映画『ブラックブック』公式ブログ〜バーホーベンはお好き?〜

3月24日公開、待望のバーホーベン監督の新作『ブラックブック』宣伝スタッフの監督への愛を込めたブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

バーホーベンの「英語でしゃべらナイト」といっても、
監督も来日の際に出演させていただいたNHKの番組のことでは今回はありません。
本当の「英語でしゃべらナイト」はこちら

オランダ人が英語がペラペラという話はよく旅行のガイドブック等に載っています。
生涯で2回しかオランダに行ったことはありませんが(2回目は「突撃!撮影地ハーグ」を参照)
必ずしも本当ではありません。
うまい人もいれば、もちろんしゃべれない人もいます。

バーホーベン監督はとってもおしゃべりでおしゃべりで
インタビューも本人がとまらないという話がこのブログでも何回かでましたが
たしかにタランティーノやテリー・ギリアムぐらいよくしゃべります。
(通訳のOさんも保証)
でもよく考えると、その二人とは違って、オランダ人である監督にとっては
英語は外国語であってネイティブではないんですよね。
それなのに本当に「しゃべり倒す」ってぐらいよく話すんです。
きっとハリウッドのスタジオの偉い方を相手にこの勢いで
やりたい企画の話もするんだろうな〜と感心しました。

おすぎさんも『ブラックブック』を紹介していただいた際に
「とくダネ」でおっしゃられてましたが、決してうまい英語なわけではありません。
出だしはいつも「アイ、アイ、アイ、アイ、アイ(I、I、I、I、I)」から始まり
「私は、私は、私は、私は、私は、」と話しているうちに次の単語を考えているという感じです。
そんな監督の姿を見て思ったのは、
英語って本当に「うまくしゃべれる」かどうかというより、
「しゃべりたいことがあるか」なんですよね〜。
英語の勉強をしても全然上達しない身としては、本当にためになりました。

そんな監督の姿を垣間見ることのできる
公式ホームページの来日記者会見・舞台挨拶にぜひどうぞ。
ちなみに「時間が限られているから」といって泣きついて短めにしてもらっていて
これは本来の監督の50%ぐらいです・・・。

『ブラックブック』絶賛上映中!
※関西ほかは4月7日より公開!詳細はこちらから


※本日の記事はエリスが担当しました。
 写真は、監督が来日したときの記者会見写真蔵だしです。
 本当に写真がもうない・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事