ここから本文です
Yahoo!ビジネスエクスプレス スタッフブログ
Yahoo!カテゴリとビジネスエクスプレスに関する情報をご提供します

書庫全体表示

Yahoo!カテゴリ」は日本のインターネットの黎明期から継続してきたサービスですが、「Yahoo!ビジネスエクスプレス」と併せて社内でその意義を考える機会がありました。そこでユーザーが求める価値についても変化をしているのではないかと考え、当社のウェブサイト診断サービス「サーベイドクター」にて「Yahoo!カテゴリ」の診断を行い、ユーザーの評価と生の声をお聞きしました。
 
イメージ 1サーベイドクター(Yahoo!クラウドソーシング)
 
今回はスマホ版サイトとパソコン版サイト、それぞれ3,000人近くの方々からご評価いただきました。その中でフリーテキスト欄に数多くのコメントをいただきましたが、特に気付かされたのは以下の3点です。
  
 
 
 
 
1.Yahoo!カテゴリ」というサービスを知らないという声がある。
若い世代を中心に見られましたが、ロボット型検索が全盛の現在、「Yahoo!カテゴリ」を“ディレクトリ検索”ととらえると、確かに利用機会が減るのは時代の流れといえます。しかし、「Yahoo!カテゴリ」は1996年のヤフー創業以来、人間が判断した安全で安心なサイトを集めており、ロボット型検索では埋もれてしまう良質なサイトも掲載しています。今後は、こうした優れた“リンク集”としての価値を積極的にアピールしていきたいと考えております。
 
2.ファーストビューに文字しかないと印象が悪い。
スマホ版サイトについてですが、カテゴリやサイトのタイトルが文字として並んでいるだけの画面の場合、戸惑われる方が多くなっています。この点に関しては、既にサムネイルの表示など見やすい画面に向けた改善を行っておりますが、今後ともこうした取り組みを継続していきます。
 
3.人間がきちんと内容を確認、分類した情報が必要である。
最初の1に関連しますが、「人間がきちんと内容を確認、分類した情報を提供するサービス」を求める層が確実にいると分かりました。こうした方々にもより満足していただけるよう、人間の手による情報(スマホ対応状況、サイトの評価など)を提供していく予定です。
 
 
その他、今回「サーベイドクター」でいただいたご意見・ご要望につきましては、「Yahoo!カテゴリ」改善の参考とさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事