別世界

大変勝手ながら、以後ファン登録ご遠慮下さいませ。

全体表示

[ リスト ]

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3b/df/h_s_g1019/folder/406358/img_406358_39144680_0?20140211200117

「過剰な接待を要求する医師」が一番困る・・MR調査・・


先日、私に届くメディカル関連MLより興味あるものを見つけました・・。
ある機関が製薬メーカーのMR(医薬情報担当者)のアンケートをとったものです。

●MRが日ごろの医薬情報提供活動で、医師をどう見ているかを聞いてみた・・。これはMRから見た医師像だが、医師にとっては、他医がどんな形でMRと付き合っているかをうかがい知る情報でもある。結果では、人間性を問う声や臨床面での問題点を指摘する声も少なくなかった。さらに女性MRからは、「セクハラ」を問題視する声も聞かれた。

●「MR(医薬情報担当者)の医師に対する意識調査」の「医師の評価編」・・
『担当医師の中で「仕事上、困る」「仕事上、付き合いたくない」と思うのは、どんなタイプか。
(n=95、上位3つまで選択)』

_畩蠅弊楝(頻度が多い・高額)を要求する・・63.2%
長時間待たせたり、アポをとっても約束を守らない・・33.7%
K問規制が強いなどの理由で、ほとんど面会しない・・32.6%
っ涌きを要求する・・31.6%
ジ斥娶い、態度が横柄・・30.5%
μ瑤了箸なに問題がある・・25.3%
Ы菠と引き換えに接待を要求する・・18.9%
┝社製品を採用してくれない・・13.7%
訪問しても雑談ばかりで、医薬品の情報を聞こうとしない・・10.5%
プライベートの旅行などの手伝いをさせる・・10.5$
学会発表、論文執筆の手伝いをさせる・・3.2%
雑用(医師同士の会合の準備など)をさせる・・3.2%
その他・・6.3%

★私自身は医療機器メーカー出身なので、製薬メーカーや医専店及び医療器販売店ほど直接に医師とビジネス上の接点はあまり持ってはいませんでしたが、たまたま「がんの最新治療装置」の共同研究などで数多くの大学病院の医局と関連病院へ出入りはさせて頂いた経験があります。 その際にも気づいていたことでしたが、製薬メーカーのプロパー(現MR)の戦略費としての医師へのお金の使い方には多いに疑問を感じたことがありました。 あれから二十年近く経った今でも、その実態はあまり変わっていないようであり、驚かされると同時に呆れる結果でもありました・・。

★この調査での、ぁ↓┐論縮会社側のMRの都合や言い分であり、別に問題ではないと思われます。しかしその他 ↓Г聾朕妖な接待=金銭の絡む問題であったり、◆↓ァ↓、、は医師というよりも人間性の問題であり、さらにΑ↓は医師としての姿勢の問題であると思われます・・。病院経営者もスタッフとしての医師の管理が必要でしょうし、製薬会社も毅然とした態度を打ち出すべきだと思います。いつまでもこんなことを繰り返している業界であってはならないと思います・・。

★ここにもあるように、このアンケートは開業医も勤務医も日頃、接触しているMRがどういう風に医師というものを見ているのか・・その実態を知るには参考になるものだと思えます・・。今後、公益通報者保護法が医療業界へも浸透してきます。ということは、彼らが何かの都合で会社を辞める時には、今まで良い印象のなかった医師たちへの報復として、自らが知り得た医療事故・医療過誤・不正事項などの秘密を、名指しで暴露することも十分に考えられるのです・・。 本来は、MRに嫌われるからというようなことでなく、医師として人間として、常識あり節度ある態度を常日頃から保つべきだと考えます・・。

                                                                                       つづく・・

転載元転載元: 医療の安全とは・・

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事