つれづれなるままにひぐらし

てきとーにつぶやきます。めざせ高田純次。

全体表示

[ リスト ]

今村岳司氏について、

Googleで検索すると、

候補として、

刺青、金髪、タクシー、結婚

などと言った単語が、候補として出てくる。


私は、政治家は政策で判断されるべきであると考えていて、

少なくても、パーソナルな部分に踏み込むべきではないと考えている。

しかし、その反面、相変わらず、興味本意で上記のような単語で検索している方も多いのが事実であろう。


上記のような単語に対し、今村氏が正面から反論するとは、とても思えない。

それは、決して氏が、不都合な事実について沈黙を決め込んでいるのではなく、

純粋に西宮市民の知性を信じているからであると考える。



ただ、私が知っている事実について、記載したいと思う。


??刺青
彼が刺青をしていたのは事実である。
しかし、刺青と言っても龍や虎と言った、
いわいる極道の方がしているものではなく、
「西宮」の文字を半分にしたものを腕にしていた。
「未完成な西宮を自分の手で健全なものにする」
という彼なりの決意表明だった。
ただ、その刺青も、彼が市長選に立候補すると決めた約2年前に、
「市長にふさわしい人間になるため」
という理由で消している。

いずれも彼なりの西宮への純粋な想い故である。


??金髪
彼が初当選してしばらくの間、金髪にしていた時期がある。
それは、調子に乗っていたからでも、カッコつけていたからでもなく、
純粋に、「若い人たちに政治に注目してもらいたかった」からである。
当時西宮市議会には20代の議員はおらず、
政治が若い人の声を反映していないことに危機感を抱いた、
彼なりのパフォーマンスである。
しかし、すぐに政治とは特定の誰かのためにするのではないと悟り、
金髪を辞める。
彼にとってこの行動は、今では恥ずべき行動だったと猛省している。

文字通り、政治を盛り上げようとし過ぎた「若気の至り」だったのかもしれない。


??タクシーチケット
これは今村氏本人が過去にBlogでも書いていることである。
渋谷→平和島(競艇場があるらしい)は間違いなく、
終電を逃し、西宮に帰れなくなった彼が東京の友人宅に泊めてもらう為だし、
北新地→西宮は当時のリクルート本社から帰宅するのに当然のルートである。

というか、5年ほど前の6000円弱のタクシーチケットと、
これから使われようとしている262億円の必要とされない公共事業、
どっちが無駄だと思いますか?

どっちを重視されますか?


??結婚
これも彼がBlogで書いていることであるが、
彼はバツイチである。
その理由は、もともと別居婚だったからである。
別居婚だった理由は、お互いが自営業だったからである。
しかも営業拠点が別々で遠く離れていたからである。
そして、彼が再婚したり、子供を作らなかった理由は、
「自分は正しいことをしようとするあまり、いつか誰かに命を狙われてしまうかも知れない。
そのとき、自分の身代わりに、自分の家族が命を狙われるのが嫌」
だからである。

人並みの幸せを捨て、
ストイックなまでに西宮のために活動する彼らしい考えである。

ちなみに、友人の子供たちに対する彼の眼差しは、とても優しい。

-------------------------------------------------------------------------
上記のような記事を書いたが、今村氏本人の了解を得たわけではなく、
彼の友人たちへの取材から浮かび上がったものたちである。


何度も言うが、
私は政治家は政策で判断されるべきであると考えている。
そして彼は日本でも有数の政策立案能力を持っていると思う。

次の西宮市長選挙は、
本当の意味で西宮市民の良識が問われていると思う。


この記事に


.


みんなの更新記事