ここから本文です
Mamichi's memorandum
好機到来、山にバイクに縦横無尽に駆け回ります!

書庫トップページ

すべて表示

このブログは信州在住のバイクと星と山をこよなく愛するMamichiの雑記帳です。
 
バイク関係の記事は⇒こちら
イメージ 1
 
バイク整備の備忘録は⇒こちら
イメージ 2
ただ今、初期型のCBR1100XXとHP2Sportの2台を運用中
整備や自然豊かな信州を走り回る様子を記事にする予定でしたが、最近はバイクに割く時間が激減してしまったのでチョイ乗りとかるーい整備しかしていません。
昔みたいに北海道ツーリングやエンジンオーバーホールなんかも目論んでいますが、今のところは無理そうです。

イメージ 12
バイク&クルマの試乗記は⇒こちら

自分の中の引き出しや判断基準を増やし、限られた資源の中で豊かなバイク・クルマ生活を送るために積極的に試乗したいと思っていますので、書庫を分けました。
自分の中での評価基準なので、他人の車種選考の参考になるかは分かりませんが、感じたことをそのまま表現しています。

イメージ 3
星関係の記事は⇒こちら
 
細く長く続いている趣味は星見、小学校から細々と星を見続けていますが、長く続けている割には知識も実力も一般人に毛が生えた程度です。
無理なく楽しめる星見をモットーに一般人でも楽しめる星情報を発信できたらいいなあと思いながら続けております。
 
イメージ 4
山関係の記事は⇒こちら
 
イメージ 5
今まで登った山の記録は⇒こちら

山登りをたしなむ妻の影響なのかわかりませんが、見るだけだった山に数年前から登ることになりました。
体力なし、技術もなし、あるのは恵まれた立地条件ぐらいですが、眺めの良い信州の登山記を記事にしています。
バイクツーリングと登山を一緒に楽しむ、バイクで登山もシリーズ化していますのでよろしければ覗いてください。
 
イメージ 6
食べ物関係の記事は⇒こちら

腹は減っては戦はできぬ! 食べることが大好き、メタボな体と引き換えにお届けする信州のB級グルメ情報をどうぞ♪
 
イメージ 7
鉄道関係の記事は⇒こちら

私自身は鉄ちゃんではありません。無類の鉄道好きの息子に付き合って乗ってきた鉄道関係を記事にしてあります。
 
イメージ 8
日々の記録は⇒こちら

日記代わりや備忘録として日々の様子を記事にしています。赤の他人が読んでも面白く無いことが多いですが記憶力の衰えたおいらにとっては貴重な記録です。
 
イメージ 11
お気に入りの道・場所の記録は⇒こちら
 
自分で作った書庫をすっかり忘れてしまうほど更新が疎かになっていますが、走って楽しい、行って楽しい場所を紹介するはずでした。・・・(・∀・i)タラー・・・
 
イメージ 9
撮るしんへの掲載記録は⇒こちら

NHK長野放送局の信州の魅力を精力的に発信しているサイト「撮るしん」への投稿掲載記録です。
素晴らしい写真が数多く掲載されている「撮るしん」、ぜひご覧ください。
 
イメージ 10
日本の素晴らしい温泉への入湯記録は⇒こちら

最近は温泉に入る時間がないので記録は少ないですが、鄙びた温泉が大好き!
西は九州の温泉から東は北海道まで、日本の名湯を追いかけて車、バイク、時には飛行機で移動します。
 
トップページを作成して気が付きましたが、7/27でブログ開設4年目に突入しました。
ダラダラと日々の出来事を書き連ねているだけですが、皆様これからもよろしくお願いいたします。 m(。。)m

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 岩櫃山

    2018/10/16(火) 午後 10:08

    月曜日、ちょいと休みをいただいてバイクで群馬県へ 寒気が入り込み天気は曇りで今一でしたが、冷たい空気のおかげでCBRのエンジンは絶好調、ストレスなくふけ上がる。 八ッ場ダムを抜け、JR原町駅から山側に向かい、 ガラガラの岩櫃山登山口に駐車場に到着 観光案内所を通り過ぎて、 岩櫃 ...すべて表示すべて表示

  • 曇り予報の日曜日でしたが、予想に反して良い天気の朝だった。 どこにも出かける予定はしていなかったのですが、CBRを給油しに走り出したら止まらなくなり、大峰高原まで足を伸ばした。 紅葉最盛期とまではいきませんが、なかなか良い感じ。 七色オオカエデの周囲をぐるりと一回り。 最後はCBRと一緒に記念 ...すべて表示すべて表示

  • 入山規制前に御嶽山へ登ろう

    2018/10/12(金) 午後 9:53

    ② からの続きです。 山頂での記念撮影なぞせずに、登頂だけ果たすのなら行列に並ぶ必要はないのですが、噴火活動レベルが引き上げされれば、再び剣ヶ峰への道が封鎖されることも考えられるので行列は嫌いですが、大人しく並びました。 08:59 眼下には未だ立ち入ることができない王滝頂上山荘が見える。 前回登った時の ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事