モリケンのブログ

健康に関して情報を発信します

全体表示

[ リスト ]


【整体に対する医学的用語】
脳・脊髄神経、自律神経、延髄などは重要事項である。
 脳・脊髄神経は、皮膚(汗腺を除く)や骨格筋に分布し、勧角、運動、知的な活動をいとなむ。

自律神経は、体内の活動に関与する不随意運動神経系(人間の意志とは関係なく働いている。)である。交感神経と副交感神経があり、これらが協調して生命維持に重要な機能を果たしている。

延髄は脳の最下部で脊髄の上部に続く部分で生命維持に重要な中枢がある。
延髄の機能として血管運動・呼吸運動中枢、眼瞼反射中枢、嘔吐(おうと)中枢等がある。
 延髄(脳神経8から12、内臓を個別に支配)。迷走神経、副神経(胸鎖乳突筋、僧帽筋)。
脳への血液循環には椎骨動脈、内頸(けい)動脈がある。
脳の血液循環不全と自律神経失調の関係さらに失調が進行すると発生するであろう心身症、ウツ(人が怖くて部屋から出られないなど)に発展していくのではないか。
頸椎1番2番のずれ直しで、「頭がすっきりした」{頭のもやもや感が消えた} 「物がはっきり見える」という言葉を即効で患者さんから多くいただく。体験あるのみ。

脳  A系列 A9黒質、A10神経 ドーパミン、パーキンソン  

 嗅神経と視床下部(司令塔)や大脳辺縁系(含む視床下部)の関連。脳下垂体、松果体

 脳神経3番目の動眼神経とむち打ちの関係。網様体筋。瞳孔括約筋
* 目の疲れが改善する。 物がはっきり見える。
 副交感神経(延髄、仙骨より)
自律神経は体の隅々まで行っている。

*脳への血行不良、脳からの神経支配は不良により起きる症状なり
*脳幹網様体賦活系、A10神経が刺激されると人間に至高の快楽をもたし、ドーパミンが分泌される。
*神経伝達物質、セレトニンとノルアドレナリンの減少
*ストレス対応は、自前の副腎が働く。
*脳幹、延髄、橋、偏桃体、帯状回(呼吸コントロール、辺縁系)
:能力以上の過剰労働、睡眠不足が重なれば心身ともに不調が起きる。


脳神経・脊髄神経の働きを正常化する方法として背骨のずれ直しを重要視する。
 副交感神経(延髄、仙骨より)
法医学と頭蓋骨から顔の復元法。スーパーインポーズ
美容整形、整体における少顔?
キーワード(頭蓋骨コミュニケーション ?骨に恋する復顔師)
 
 小腸(パイエム板、免疫)
 自律神経は体の隅々まで行っている。

当院では、
症状が出始めてからの期間
現在出ている症状の数の多さを尋ねて、最初に2から3の症状がかわるまたは、変わり始めるまでの回数を提示します。
個別の症状(アンダーライン)の症例実績ありで回数の予測が立ちます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事