なぞのれんきんじゅつしを追え!

古代・中世の怪しいネタを中心とした与太話

全体表示

[ リスト ]

自費出版の闇

ボーイズラブの大手「ビブロス」倒産に絡んで、わたしのトピックで自費出版の話題になりました。

自費出版というと、定年間近のサラリーマンが「ひとつ自分史でも出してみるか」と小遣いを使って出版、友人に配るというような“のどかな”光景が目に浮かびますが、もっともっと生臭いジャンルのようです。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=2000210&tid=a1rbbtbel7pbaqa1sa4n6afa45a4hcbea4s&sid=2000210&mid=3835

たしかに「本を出す」というのは本人にとって意義あることですし、中には高いポテンシャルを秘めた出版物もあらわれるかも知れない。閉塞感あふれる出版界にあって自費出版(協力出版)だけが好景気であり、単なるブームに留まらず出版文化の一つとして定着する可能性もあります。そうした意義は否定はしません。でも、なんだかねえ。

とりあえず、自分の周りに自費出版したいと言う人がいたら、その仕組みについてくどくど説明してみます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事