指導者が被爆地を訪問することを呼び掛けている」と被爆地訪問の意義を強調。「被爆地訪問の提案の削除要求には道理がなく、『核兵器のない世界』を願う世界の世論と運動、被爆地と被爆者の願いに背を向けることになる」と述べました。

 これに対し、張参事官は中国側の立場を説明し、この申し入れを「上司と本国に伝えます」と応じました。

 会談には日本側から小島良一国際委員会委員らが同席しました。

NPT再検討会議最終文書案草案から削除された部分

 NPT再検討会議最終文書案の8日付草案から削除されたのは以下の部分です。

 「核兵器使用70周年にあたり、会議は、世界の指導者、軍縮問題専門家、青年に対して、核兵器使用の壊滅的な人道上の結末を自分の目で確認し、生存者(被爆者)の証言に耳を傾けるため、広島・長崎を訪問するよう求める提案に注目する」
 
「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、
憲法上は。小型であればですね」
何時、誰の、どこでの、発言でしょう?
 
イメージ 1
 
川原 茂雄さん、FBより!

 「大陸間弾道弾はですね、憲法上は問題ではない」、「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、憲法上は。小型であればですね」

 日本国憲法の、どこをどう読めば、核兵器は小型なら問題ないという解釈が可能となるのでしょうか?このような憲法観を持たれている方が、日本の首相となっていることが信じられません。(かわ)

 安倍官房副長官の発言(「サンデー毎日」2002年6月2日号)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2544.html


このような人物が、今日本の総理です。
これは、日本のみならず、世界の脅威です。

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事