トップ

すべて表示

3・11に 垣間見た群像 その2 救急車と医療


シマさんの夫は退職してから町内会長になっている。
震災翌日から、町内を回り、取り残されているお年寄りや病人を、リヤカー
で、避難所送りを繰り返しました。

待機しているシマさんと婦人たちは、 * 避難所で大丈夫ですか?
                                                    *  身内に一時的に、うつりますか?
                         * 入院で様子見ますか?

入院は救急車をお願いした。しかし救急車がなかなか出発しないでいます。

「シマさんどこの病院もいっぱいと断られます」 と、救急車
                   シマさんは、  名前 携帯電話の番号のメモを渡す。
                   そして救急隊員に こう告げる
                「患者さんを暖かくして、待合室でも、どこにでも。おろして」
                         「ここに電話して下さい」と、

やがて、シマさんの携帯電話が鳴る。
        「師長さん!シマです 未曾有の出来事に、みんなでビックリしています」
        「師長さんも、先生も、私たちも、人の命を <守りたい> <救いたい> そう決意した医学の道」
        「4人部屋を6人部屋に、・・ 何とか工夫して下さい。避難所が落ち着いたら、古OB手伝いに・・・」
こうして、入院は、近隣の医院の先生方が頑張りました。

             シマさんチームを力にして張り切って頑張った救急車の皆さん
             この近隣の医師とスタッフの皆さん
                         
                          ありがとうございます。
シマさん
   ○○療養所勤務
  50 年近い勤務の看護婦
 患者と家族の相談
 退職後は母親と姑を看取りました。
 ケアマネの資格ありながら難病のボランティア活動

 そんな矢先の3・11の 震災



                   

その他の最新記事

すべて表示

新年のご挨拶

2018/1/2(火) 午前 11:57

                    皆々様                                謹んで新年のご挨拶を申し上げます。                          スロースローの私です。今年もよろしくお願いいたします。 ...すべて表示すべて表示

雪の里山 散歩道第一定位置

2017/12/27(水) 午前 11:56

                     皆々様          お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。                                                                                     オリーブ

マツポックリ ツリー の贈り物

2017/12/25(月) 午後 7:16

昨日デイケアから帰ったら、ヘルパーさんが「このかわいい袋がありました」 と。 お手紙付きの贈り物でした。 斜め向かいの、7才のお嬢ちゃんです。この間は 『落ち葉とドングリ』 このお嬢ちゃんの誕生日は 12月12日、翌年 3月11日の朝  家族みんなで 「明日で3ケ月だねぇ」 卒業式の終わったおねいちゃんは家に    ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事