映画『ブラックブック』公式ブログ〜バーホーベンはお好き?〜

3月24日公開、待望のバーホーベン監督の新作『ブラックブック』宣伝スタッフの監督への愛を込めたブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

バーホーベン監督といえば『スターシップ・トゥルーパーズ』『氷の微笑』『ロボコップ』などなど
数々の作品で知られていますが、もうひとつ
ラジー賞を受け取りに行った太っ腹な監督としても絶賛されています(と、思います)。

ラジー賞は正式名称をゴールデン・ラズベリー賞(Golden Raspberry Awards)といい
アカデミー賞に対抗してその年最も最悪な映画に与えられる賞です。

この監督・俳優たちが恐れる賞をなんとバーホーベン監督は自ら取りに行ってしまったのです!
満面の笑みで拍手を受けながらあのラジー賞トロフィーを嬉々として掲げる監督の映像をTVで以前見て、
まさかこの監督の作品『ブラックブック』を将来宣伝することになるとは知るよしもなかった私は思いました。

「この人、男気がある」と。

あれから10年が過ぎ、今回の来日中そのことを聞きたくて聞きたくて(もちろん仕事も兼ねて)
アシスタントとして一緒に来ていたMさんにさぐりを入れて聞いてみたら
監督はああいう人(本当に何を聞いてもOK)な人なので本人に聞いてみたらとのことでした。

ということで、ちょっとインタビューの合間の休憩時間に通訳のOさんに聞いてもらいました。
怒られたらどうしようとおびえながらの質問に、監督しゃべるしゃべる・・・。

「オランダのTV局の人から教えてもらったんだ。
ラジー賞っていう賞に『ショーガール』がノミネートされていて
そのセレモニーを取材に行くって。
そんな賞があるって知らなかったんだけど、
おもしろいと思って一般にまぎれて会場に行ったんだ。
そして『ショーガール』が受賞したので壇上に上がると
監督が来ていることを知らなかった場内がどよめいて
すごい拍手の渦になってその中でスピーチをしたんだ。
『ショーガール』は、たくさんその日受賞したんだけど'''
実はあのラジー賞のトロフィーって1個しかなくてさ〜。
だって誰も取りに来ない賞だからトロフィーたくさん用意してもしょうがないから。
だから1回1回トロフィーを返してまた受け取り、スピーチをしたんだ。
いや〜おもしろかったよ」(かなり省略)

とのこと・・・。
監督が毎回壇上でスピーチした・・・というのを聞いて、さぞしゃべり倒しただろうな〜と
思って主催者側にちょっと同情しました。
ちなみにこの日『ショーガール』が受賞したのは監督賞を含め
7部門だったそうです・・・。

明日に続きます。

『ブラックブック』絶賛上映中!
※上映劇場の詳細はこちらから



※本日の記事はエリスが担当しました。
 
 写真はきっとこんな感じでうれしそうにラジー賞も受け取ったに違いないと思われる
 バーホーベン監督の姿(これは来日記者会見の際のものです)
 掲げているのはチョコレートです。
 

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

トラックバックありがとうございます。 ポール・バーホーベン監督の作品は結構見てるんですよ。 ラジー賞のトロフィーが一個しか用意されてないというのは納得ですね。

2007/4/11(水) 午後 8:18 [ hir**atcg ] 返信する

顔アイコン

hiro atcgさま いや〜理由が「誰も取りにこないから」が笑えました。 でも本当に監督かっこいい方でした。

2007/4/11(水) 午後 8:22 [ bla*kbo*k1*44 ] 返信する

これは初めて読む情報です 良い仕事 ショーガールのDVDにもコメンタリーがついていれば良かったんですけどねえ この映画は品がなかっただけで他の年のラジー作品のような5分で観る気をなくす駄作とは違います

2007/4/11(水) 午後 11:55 tkr*21 返信する

顔アイコン

TKR映画さま バーホーベン監督は本当にこの映画『ショーガール』に関しては、自分としては恥じることのない映画であると悔いはなかったらしいです。続きは明日(その2)で!お待ちくださいね。

2007/4/12(木) 午前 0:53 [ bla*kbo*k1*44 ] 返信する

TBありがとうございました。ラジー賞の詳しい話を聞けてとても良かったです。バーホ−ベン監督はやっぱりカッコイイですね。

2007/4/15(日) 午前 9:32 いのいの 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。「ブラックブック」を観賞したらこちらにTBしようと思っていたところ、逆に公式ブログのほうから先にTBしていただき驚いております。 ラジー賞の授賞式といえば、当時テレビ東京でやっていた映画情報番組のインタビューで「蝶からさなぎに戻った気分だよ、ハハハ」と笑っていた監督が印象的で、「ああ、バーホ−ベン監督っていい人だなあ」と思ったのを思い出します。 そうそう、「ブラックブック」をやっと見ることができました。監督のセンスが遺憾なく発揮された快作で、非常に面白かったです。 削除

2007/4/15(日) 午後 8:45 [ 支配人見習い1号 ] 返信する

顔アイコン

いのいのさま たくさん映画を観ていらっしゃるんですね。監督は本当にいやがることもなく話してくれて、とても面白かったです。

2007/4/15(日) 午後 11:23 [ bla*kbo*k1*44 ] 返信する

顔アイコン

支配人見習い1号さま それはきっと私が観たのと同じテレビ東京の「シネマ通信」ですよね(笑) 監督が取りに行ったことによってラジー賞って一躍有名になったと思います。

2007/4/15(日) 午後 11:27 [ bla*kbo*k1*44 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


みんなの更新記事