過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
剥きエビのゼリーを巻いたロールキャベツ (一押しの自信作です)
イメージ 1
 
たまには気合を入れたレシピを作ろうと思い、外のレストランで食べたレシピを再現してみました。
 
正直、めちゃくちゃ美味しいです。
 
刻んだ剥きエビをコンソメスープにゼラチンを入れたもので固め、柔らかくしたキャベツで包み、市販の冷製スープ(ほうれん草味)にのせて、野菜を添えました。
 
前日に仕込んでおけば、当日は10分程度で作れますし、ゼラチンはコラーゲンの固まりなのでお肌もプリプリです。
 
 
材料(4皿分)
剥きエビ 1パック(200g)
コンソメスープ 2杯分(360cc)
粉ゼラチン 10g(500cc分)
キャベツ 4枚
冷製スープ 2杯分(360cc)
 
作り方
1 剥きエビを5mm程度に刻んだ後に、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで5分程度加熱して中まで火を通す。
 
2 エビの入った耐熱容器にゼラチンを入れてふやかし、コンソメスープを入れてゼリーを作る。2時間程度冷やすと固まるので、ここで下ごしらえが終了。
 
3 キャベツを電子レンジで3分程度加熱し、柔らかくする。
 
4 剥きエビのゼリーをキャベツで包む。包むのが難しい場合はオブラートを使うとゼリーがまとまるので楽です。キャベツが熱いとゼリーが溶け出すので冷ましてから巻くと失敗しません。
 
イメージ 2
 
5 皿に冷製スープを薄くしき、真ん中にロールキャベツを載せ、周りに焼き野菜を添えて完成。
 
冷たい状態でも美味しいのですが、食べる直前に電子レンジで1〜2分加熱すると、キャベツにナイフを入れたときにゼリーが流れ出て更に美味しいです。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 

開く コメント(10)

 
ガン予防ステーキと 黒毛和牛のヒレステーキ
 
 
一昨日作った野菜団子と同様に、寿命を伸ばすワザ百科で紹介していたガン予防ステーキを作ってみました。
 
イメージ 1
 
オムレツ用のエノキ入りデミグラスソースに使ったエノキだけの石付を切り落とし、根元の1cm程度をスライスしました。
 
オリーブオイルにガーリックスパイスを入れて加熱したフライパンでに、スライスしたエノキの根元を入れて両面を軽く焼き、電子レンジで加熱した玉ねぎと和えたデミグラスソースをかけて仕上げました。
 
普段肉を食べない妻は、帆立に似た食感で美味しいよとのまずまずの評価で安心しました。
 
 
子供達はオムライスをリクエストしていたので、そのリクエストに応えました。
 
私は、特に食べたいものがないので、半額セールの黒毛和牛のヒレステーキにしました。100g980円のお肉が賞味期限30分前ということで、6割引で売っていたのでゲットした品です。
 
イメージ 2
 
ニコニコしながら焼いていると、いつもは肉に興味を示さない子供達が興味津々でいやな予感。
 
お肉も食べたい〜というので、一口食べさせたところ「美味しい〜、柔らかい〜」との息子の言葉につられて、娘達も食べたい〜
 
イメージ 3
 
200gしかない私のステーキの75%持っていかれました。
 
しばらく子供達の前ではアメリカンビーフかオージービーフだけ食べることにします。
 
 
 
 
 

開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事